- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコビッチ フェデラーを警戒

今週行われている男子テニスツアーのBNPパリバ・マスターズ(フランス/パリ、ハード、賞金総額約345万ユーロ/優勝賞金約57万ユーロ)に第1シードで出場する世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)は、年間最終ランキング1位を狙う。

世界ランク1位にいるジョコビッチだが、今後の成績いかんではその座を同ランク2位で33歳のR・フェデラー(スイス)に明け渡す可能性もある。

現在のランキング・ポイントでは、ジョコビッチが2,230ポイントのリードをフェデラーから奪っているが、ジョコビッチは昨年今大会と男子ツアー最終戦の2大会で優勝しており、その獲得ポイントは2,500ポイントのため、優勝する以外はポイントを失ってしまう。

一方のフェデラーは、いずれの大会もベスト4で敗退していたために、それ以上の成績を収めるとポイントが加算される計算になるため、両者の結果次第では今季最後のランキングでの1位の座は、どちらになるか分からない状態にある。

「正直なところ、今感じている事を素直に言えば、先週父親になった事で既に世界の頂点にいる気分なんだ。自分にとってはあの瞬間が最も大切な瞬間だった。」と、父親になった喜びを表しているジョコビッチは、これまで2011年と2012年のシーズンを世界ランク1位で終えている。

それでもジョコビッチは「もちろん、フェデラーにとっても自分にとってもシーズンを1位で終えるのために戦ってきたし、それは大きな目標なんだ。」と、1位への強い思いも加えていた。

先週地元スイスで行われたスイス・インドアで同大会6度目の優勝を飾ったフェデラーは、もし今季を1位で終えると自身6回目となり、P・サンプラス(アメリカ)に並び歴代1位となる。

ジョコビッチはそんなフェデラーに対して「今年の彼はまた強くなった。グランドスラムでも優勝を争い、そしてこうして今は世界ランク1位の座も争っている。また彼にその座を脅かされるとは思っていなかった。」と、その強さに驚いていた。

昨年のフェデラーは腰に故障を抱え、不本意なシーズンを送っていた。優勝も1度だけと、10年以上ぶりの最悪なシーズンと言っても過言ではなく、フェデラー時代の終わりとも言われていた。

「彼にとって年齢は問題ではないようだ。」とジョコビッチ。「実際、今年の彼はまた絶頂期に近いテニスを見せていたんだ。」

そうフェデラーを評するジョコビッチは、今季はここまで5大会で優勝を飾り、これはフェデラーと同じ優勝回数になる。両者は今週は決勝戦でしか顔を合わせる事はない。今季の両者の対戦成績はフェデラーの3勝2敗で、通算でも19勝17敗とフェデラーがリードしている。


■関連記事■ 

・優勝のマレーが2つ上げる
・フェデラー 51分で3年ぶり6度目V
・マレー 5度ピンチしのいで優勝
・ジョコビッチ夫妻に第一子誕生
・ナダルが手術 最終戦は欠場


■関連動画■ 

・好調を維持するディミトロフがその要因を語る!
・今季躍進した若手が見せた驚異的なスーパーキャッチ!
(2014年10月28日11時08分)
  • コメント -

  • ウインザーラケットショップ



    テニスの総合ポータルサイトテニス365
    テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!