- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】錦織圭/内山靖崇組が勝利、ワールドグループ初勝利へ王手<デビスカップ>

テニスの国別対抗戦デビスカップ ワールドグループ1回戦 日本対カナダ戦は1日、大会2日目に登場した錦織圭(日本)/ 内山靖崇(日本)組がD・ネスター(カナダ)/ F・ダンチェビッチ(カナダ)組を6-3, 7-6 (7-3), 4-6, 6-4で下し、日本は通算2勝1敗とワールドグループ初勝利へ王手をかけた。

この試合、錦織/ 内山靖崇組は第1セットを先取するも、第2セットはゲームカウント4-5とネスター/ ダンチェビッチ組にリードを許す。しかし、そこからタイブレークの末に第2セットをとり、セットカウント2-0と勝利まであと1セットとする。

第3セット、錦織/ 内山靖崇組は第10ゲーム、内山靖崇のサービスゲームでダブルフォルトなどが影響し、このセットを落としてしまう。

その後の第4セットでは第1ゲームでブレークに成功した錦織/ 内山靖崇組が勢いに乗り、勝利をおさめた。

当初、日本からは杉田祐一(日本)/ 内山靖崇組が出場する予定だったが、杉田祐一から錦織に変更した。対するカナダもネスター/ V・ポスピシル(カナダ)組からネスター/ ダンチェビッチ組に変えた。

錦織と内山靖崇は昨年の楽天ジャパン・オープンでダブルスに出場するも、その時は初戦で敗れていた。

錦織とペアを組んだ21歳の内山靖崇は、先週のマウイ・チャレンジャーのダブルスで優勝し、好調を維持していた。

今大会初日は錦織がP・ポランスキー(カナダ)を6-4, 6-4, 6-4のストレートで下し、日本が1勝目をあげる幸先の良いスタートを切った。しかし、第2試合に登場した添田豪(日本)はダンチェビッチに4-6, 6-7 (2-7), 1-6のストレートで敗れたため、1勝1敗としていた。

明日2月2日(日)はシングルス2試合が行われ、日本からは錦織と添田豪が登場する予定。日本は錦織と添田豪のシングルスどちらかの勝利でワールドグループ初のベスト8進出となるため、2月2日(日)のシングルスに大きな期待がかかる。

もし日本がカナダを下した場合、準々決勝では2連覇しているチェコ共和国とオランダのどちらかと対戦する。

デビスカップは他の大会とは異なる形式となっており、初日に各国1位の選手と2位の選手によるシングルスをそれぞれ行い、2日目にダブルス1試合、最終日の3日目は両国1位と2位同士のシングルス2試合の合計5試合が行われ、3勝した国が勝利する事となる。

日本とカナダ戦の組み合わせは、以下の通り。

【大会1日目】
・シングルス第1試合:錦織圭 ○-× P・ポランスキー
・シングルス第2試合:添田豪 ×-○ F・ダンチェビッチ

【大会2日目】
・ダブルス第1試合:錦織圭/ 内山靖崇 ○-× D・ネスター/ F・ダンチェビッチ

【大会3日目】
・シングルス第1試合:錦織圭 vs F・ダンチェビッチ
・シングルス第2試合:添田豪 vs P・ポランスキー

デビスカップ2014_カナダ戦


■関連記事■

《錦織「理想的な3セットで勝てた」、エースの大役果たす<デビスカップ>》

《「率直に悔しい」添田豪「チームが勝てれば」<デビスカップ>》

《錦織、エース ラオニチ欠場「正直に言うとチャンス」<デビスカップ>》

《錦織、新サーフェス「全豪よりは格段に遅かった」<デビスカップ>》

《日本と可能性あるチェコ共和国とオランダは1勝1敗<デビスカップ>》


■関連動画■

《復活の兆し見せるフェデラーが謎のラケットの正体明かす!ATP男子ツアーマガジン Vol.200》

《大活躍見せるワウリンカが得意のバックハンドを炸裂!ATP男子ツアーマガジン Vol.200》
(2014年2月1日16時14分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

7月2日

ニューエラ「テニスコラボ」が発売 (18時35分)

【告知】ナダルvsソネゴ (14時49分)

【告知】キリオスvsチチパス (14時49分)

【告知】ガスケvsファン・デ・ザンスフルプ (14時01分)

コロナに「過度な心配はない」 (12時58分)

ヴィーナス組 WB混複で初戦突破 (11時52分)

イズナー 歴代トップに「誇り」 (10時34分)

シナー 快勝でWB初16強 (9時05分)

アルカラス WB初の16強 (8時01分)

ジョコ完勝「全体的に満足」 (6時59分)

ジャバー 完勝で2年連続16強 (6時30分)

オスタペンコ 逆転で16強 (5時48分)

サッカリ 初16強逃す「失望」 (5時47分)

ジョコ 完勝で14度目の16強 (1時05分)

【1ポイント速報】ジョコvsキツマノビッチ (0時35分)

7月1日

ティアフォー WB初の16強 (22時13分)

四大大会初出場で16強 (21時35分)

【1ポイント速報】ティアフォーvsブブリク (20時30分)

青山修子ペア WC撃破で16強 (20時26分)

本玉真唯「悔しい敗戦」 (19時48分)

女王「グラスはかなり厄介」 (19時34分)

バドサと元WB女王が激突 (18時52分)

単引退「完璧な終わり方」 (17時27分)

ナダル「引退近かった」 (14時48分)

ガスケ 6年ぶりのWB3回戦へ (13時54分)

チチパス キリオス戦「楽しみ」 (13時40分)

42歳ヴィーナス WB混合複出場 (11時38分)

ガウフ快勝 WB3度目の3回戦へ (10時45分)

快勝キリオス「証明したかった」 (9時14分)

36歳ナダル「毎日が挑戦」 (7時57分)

昨年4強シャポ 3回戦進出逃す (6時46分)

ネット際ダイブで勝利掴む (5時52分)

ナダル 11度目の3回戦進出 (4時01分)

【1ポイント速報】ナダルvsベランキス (2時15分)

苦戦も37連勝で3回戦進出 (2時07分)

キリオス/コキナキス組 WB棄権 (0時34分)

全仏とWBで初戦敗退「辛い」 (0時15分)

6月30日

マクラクラン組 WB初戦敗退 (23時54分)

チチパス 3回戦はキリオス (23時32分)

キリオス 6度目の3回戦進出 (22時05分)

【1ポイント速報】キリオスvsクライノビッチ (21時00分)

コロナ陽性で棄権は3選手目 (20時51分)

2018年女王ケルバー 3回戦へ (20時20分)

柴原ペアと青山ペア 初戦突破 (20時01分)

棄権した複ペアに不満「不公平」 (14時00分)

マレー WBで初の2回戦敗退 (13時07分)

ラドゥカヌ WB敗退「いい経験」 (11時51分)

レーバー杯 マレーの出場を発表 (10時56分)

アルカラス WB初の3回戦進出 (9時35分)

イズナーがマレー下し3回戦へ (8時17分)

ジョコ「テニスの質高かった」 (7時17分)

WB2回戦敗退「ジョコは壁」 (6時34分)

ルード 逆転で3回戦進出逃す (5時57分)

本玉真唯 WB3回戦進出ならず (2時34分)

【1ポイント速報】本玉真唯 WB 2回戦 (0時51分)

女王 ウクライナ支援を発表 (0時33分)

6月29日

ジョコ 13大会連続の3回戦へ (23時38分)

【1ポイント速報】ジョコビッチvsコキナキス (22時55分)

セリーナ撃破「夢のよう」 (22時49分)

昨年8強も敗退「腹が立つ」 (21時06分)

ハレプ 3年ぶりWB初戦突破 (20時37分)

西岡 WB敗退「タフな1日」 (20時00分)

土居 敗因の「ポイント」語る (19時22分)

サッカリ 初戦突破「気分いい」 (18時49分)

柴原瑛菜「タイトル取りたい」 (18時31分)

試合中の罵声「影響与えた」 (12時51分)

キリオス「最もハードな試合」 (12時03分)

錦織 7月アトランタOP出場へ (10時58分)

初戦突破チチパス 前週Vで自信 (9時55分)

復帰のセリーナ WB初戦敗退 (8時25分)

初戦突破のナダル「改善必要」 (7時13分)

西岡良仁 WB初戦敗退 (3時10分)

ナダル 14度目のWB初戦突破 (3時00分)

【1ポイント速報】日本勢 WB2日目 (0時20分)

【1ポイント速報】ナダルvsセルンドロ (0時10分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!