- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

勝機逃したジョコビッチ、ナダルと120ポイント差に<全米オープン>

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は大会最終日となった9日に、男子シングルス決勝が行われ、世界ランク1位で第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が、今季怪我から復帰してから絶好調の第2シードのR・ナダル(スペイン)の前に2-6, 6-3, 4-6, 1-6で敗れ去った。

ジョコビッチは2011年以来、2年ぶり2度目となる全米オープンタイトルを獲得することは出来なかった。

「第3セットを落とした事が本当に悔やまれてならない。特に最初の4・5ゲームは自分が試合の主導権を握っていたからね。」と語るジョコビッチは、第1セットを奪われ第2セットを奪い返し、流れを掴みかけていた。

第3セットの序盤でブレークに成功したジョコビッチはその後ブレークバックを許すも、気落ちする事なく、ゲームカウント4−4からのナダルのサーブでは0−40とブレークポイントを握ったものの、それを取り切れず流れをナダルに渡してしまった。

「第3セット、4−4での0−40の場面から、彼(ナダル)は素晴らしいプレーをし始めて、流れが変わって行った。サーブも良くなったし、自分が間違った事はしていないと感じていたんだ。彼はミスをせず、サーブも良くなり、ネットへも出て来るようになった。」と、ナダルのプレーを思い出していた。

「でも、それも全て自分が悪いんだ。大切なポイントで簡単なミスを犯してしまったし、落としてはいけないサーブを2度も落としてしまった。そして気が付いたらセットカウントが2−1と彼(ナダル)がリードしていたんだ。」

「この展開も彼のプレーに値するもの。第2セットの途中から、第3セットの序盤までは自分に流れがあった。そして自分はそれをしっかり利用して、チャンスを物にしなければならなかった。でもそれが出来なかった。最終的に、自分は勝者には値しなかった。」とジョコビッチは、自身のプレーに落胆の色が隠せなかった。

ナダルに対しては「27歳の年齢で、13回ものグランドスラム優勝を飾っている選手なんだ。素晴らしいに決まっている。これまで彼が成し遂げた事の全てが、誰からも尊敬される功績だし、それは疑う余地もない。」と、脱帽していた。

大会後に発表される最新の世界ランクでは、1位の座を維持する事が決まっているジョコビッチだが、2位のナダルとの差はわずか120ポイントへと迫られており、シーズン終了時点でジョコビッチは、ナダルとの激しい王座争いの渦中にいる。

《全米オープン 対戦表》

■関連記事■

《王者ジョコビッチ抜く可能性あるナダル「努力するだけ」<全米オープン男子>》

《フェデラーが1位上げる、錦織は12位<世界ランキング>》

《王者に勝ち切れなかったワウリンカ「敗戦から得られるものは大きい」<全米オープン>》

《7年連続4強ジョコビッチ、マレーに完勝の世界10位を警戒<全米オープン>》

《激闘のジョコビッチ、ナダル戦での勝機をアピール<全米オープン>》

■関連動画■

【無料】新たな伝説を目指す王者ジョコビッチ

【無料】今季ハードコートで無敗のナダルが決勝に挑む

(2013年9月10日14時41分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

9月22日

【告知】西岡vsケプファー (14時09分)

ハレプ 思わぬ形でV「気の毒」 (12時40分)

全仏OP 新たに1選手が陽性に (11時32分)

【告知】錦織vsガリン (10時00分)

ジョコ 5年ぶり5度目のローマV (8時33分)

高3関東女子、重田夢亜が優勝 (6時49分)

高3関東男子、篠田玲が優勝 (6時44分)

9月21日

日比野菜緒、元世界3位破る (21時54分)

錦織 無観客は「集中できる」 (17時22分)

2連覇へ王手、元女王対決へ (15時59分)

全仏2020の賞金額を発表 (15時58分)

内山靖崇 全仏OP会場で練習 (15時27分)

錦織「今年の目標はない」 (11時26分)

熱戦制し今季3勝目に王手 (11時00分)

高3テニス 関東大会が開幕 (10時25分)

3時間超えの死闘制し決勝へ (7時54分)

全仏会場でコロナ陽性2選手 (6時52分)

ジョコ 10度目の決勝進出 (5時46分)

9月20日

ビッグ3から初勝利「最高」 (16時29分)

「憧れ」のディミトロフ下し4強 (14時52分)

メドヴェデフが第1シードで出場 (13時27分)

敗退のナダル「期待できない」 (11時20分)

好調アザレンカを破り4強へ (10時30分)

ジョコ 苦戦も7年連続4強入り (9時09分)

シュワルツマン4強へ ナダル破る (7時23分)

9月19日

錦織 初戦は世界21位と初対戦 (23時12分)

高3テニス大会 沖縄代表が決定 (21時20分)

逆転勝ちで6年ぶりに8強へ (16時31分)

8強ナダル 次戦はシュワルツマン (14時56分)

「キュッパーマルゴーのリキラケってなに?」 (13時29分)

ハレプ快勝、上位勢が8強入り (12時02分)

全国高3テニス 沖縄大会開催 (10時58分)

ジョコ 14年連続ローマ8強へ (9時30分)

錦織撃破の18歳 8強ならず (7時55分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!