- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】世界4位フェレール、苦戦するも世界49位破る<ウィンブルドン>

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は1日、男子シングルス4回戦が行われ、第4シードのD・フェレール(スペイン)がノーシードのI・ドディグ(クロアチア)を6-7 (3-7), 7-6 (8-6), 6-1, 6-1の逆転で下し、2年連続のベスト8進出を決めた。

この試合、世界ランク4位のフェレールは同49位のドディグに14本のサービスエースを決められるも、ドディグに1度のブレークを許さない安定したサービスゲームを展開した。そして、5度のブレークに成功したフェレールは、2時間47分で勝利した。

フェレールは準々決勝で、第8シードのデル=ポトロと第23シードのA・セッピ(イタリア)の勝者と対戦する。

今年の全仏オープンでフェレールは、グランドスラムを通して初の決勝進出を果たす活躍をみせた。しかし、その後ウィンブルドンの前哨戦であるトップシェルフオープン男子では第1シードで出場するも、まさかの初戦敗退を喫してしまった。

そして、ウィンブルドンでは1回戦で世界101位のM・アルンド(アルゼンチン)、2回戦では同60位のR・バウティスタ=アグ(スペイン)にそれぞれ1セットを落とすも勝利。3回戦は第26シードのA・ドルゴポロフ(ウクライナ)にフルセットの逆転で勝利していた。

昨年のウィンブルドンでフェレールは、3回戦で2004・2005・2009年に3度の準優勝経験があるA・ロディック(アメリカ)、4回戦でJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)に勝利し、大会初のベスト8進出を果たしていた。

《ウィンブルドン 男女対戦表》


■関連記事■

《フェレール、錦織について「将来はトップ10入り」◇ソニー・オープン男子》

《錦織「考えるだけでは勝てない」、次回は7月末の大会<ウィンブルドン>》

《「呪い」の1週目、フェデラーやナダルが餌食に<ウィンブルドン>》

《大番狂わせ、ナダルに続きフェデラーも<ウィンブルドン>》

《逆転勝利のフェレール、心配される怪我に「時間はある」<ウィンブルドン>》

(2013年7月1日22時45分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!