- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】錦織、大会初の4回戦進出

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は30日、男子シングルス3回戦が行われ、第10シードの錦織圭(日本)が世界ランク132位のS・ボレッリ(イタリア)を3-6, 6-3, 4-6, 7-6 (7-4), 6-4のフルセットの末に下し、大会初の4回戦進出を決めた。

この試合は6月28日に行われ、3-6, 6-3, 4-6, 7-6 (7-4), 3-3の時点で日没により順延となり、続きは30日に持ち越しとなっていた。

《錦織vsボレッリの記事はこちら》

両者は今回が初めての顔合わせで、錦織はボレッリとの対戦成績を1勝0敗とリードした。

過去同大会で錦織は、2008・2010・2011年は初戦敗退、2012・2013年に3回戦進出となったのが最高成績となっているため、今回ボレッリに勝利してウィンブルドン初の4回戦進出を決めた。

今回錦織は、1回戦でK・ド=シェッパー(フランス)、2回戦でD・クドラ(アメリカ)、そして3回戦でボレッリを下しての勝ち上がりとなった。

錦織は松岡修造(日本)以来19年ぶりの日本人男子ベスト8進出をかけて、4回戦で第8シードのM・ラオニチ(カナダ)と対戦する。

一方、錦織に敗れたボレッリは、1回戦で予選勝ち上がり伊藤竜馬(日本)を下し、2回戦では第22シードのP・コールシュライバー(ドイツ)を破っての勝ち上がりとなっていた。


■関連記事■ 

・錦織 ファン増えて「大変」
・錦織 2回戦は「ほぼ100点」
・錦織「数少ないチャンスをとれた」
・錦織「フェデラーはやはり強かった」


■関連動画■ 

・日本男子初となるトップ10入りを果たした錦織圭を特集!
・ナダルの歴史的快挙で幕を閉じた全仏決勝を振り返る!
(2014年6月30日20時07分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!