- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

元世界7位バイディソバ 復帰

アメリカのニューメキシコ州/アルバカーキで今週行われている女子ツアー下部大会のITFサーキット(賞金総額75,000ドル)に元世界7位のN・バイディソバ(チェコ共和国)が4年半ぶりとなるプロトーナメントへの復帰を果たし、初戦で勝利を飾った。

主催者推薦枠で出場したバイディソバは1回戦でS・カラタンチェバ(ブルガリア)と対戦し、10回のサービスゲームで許したブレークは1度、逆に3度のサービスブレークに成功し、6-3, 6-4のストレートで下して復帰戦で勝利を挙げた。

カラタンチェバは前週に開催されたWTAツアー大会のベル・チャレンジ(カナダ/ケベック州)で8強入りしていた。

試合後に泣き出すバイディソバに久しぶりの試合の感想を聞くと、「再びテニスをできてすごく嬉しいです!」とコメントした。

2004年から2009年にかけての5年間、バイディソバは女子テニス界の若手スターの1人だった。

弱冠15歳でツアー初優勝を飾ると3週連続優勝を含む6回のWTAツアータイトル獲得、2006年の全仏オープンと2007年の全豪オープンでの準決勝進出を含む計5回のグランドスラム準々決勝進出という輝かしい実績。
そして、愛くるしい表情と長身でスリムなスタイルで多くのテニスファンを魅了した。

17歳のバイディソバは2006年に世界トップ10入りを果たすと翌年には自己最高位の7位を記録。
2010年3月に20歳の若さで現役を引退していたが、最近になってツアーに復帰することを明らかにしていた。
また引退後まもなくチェコ共和国の男子テニスを代表するR・シュティエパネック(チェコ共和国)と2010年7月に結婚をした事も大きな話題となった。(2013年に離婚)

復帰初戦で勝利したバイディソバは、翌日行われた2回戦で第3シードのJ・コンタ(英国)と対戦し、6-1, 1-6, 4-6のフルセットの末に敗れたが、今後の動向に注目が集まる。


■関連記事■
・全英女王クヴィトバが交際、シュティエパネックと
・GS2度優勝のリーが引退
・ヒンギス「非常に楽しみ」
・ウォズニアキ「素晴らしい人物」
・ヒンギス「とても楽しかった」
(2014年9月20日10時55分)

その他のニュース

11月30日

YouTube 全日本V中川直樹と対談 (20時04分)

プレーの「理想」と「現実」 (18時07分)

最終戦での名ラリーを特集 (16時33分)

錦織ら30日付の日本勢ランク (15時00分)

内田海智 CH本戦入りならず (11時27分)

錦織 世界ランク41位、11/30付 (10時50分)

11月29日

ナダルとマレーの死闘を特集 (16時17分)

ペールが17歳新星に黒星 (15時55分)

ティーム 幼少期のプレー公開 (14時02分)

大坂登場 ナイキが新動画発表 (12時15分)

内田海智 逆転でCH初戦突破 (10時41分)

ジョコ 娘の名前の由来明かす (8時38分)

11月28日

複1位ペアが取組む支援を特集 (15時52分)

大坂戦 今季ベストマッチ候補に (14時43分)

プリスコバ 新コーチにバイン氏 (13時29分)

キリオス 食糧支援は「恩返し」 (11時59分)

ITF Jr新大会 WC争いが終了 (10時21分)

日本リーグの中止が決定 (9時01分)

11月27日

ティーム 東京五輪出場を明言 (16時38分)

YONEX 第7回Jrキャンプ開催 (14時54分)

ペンギン型振動止め 終了間近 (13時58分)

YouTube 尾崎里紗にインタビュー (11時58分)

ITF Jr新大会、WCかけ熱戦 (11時42分)

西岡良仁のイベントが開催 (10時44分)

マラドーナ氏との思い出綴る (9時18分)

ハチャノフ、コロナ陽性を報告 (7時33分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!