- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織やデル=ポトロら、同日に2試合の可能性も<シティ・オープン男子>

男子テニスツアーのシティ・オープン男子(アメリカ/ワシントンDC、ハード)は31日、第1シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)R・ハリソン(アメリカ)、さらに第2シードの錦織圭(日本)J・ソック(アメリカ)のシングルス2回戦が予定されていたが、雨のため試合開始前に翌日へと順延となった。

また、試合途中で順延となったのが第3シードのT・ハース(ドイツ)と予選から勝ち上がったT・スミチェク(アメリカ)の2回戦で、試合はハースが3-6, 7-5, 1-0とリードしたところで順延となっている。

1日にデル=ポトロ、錦織、ハースらが2回戦突破した場合、同日に3回戦を行わなければいけない状況となった。

一方、先週のアトランタ・オープンで自身7度目の優勝を飾った第8シードのJ・アイズナー(アメリカ)Al・クズネツォフ(アメリカ)を7-6 (7-2), 7-6 (7-4)のストレートで下し、順当に3回戦へ駒を進めた。

第1・第2セットともタイブレークへもつれる接戦となったこの試合、208cmの長身から繰り出すサーブを武器とするアイズナーは、試合を通して19本のサービスエースを叩き出すなど各タイブレークを制し、1時間41分で勝利をものにした。アイズナーは、3回戦でS・デウバーマン(インド)と対戦する。

アイズナーとデウバーマンは大学時代、2007年に出場したNCAA(全米大学選手権)の男子シングルスの決勝で対戦。アイズナーはその時、第1シードで出場し、自身が通うジョージア大学が試合会場だったが、有利な条件を揃えながらもフルセットのタイブレークで敗れる苦い思い出がある。

その敗戦から2ヶ月後、アイズナーはレッグ・メーソン・テニス・クラシックへ出場。ATPツアーレベルの大会としては2大会目の出場ながら、ハースやG・モンフィス(フランス)らを破り見事決勝進出。決勝でA・ロディック(アメリカ)に敗れはしたものの、準優勝を飾っていた。

「彼(デウバーマン)は素晴らしい選手だし、親しい友人でもある。同じような道を歩んでプロの世界へ入ってきた。そして、また対戦する事になった。」

「ここは彼が通っていたヴァージニア大学にも近いから、彼を応援する観客も多くなるんではないかな。とても待ち遠しい試合だけど、勝つためにはとても良いプレーが必要だね。」

この日行なわれた試合結果は以下の通り。

J・ベネトー(フランス)(12) vs. ○M・フィッシュ(アメリカ), 3-6, 5-7
I・ドディグ(クロアチア)(13) vs. ●T・カムケ(ドイツ), 2-6, 6-2, 6-3
○J・アイズナー(8) vs. ●Al・クズネツォフ, 7-6 (7-2), 7-6 (7-4)
M・ロドラ(フランス)(17) vs. ○R・シュティエパネック(チェコ共和国), 2-6, 1-6
G・シモン(フランス)(5) vs. ○D・ツルスノフ(ロシア), 4-6, 2-6


《シティ・オープン男子 対戦表》


■関連記事■

《世界のCNNが錦織圭を独占インタビュー、次なる野望とは》

《錦織の対戦相手ソック「勝利する事は最高の気分」<シティ・オープン男子>》

《ベテランのフィッシュ、通算300勝まであと1勝<シティ・オープン男子>》

《錦織が第1シードらと練習、4カ月ぶりハードコート戦に向けて<シティ・オープン男子>》

《絶体絶命乗り越えたクエリー、最後はサービスエース<シティ・オープン男子>》

(翻訳・記事/弓削忠則)

(2013年8月1日15時54分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

10月18日

西岡良仁、今季初の4強ならず (22時26分)

【1ポイント速報】西岡vsクライノビッチ (20時56分)

大坂のイベントが開催決定 (19時50分)

第1シードスイトリナ 初戦敗退 (18時17分)

チリッチ 通算500勝達成 (17時23分)

マレー8強「気分良い」 (14時28分)

杉田祐一8強「戻ってきた」 (11時35分)

シード勢の敗退が相次ぐ (8時02分)

10月17日

杉田祐一 ストックホルム8強へ (22時42分)

【1ポイント速報】杉田vsトラヴァグリア (20時08分)

新感覚のテニスイベント開催 (19時48分)

大坂 9月のWTA最優秀選手に (17時00分)

前週Vの15歳ガウフ 初戦敗退 (15時33分)

ワウリンカ 熱戦制し初戦突破 (13時37分)

ディミトロフ敗退 西岡は8強 (12時47分)

5本MPしのぎ死闘制す (11時22分)

土居美咲 第2シードに逆転負け (10時50分)

10月16日

西岡良仁8強 第3シード撃破 (22時10分)

【1ポイント速報】西岡vsフリッツ (22時05分)

昨年覇者カサトキナ初戦敗退 (20時30分)

西岡「錦織は示してくれた」 (17時40分)

マレーやシュトルフが初戦突破 (16時02分)

メドヴェデフ 疲労で棄権 (10時40分)

杉田祐一と西岡良仁が初戦突破 (10時29分)

錦織 次週ウィーン大会を欠場 (1時17分)

10月15日

ペラ辛勝 熱戦制し初戦突破 (17時52分)

錦織9位 日本勢の世界ランク (16時57分)

第5シードのガリン初戦敗退 (16時17分)

ティプサレビッチが初戦突破 (15時49分)

錦織 9年間のコーチ関係解消へ (12時26分)

フェデラー 東京五輪「出たい」 (10時57分)

錦織 最終戦ランク12位へ後退 (10時23分)

杉田祐一 LLで本戦入り (10時01分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!