- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

三井駿介が小学生日本一

小学生日本一を競う、第31回第一生命全国小学生テニス選手権大会(東京/相娯園総合グラウンドテニスコート、クレー)は30日、男女シングルス決勝が行われ、男子決勝は第1シードの小柴遼太郎(兵庫/神戸市立西脇小学校)と第2シードの三井駿介(静岡/清水町立西小学校)によって行われ、三井駿介が小柴遼太郎を6-4, 6-2で下し優勝した。

序盤はブレーク合戦が続いた試合展開で、丁寧なプレーでミスの少ない小柴遼太郎に対し、攻める三井駿介は試合終盤で膝をすりむく場面があったが、終始攻撃的なプレーを見せ念願の優勝を果たした。

三井駿介は優勝後のスピーチで「大会を開いてくれた関係者の皆様ありがとうございました。そしてお父さんやお母さん、コーチ、応援してくれた皆様ありがとうございました。僕はこの大会を優勝するできて嬉しいですが、全日本ジュニアでも残っているので全日本ジュニアでも優勝できるよう頑張りたいです。」と話した。
優勝した三井駿介


準優勝の小柴遼太郎



決勝進出を決めた2選手は8月31日から9月3日まで北京で行われる、日中対抗戦の代表選手として選出された。

この大会は過去に鈴木貴男(日本)添田豪(日本)錦織圭(日本)西岡良仁(日本)らを輩出した大会で、未来の日本を担う選手となるか今後に期待したい。


■関連記事■ 

・唯一の小5 望月慎太郎が健闘
・小柴遼太郎 全小日本一に王手
・順当な勝ち上がり 4強出揃う
・圧倒した松下龍馬が優勝、肥田唯花は逆転でタイトル獲得
・男子は青木、女子は宮本が優勝


■関連動画■ 

・フェデラーの成功を支えている影の立役者
・サンプラスが芝で無類の強さを誇った秘訣!
(2014年7月30日21時10分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

11月18日

死闘の末にティームV逃す (13時53分)

錦織13位 18日付世界ランク (13時11分)

失セット0で最終戦の複V (10時55分)

チチパス 最終戦初Vで有終の美 (7時15分)

チチパス最終戦初V 死闘制す (6時04分)

【1ポイント速報】ティームvsチチパス (3時05分)

デ杯 日本勢は「自信ある」 (0時03分)

11月17日

フェデラー「今シーズン満足」 (16時59分)

チチパス決勝へ「夢が叶った」 (15時28分)

元世界4位ベルディヒ引退 (11時09分)

フェデラー「素晴らしい選手」 (10時05分)

ティーム 最終戦初の決勝へ (7時30分)

フェデラー 決勝進出ならず (1時19分)

【1ポイント速報】ATP最終戦の準決勝 (1時00分)

11月16日

ジョコとナダルの敗退に驚き (15時36分)

雄叫びズベレフ 決勝T進出 (13時01分)

ナダル「苦労たくさんあった」 (12時05分)

ナダル「できる限り全てやった」 (11時44分)

ナダル 2勝1敗で予選敗退 (7時59分)

11月15日

【1ポイント速報】ATP最終戦 予選RR (19時33分)

日比野と奈良は4強ならず (19時28分)

ブライアン兄弟 全米で引退 (18時49分)

ティーム破り最終戦初勝利 (16時48分)

フェデラー「戦術明確だった」 (12時16分)

ジョコ、フェデラーに脱帽 (11時10分)

ナダル 最年長の年間最終1位 (10時39分)

フェデラー「完璧に機能」 (7時26分)

フェデラー決勝Tへ ジョコ撃破 (6時46分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!