- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ブライアン兄弟 偉業まで後2勝

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は2日、男子ダブルス準々決勝が行われ、第1シードのB・ブライアン(アメリカ)/ M・ブライアン(アメリカ)組が第7シードのD・マレーロ(スペイン)/ F・ベルダスコ(スペイン)組を6-2, 4-6, 6-4のフルセットで下し、準決勝進出を決めた。

この試合、ブライアン兄弟はファーストサービスが入った時80パーセントと高い確率でポイントを獲得し、マレーロ/ ベルダスコ組から3度のブレークに成功し1時間32分で勝利した。

勝利したブライアン兄弟は準決勝で第12シードのE・バトラック(アメリカ)/ R・クラーセン(ロシア)を6-3, 7-6 (7-4)で下したS・リプスキー(アメリカ)/ R・ラム(アメリカ)組と対戦する。

ブライアン兄弟は全米オープンの前哨戦にあたるW&Sマスターズで、今年のウィンブルドン決勝で対戦し敗れたV・ポスピシル(カナダ)/ J・ソック(アメリカ)組にリベンジを果たし、兄弟でペアを組みツアー99勝目を上げた。

両ペアは決勝で対戦する可能性があったが、今大会第8シードで出場していたポスピシル/ ソック組は3回戦でC・ベルロク(アルゼンチン)/ L・マイェール(アルゼンチン)組に敗れている。

同大会2005・2008・2010・2012年と4度の優勝を誇るブライアン兄弟は、2年ぶり5度目、キャリア100度目の優勝を祖国で飾るまで後2勝とした。




■関連記事■ 
・ブライアン兄弟 100勝に前進
・ブライアン兄弟 リベンジし99勝
・ブライアン兄弟のマイクが最長記録をさらに更新
・ブライアン兄弟がマッケンローの持つ記録を塗り替える
・絶頂期のブライアン兄弟、ダブルスの極意語る


■関連動画■ 
・帰ってきた元王者ロディック
・錦織らがマンU所属のスター選手と夢の対面
(2014年9月3日21時13分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!