- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 トップ5逃すも自己最高位

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は8日、男子シングルス決勝が行われ、第10シードの錦織圭(日本)が第14シードのM・チリッチ(クロアチア)に3-6, 3-6, 3-6のストレートで敗れ、日本人初のグランドスラム優勝の歴史的快挙を逃した。

錦織がチリッチを下して優勝していた場合、大会後に発表される世界ランキングではアジア勢最高位となる5位に浮上していた。

しかし、今回アジア勢最高位となる5位とはならなかったが、JW・ツォンガ(フランス)A・マレー(英国)G・ディミトロフ(ブルガリア)を抜いて自己最高位となる8位に浮上した。

錦織は今年の5月行われたムチュア・マドリッド・オープンで、R・ナダル(スペイン)との決勝で途中棄権するも準優勝したことにより世界ランク9位を記録し、男子日本人選手初、アジア人としてP・スリチャパン(タイ)が2004年3月に記録して以来のアジア人最高位と並ぶ快挙を達成したが、わずか4ヵ月で記録を塗り替えた。

また、今季の大会獲得ポイント上位8名が出場でき、ATPツアーの最後を飾る大会となるATPワールドツアー・ファイナルのランクでは6位となっており、現段階では出場出来るランクに位置付けている。

一方、優勝したチリッチは、前回から7つ上げて自己最高位タイの9位に浮上と、再びトップ10に返り咲いた。

最後にトップ10に入っていたのは、2010年の4月12日となっており、今回は約4年5ヶ月ぶりのトップ10入りとなった。

その他上位陣は、1位にN・ジョコビッチ(セルビア)、2位にナダル、3位にR・フェデラー(スイス)、4位にS・ワウリンカ(スイス)、5位にD・フェレール(スペイン)、6位にT・ベルディヒ(チェコ共和国)、7位にM・ラオニチ(カナダ)、8位に錦織、9位にディミトロフ、10位にマレーとなった。

今大会でフェデラーが優勝していた場合、欠場のナダルを抜いて2位に浮上することとなっていたが、準決勝でチリッチに敗れたためランクは変動なしとなった。




■関連記事■ 
・初V逃した錦織「申し訳ない」
・錦織 日本人初GS優勝ならず
・ジョコビッチ 錦織を称賛
・錦織「もう最高のプレーでした」
・チリッチ「ちょっとした変化」


■関連動画■ 
・帰ってきた元王者ロディック
・錦織らがマンU所属のスター選手と夢の対面
(2014年9月9日9時47分)

その他のニュース

4月25日

王者ナダル 苦戦も初戦突破 (23時59分)

【1ポイント速報】ナダル 2回戦 (23時58分)

ジョコ、バルセロナ初戦敗退 (21時44分)

IMGアカデミーで「プチ留学」 (20時16分)

テニス用品 ポイント20%還元 (20時02分)

錦織 途中棄権で16強ならず (19時16分)

【1ポイント速報】錦織vsガルシア=ロペス (19時15分)

テニス関係者死去 暴走事件 (17時09分)

ゴファン MPしのぎ初戦突破 (16時25分)

シャラポワ 初戦敗退で4連敗 (13時43分)

錦織「ゴールはトップ10」 (11時12分)

イズナー 夫人との間に第1子 (7時07分)

4月24日

世界53位ジョンソンが結婚 (22時34分)

王者ナダル 歴代4位タイ狙う (21時22分)

王者ナダル 初戦は同胞の77位 (20時21分)

元複女王ミルザ 妊娠を報告 (18時22分)

フェデラー 影響力ある100人に (16時40分)

29本のエース決め逆転勝利 (15時11分)

錦織 初戦は元世界23位 (11時53分)

シャポバロフ 地元事故を哀悼 (10時21分)

錦織22位に浮上 日本勢ランク (7時28分)

杉田 錦織との2回戦ならず (0時49分)

【1ポイント速報】杉田 バルセロナ1回戦 (0時48分)

4月23日

錦織、完全復活「すぐそこ」 (21時01分)

大坂22位 日本勢世界ランク (20時23分)

キリオス、クレー2大会を欠場 (19時47分)

ジュニアPJ 第1回クリニック開催 (18時42分)

マレー 錦織ら出場シティOPへ (17時06分)

ブライアン兄弟 MS38度目V (16時22分)

ナダル 史上初快挙「特別」 (13時00分)

錦織 ナダルと再戦の可能性 (11時32分)

錦織 世界ランク22位へ浮上 (10時50分)

錦織、準V「悔しい負け」 (7時05分)

王者ナダル 歴代最多31勝目 (0時07分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!