- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 最終戦 準決勝進出の快挙

男子テニスの上位8選手によって争われる今季の最終戦、バークレイズATPワールドツアー・ファイナルズ(イギリス/ ロンドン、賞金総額650万ドル)は13日、グループBの予選ラウンドロビン3試合目が行われ、第4シードの錦織圭(日本)は準決勝進出が確定した。

現在行われている第2シードのR・フェデラー(スイス)と第5シードのA・マレー(英国)の試合で、フェデラーがマレーから1セットを取ったため、この時点で錦織の準決勝進出が決まった。

マレーがフェデラーをストレートで下した場合、フェデラーと錦織、マレーが対戦成績で並び、セット獲得率で錦織が劣るため準決勝進出とはならなかった。

しかしフェデラーが1セット取ったため、マレーが逆転でフェデラーを下しても錦織とマレーが並び、直接対決で錦織が勝利しているため錦織が準決勝進出となる。

錦織は予選ラウンドロビンで1試合目でマレーを下し、2試合目でフェデラーに敗れ、3試合目でラオニチと対戦を予定していたが棄権のため急遽D・フェレール(スペイン)と対戦。

フェレールを逆転で下し2勝1敗とした。

錦織はアジア人男子初のツアー・ファイナルズ出場で初の準決勝進出という快挙を達成した。



■関連記事■ 
・錦織第1セット落とす
・錦織 「ロジャーはやっぱり強い」
・錦織「自信持ってプレー出来た」
・フェデラー70勝 「素晴らしい」
・マレー「気持ちを楽にする」


■関連動画■ 
・錦織が凱旋試合で宿敵ラオニチと激突
・マレーが復活優勝
(2014年11月14日5時49分)
  • コメント -

  • その他のニュース

    12月17日

    錦織 新ストリングをテスト (11時27分)

    ムグルサ 来季前半の予定発表 (10時32分)

    徳田廉大 2週連続Vならず (8時58分)

    フェデラー 老舗と契約更新 (7時45分)

    12月16日

    1位ハレプ 史上4人目の受賞 (23時40分)

    フェデラー 最多「ググり名」 (20時40分)

    全豪WCかけて複ペアで決勝 (19時40分)

    フェデラー 10年ぶり4度目受賞 (16時58分)

    ペール 来季はインドで始動 (15時20分)

    世界91位 ジョコと練習に満足 (13時25分)

    錦織 15歳のジュニア1位を祝福 (11時23分)

    デ杯と五輪見据え国籍を変更 (10時29分)

    ティームら3選手が出場表明 (9時07分)

    プリスコバ「誇りに思う」 (7時10分)

    12月15日

    元1位ヒューイット 全豪複出場 (21時21分)

    ディミトロフが5年ぶりに出場 (20時10分)

    キリオスら使用の新デザイン (19時13分)

    錦織に大逆転勝利が2位に (16時50分)

    <訂正>Jr世界チャンピオンに選出 (14時20分)

    ジョコ 大逆転5位、MP5本しのぐ (12時15分)

    全米女王 大学卒業で学位取得 (10時37分)

    1月 WTAツアーと全豪の日程 (8時21分)

    12月14日

    1月 ATPツアーと全豪の日程 (21時09分)

    ジョコ、チェコに挟まれる (20時02分)

    清水悠太に独占インタビュー (16時38分)

    ジョコら豪華メンバーが集結 (14時21分)

    一般男性と2度目のデート (10時37分)

    シンシナティ 経済効果70億円 (7時52分)

    ←ニューストップへ
    ←前のページに戻る



    テニスの総合ポータルサイトテニス365
    テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!