- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

伊藤竜馬「良い循環になっている」

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は27日、男子シングルス1回戦が行われ、予選から勝ち進んだ伊藤竜馬(日本)S・ジョンソン(アメリカ)の対戦は、6-2, 3-6, 5-7, 4-1としたところでジョンソンの途中棄権により、伊藤竜馬が2回戦進出を決めた。

両者は、今年7月に行われたキャンベル殿堂テニス選手権で1度対戦しており、その時は伊藤竜馬の途中棄権となっていた。

《伊藤竜馬 棄権の記事はこちら》

伊藤竜馬は試合後に「本当に今日は暑くて、我慢で勝てたような感じでした。気持ち的にも少し乱れた時もあったんですけど、最後まで戦って、グランドスラムの本戦で喜びを味わいながら戦えたっていうような感じはありますね。」とコメントした。

全米オープンにはストレートインと予選からも含めて今回が6度目の挑戦となる伊藤竜馬。初めて本戦で勝利をあげられたことについては「ウィンブルドンで予選上がれたっていうのが自信になって、上がり方とか予選決勝の戦い方っていうのも自分の中ですごい落ち着いて出来ました。」

「本戦では相手が自分よりも上のランキングなので、思いっきりやろうと思って最後まで戦ったことが、この全米で初勝利出来た結果じゃないかなと思います。」と本戦初勝利について話した。

予選ではダニエル太郎(日本)が先に勝って本戦を決め、みんながそれに続いてデビスカップの時のように引っ張られたということについて「そうですね。やっぱり自分より若い選手のダニエル君と西岡良仁(日本)君の2人が上がって、僕が待ちの状態だったんですけど、自分はすごいプレッシャーがかかったりしました。」

「僕も彼らと一緒に頑張っていきたいと思うし、その力があったからこそ上がれたというのもあります。そうやって日本のレベルが上がってきていることは事実なので、ランキング100位台の選手が結構いるんですけど、それを100位内に入る選手がどんどん増えてくれればなと思います。」と共に予選を勝ち上がったダニエル太郎と、西岡良仁についてもコメントした。

さらに「日本人選手の活躍が自分の力になりますから、それが今良い感じで日本のトップ選手たち、デ杯のチームもそうですし、良い循環になっているのかなって思います。」と日本のテニス界について話した。

2回戦で対戦するF・ロペス(スペイン)については「過去2回対戦したことがあるんですけど、僕が初めて2011年の全米オープン本戦にダイレクトで入った時に1回と、昨年の楽天オープンの時で、彼のプレースタイルも分かるようになったし、次はやっぱり勝ちたいですね。」

「今日初戦勝って、明日は練習日となるんですけど、しっかり調整して、また金曜日にいい状態でむかえて2回戦勝ちたいと思います。みなさん応援よろしくお願いします。」と意気込みを語った。

日本勢で同大会の予選を勝ち進んだダニエル太郎と西岡良仁はいずれも本戦1回戦敗退となり、伊藤竜馬と第10シードの錦織圭(日本)が2回戦進出を決めている。

(コメントはWOWOWから抜粋)




■関連記事■ 

・錦織圭「自分でもびっくり」
・伊藤竜馬 思わぬ形で本戦初勝利
・ディミトロフ 全米本戦初勝利
・西岡良仁「自分に自信がついた」


■関連動画■ 

・トップ選手が明かした”マッチポイントから逆転する秘訣”
・ビッグサーバーのイズナーが見せた意外性のあるプレー!
(2014年8月28日12時07分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

2月22日

ティーム、リード許し順延 (18時58分)

西岡良仁 世界ランク最高位へ (12時05分)

右ひざ手術「昨年に負傷」 (10時57分)

20歳リバキナ 2週連続決勝へ (10時14分)

メドヴェデフ完敗 4強ならず (9時53分)

西岡良仁 今季初の4強進出 (7時23分)

2月21日

工藤阿須加が語る テニスの展望 (18時31分)

錦織以来の日本人4強狙う (18時15分)

チリッチ下し約1カ月半ぶり勝利 (17時41分)

綿貫陽介 第1シードに快勝 (16時59分)

「水とお湯でテニスをサポートする話」 (15時57分)

マクラクラン勉組が準決勝へ (14時43分)

JTAと花王がスポンサー契約 (13時35分)

ティーム 自己最高3位へ王手 (12時51分)

トップ10選手から初勝利 (12時19分)

元世界1位を逆転で撃破 (11時51分)

2試合連続MPしのぎ勝利 (10時51分)

2月20日

フェデラー 右ひざを手術 (21時53分)

ジョコがファンと路上テニス (17時52分)

ハレプ MP凌ぎ逆転で8強へ (16時58分)

16歳アルカラス 8強ならず (15時48分)

二宮真琴組 惜敗で8強ならず (14時54分)

MP2本凌ぎ逆転で激闘制す (13時44分)

綿貫陽介 CH辛勝で3回戦へ (12時23分)

西岡良仁8強 完勝は「救い」 (11時33分)

快勝で8強入り 連覇へ前進 (10時50分)

西岡 準々決勝は18歳ナカシマ (8時50分)

西岡良仁 圧勝で5年ぶりの8強へ (5時29分)

2月19日

ウィルス影響 中国がデ杯欠場 (18時09分)

前週V 青山/柴原組は初戦敗退 (16時47分)

18歳シナー、メドヴェデフ戦へ (15時11分)

勝利で涙のソック「過酷だった」 (13時32分)

全豪女王が初戦敗退「失望」 (12時38分)

341位に苦戦もティーム勝利 (11時37分)

キリオス 手首負傷で棄権 (10時52分)

【中止】キリオスvsポール (9時21分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!