- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

クルム伊達「スタミナは半端ない」元世界13位から勝利飾れず<ブリスベン国際女子>

女子テニスツアーのブリスベン国際女子(オーストラリア/ブリスベン、ハード)は31日、シングルス2回戦が行われ、クルム伊達公子(日本)は第9シードで元世界ランク13位のD・チブルコワ(スロバキア)に3-6, 6-1, 3-6の接戦の末に敗れ、ベスト8進出とはならなかった。

この試合、第1セットを落としたクルム伊達は第2セットに入るとチブルコワにブレークチャンスを与えないサービスゲームを展開、さらに2度のブレークに成功してセットカウント1−1とする。

勝敗がかかる第3セットではファーストサーブのポイント獲得率を40パーセントとしてしまったクルム伊達は2度ブレークするも、チブルコワに3度のブレークを許してしまい、2時間14分で敗れた。

試合前、クルム伊達は自身の公式ブログで「ベースラインからかなり下がって思い切りしつこく打ってくるしスタミナは半端ない。背は小さいけどパワーもスピードもある。課題になったサービスとバックハンドを1回戦よりは質を上げたい。」と、チブルコワ戦に向けて綴っていた。

今大会の1回戦でクルム伊達はO・ロゴウスカ(オーストラリア)をストレートで下し、チブルコワとの2回戦へ進出していた。

一方、クルム伊達に勝利したチブルコワは、2009年の全仏オープンでM・シャラポワ(ロシア)らを破りベスト4へ進出する活躍で注目を集めた。これまではツアーで3度タイトルを獲得している。

準々決勝でチブルコワは、第1シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)A・ペトコビッチ(ドイツ)の勝者と対戦する。


■関連記事■

《クルム伊達「悪くないドロー」で好発進<ブリスベン国際女子>》

《最年長勝利のクルム伊達、17年ぶりの3回戦<ウィンブルドン>》

《クルム伊達は世界1位セリーナに脱帽「格が違う」<ウィンブルドン>》

《クルム伊達、1994年以来の16強ならず◇全豪オープン》


■関連動画■

《ツアー屈指の美女キリレンコがプライベートを大公開!WTA女子ツアーマガジン Vol.11》

《クルム伊達特集!今でも世界のトップとして戦える秘訣を明かす!WTA女子ツアーマガジン Vol.10》
(2013年12月31日12時53分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!