- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー「願っていたプレー」

男子テニスツアーの上海マスターズ(中国/上海、ハード、賞金総額約652万ドル/優勝賞金約80万ドル)は12日、シングルス決勝が行われ、第3シードのR・フェデラー(スイス)G・シモン(フランス)を7-6 (8-6), 7-6 (7-2)のストレートで下し、今季4度目のトロフィーを手にした。

今大会、上位シード勢は1回戦免除、2回戦からの登場だったため、第3シードのフェデラーは2回戦が全米オープン直後に行われたデビスカップ以来の公式戦だった。その2回戦でフェデラーは、らしかさぬミスを連発し、L・マイェール(アルゼンチン)に5本のマッチポイントを握られる崖っぷちから辛うじて勝利を飾っていた。

しかしその4日後には決勝戦の舞台に立ち、勝利を物にしトロフィーを掲げていた。

「本当に本当にラッキーだった。今日この場にいられるのがどれほど光栄な事か身にしみている。」とフェデラーも今回の優勝が特別な物だと感じていた。

今季のフェデラーは、昨年の不調を払拭するようなプレーを見せている。グランドスラムでの優勝さえないものの、得意とするウィンブルドンでは準優勝を飾り、今季ここまでの勝利数も61勝を記録し、トップ10選手からの勝利も13回、決勝進出も9回と、いずれもツアー・ベストを記録する活躍を見せている。そして週明けに発表される世界ランクでは、R・ナダル(スペイン)を抜いて2013年5月以来となる2位へ浮上した。

世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)とはまだポイント差があるものの、準決勝ではそのジョコビッチに対して完璧と言わしめたプレーでストレート勝利を飾り決勝へ進んだ。昨年は腰の怪我などもあり、約11年半ぶりに8位にまでランキングを落とす不調ぶりだった。

「今季、一番気を付けているのは健康の事。そしてここまではそれが良い状態でいてくれている。去年の苦労が実を結んでいるのが分かる。そればかりか、気分も良く、目覚めも普通に迎えられているんだ。去年はなかば壊れかけていたからね。コートでも楽しんでプレー出来ている。またこんなプレーがしたいと願っていたプレーが今は出来ているんだ。」とフェデラーは自身の好調ぶりを実感していた。

日曜日の決勝戦は、強風のために屋根が閉じられて行われ、フェデラーはシモンを相手に苦戦を強いられた。その試合では36度のエラーを犯し、21度のウィナーを記録したフェデラーだが、終止ネットへ詰める攻撃的なプレーを見せ、シモンからは何度もパッシング・ショットを決められながらもそのプレーを貫いた。

シモンは「彼(フェデラー)はまだ前と同じような強さを持っている。今日のような素晴らしいサービスとパワフルなフォアハンドはまだまだ健在さ。今はこうして彼の力を実感出来たから、次に対戦する時にはもう恐れる事はない。もちろんそれでも彼を倒すのは至難の技だけどね。」と、フェデラーとの対戦の印象を語っていた。

この日の試合でフェデラーは、立ち上がりからフォアハンドのミスが出て、第1ゲームでブレークを奪われる苦しい展開を強いられた。その後は両者サービスキープを続け、ゲームカウント5ー4からサービング・フォー・セットを迎えたシモンは、プレッシャーからかこの試合唯一のダブルフォルトを犯しミスも続け、ブレークバックを許してしまった。

シモンは「彼はチャンスを握った時、本当にそれを上手く手に入れるんだ。彼は接戦に持ち込まれた時に、何とかそれを切り抜ける感覚を持っているんじゃないかな。」とフェデラーについての印象をコメントしていた。

今年の2月にはトップ20落ちをし、6月には44位にまでランキングを落としていたシモンだが、ここ最近は再び好調さを取り戻し、今大会でも世界ランク4位のS・ワウリンカ(スイス)、同ランク7位のT・ベルディヒ(チェコ共和国)を破る活躍を見せ、13日発表の世界ランクでは18位と再びトップ20への返り咲きを果たしている。


■関連記事■ 
・フェデラー ジョコビッチ戦制す
・フェデラー「楽しみにしている」
・フェデラーが自信見せる
・フェデラー 17ヶ月ぶり2位へ
・シモン フェデラーのV止めるか


■関連動画■ 
・錦織とチリッチが激突した世紀の一戦
・ラオニチvsポスピシル【シティ・オープン男子決勝】
(2014年10月13日13時15分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

7月3日

チチパス怒り「本当に愚か」 (10時26分)

連勝記録が37でストップ (9時00分)

キリオス「レベル高かった」 (8時02分)

ナダル「今大会ベストマッチ」 (7時02分)

キリオス16強 チチパス撃破 (5時16分)

ナダル 10度目のWB16強 (4時49分)

【1ポイント速報】ナダルvsソネゴ (2時33分)

【1ポイント速報】キリオスvsチチパス (1時43分)

7月2日

ガスケ 6年ぶりの16強逃す (23時04分)

【1ポイント速報】ガスケvsファン・デ・ザンスフルプ (20時16分)

ニューエラ「テニスコラボ」が発売 (18時35分)

コロナに「過度な心配はない」 (12時58分)

ヴィーナス組 WB混複で初戦突破 (11時52分)

イズナー 歴代トップに「誇り」 (10時34分)

シナー 快勝でWB初16強 (9時05分)

アルカラス WB初の16強 (8時01分)

ジョコ完勝「全体的に満足」 (6時59分)

ジャバー 完勝で2年連続16強 (6時30分)

オスタペンコ 逆転で16強 (5時48分)

サッカリ 初16強逃す「失望」 (5時47分)

ジョコ 完勝で14度目の16強 (1時05分)

【1ポイント速報】ジョコvsキツマノビッチ (0時35分)

7月1日

ティアフォー WB初の16強 (22時13分)

四大大会初出場で16強 (21時35分)

【1ポイント速報】ティアフォーvsブブリク (20時30分)

青山修子ペア WC撃破で16強 (20時26分)

本玉真唯「悔しい敗戦」 (19時48分)

女王「グラスはかなり厄介」 (19時34分)

バドサと元WB女王が激突 (18時52分)

単引退「完璧な終わり方」 (17時27分)

ナダル「引退近かった」 (14時48分)

ガスケ 6年ぶりのWB3回戦へ (13時54分)

チチパス キリオス戦「楽しみ」 (13時40分)

42歳ヴィーナス WB混合複出場 (11時38分)

ガウフ快勝 WB3度目の3回戦へ (10時45分)

快勝キリオス「証明したかった」 (9時14分)

36歳ナダル「毎日が挑戦」 (7時57分)

昨年4強シャポ 3回戦進出逃す (6時46分)

ネット際ダイブで勝利掴む (5時52分)

ナダル 11度目の3回戦進出 (4時01分)

【1ポイント速報】ナダルvsベランキス (2時15分)

苦戦も37連勝で3回戦進出 (2時07分)

キリオス/コキナキス組 WB棄権 (0時34分)

全仏とWBで初戦敗退「辛い」 (0時15分)

6月30日

マクラクラン組 WB初戦敗退 (23時54分)

チチパス 3回戦はキリオス (23時32分)

キリオス 6度目の3回戦進出 (22時05分)

【1ポイント速報】キリオスvsクライノビッチ (21時00分)

コロナ陽性で棄権は3選手目 (20時51分)

2018年女王ケルバー 3回戦へ (20時20分)

柴原ペアと青山ペア 初戦突破 (20時01分)

棄権した複ペアに不満「不公平」 (14時00分)

マレー WBで初の2回戦敗退 (13時07分)

ラドゥカヌ WB敗退「いい経験」 (11時51分)

レーバー杯 マレーの出場を発表 (10時56分)

アルカラス WB初の3回戦進出 (9時35分)

イズナーがマレー下し3回戦へ (8時17分)

ジョコ「テニスの質高かった」 (7時17分)

WB2回戦敗退「ジョコは壁」 (6時34分)

ルード 逆転で3回戦進出逃す (5時57分)

本玉真唯 WB3回戦進出ならず (2時34分)

【1ポイント速報】本玉真唯 WB 2回戦 (0時51分)

女王 ウクライナ支援を発表 (0時33分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!