- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダル「覚悟は出来ていた」、4時間37分で王者下す<全仏オープン>

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)は7日、男子シングルス準決勝が行われ、史上初大会8度目の優勝と2度目の4連覇を狙う第3シードのR・ナダル(スペイン)が第1シードで世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)を6-4, 3-6, 6-1, 6-7 (3-7), 9-7の激闘の末に下し、決勝進出を果たした。

両者35度目の対戦となったこの試合、ナダルは61本のウィナーを決めて、ジョコビッチのサービスゲームでは16度のブレークチャンスから8度のブレークに成功した。凡ミスの数は、ナダルの44に対し、ジョコビッチは75だった。

最後のゲームとなった第5セットの第16ゲーム、1ポイント目でジョコビッチはスマッシュのミスを犯した。その後、ナダルはネットに出るジョコビッチに対し、バックハンドの華麗なパッシングショットを決めるなどでジョコビッチのサービスゲームをブレークし、試合に幕が降りた。

ナダルは、今年のモンテカルロ・マスターズ決勝でジョコビッチに敗れ、史上初の大会9連覇を阻止されていた。

4時間37分の大激闘を制したナダルは、試合後「今年ではないけど、いつか彼(ジョコビッチ)はここで優勝すると思う。」と、ジョコビッチへのコメントをした。

今回の勝利で全仏オープンでの戦績を58勝1敗とした事については「ここは特別な場所。センターコートの皆さん、僕を応援してくれて感謝している。このセンターコートでの試合は、いつも特別な瞬間。」と、ナダル。

この試合、ナダルは第4セットの第11ゲームでジョコビッチのサービスゲームをブレークし、第12ゲームでは自身のサービスゲームをキープすると勝利というサービング・フォー・ザ・マッチのゲームを迎える。しかし、土壇場でジョコビッチにブレークバックをされてしまった。

第4セットの第12ゲームについて、ナダルは「風と戦ってサーブを打っていた。決して、すぐに勝利するとは思っていなかった。だから、覚悟は出来ていた。」

また、ナダルは第5セットで先にジョコビッチにブレークを許し、苦しい展開を強いられた。だが、第8ゲームでジョコビッチがスマッシュを打った後ネットに触ってしまうアクシデントなどで、ナダルは息を吹き返しブレークバックに成功、ゲームカウント4−4とした。

リードされた第5セットについては「ノヴァークはファイターだし、こんな展開になると思っていた。」と、ナダルは試合前から長期戦になる事を想定していた。

ナダルとジョコビッチは、昨年の全豪オープンで史上最長となる5時間53分という死闘を繰り広げていた。ナダルは「昨年の全豪オープンでも僕らは激闘を披露したし、僕らの戦いはこれからも続くでしょう。」と、コメント。

勝利したナダルは決勝で、第4シードのD・フェレール(スペイン)と第6シードのJW・ツォンガ(フランス)の勝者と対戦する。全仏オープン8度目の優勝に向けて、ナダルは「ツォンガとフェレールは1セットも落とさずに準決勝まで勝ち進んでいるから、素晴らしい戦いになるでしょう。」と、決勝戦について語った。

昨年のウィンブルドン2回戦でL・ロソル(チェコ共和国)にまさかの敗戦を喫したナダルは、その後は膝の怪我により7カ月間にも及ぶツアー離脱を余儀なくされた。

そして、今年2月に復帰したナダルは、今季出場(全仏オープン含め)した9大会全てで決勝進出を果たした。さらに、そのうち6大会で優勝を飾る活躍をみせている。

スペインのテニスファンに向けて、ナダルは「怪我に悩んで辛かった時、スペインの皆さんが僕を応援してくれた。スペイン人である事を誇りに思う。スペインのテニスファン、そしてテニスファンの皆さんが応援してくれた事は大きな力になった。」と、感謝の念を述べた。

一方、ジョコビッチが全仏オープンで優勝した場合、キャリア・グランドスラム達成となったが、準決勝でナダルに阻まれた形となった。また、両者は昨年の今大会決勝でも顔を合わせナダルが勝利したため、ジョコビッチは2年連続でキャリア・グランドスラムをナダルに阻止される結果となった。

全仏オープンでナダルに唯一勝利しているのは、2009年4回戦時のR・ソデルリング(スウェーデン)だけである。

今大会でナダルは1回戦でD・ブランズ(ドイツ)、2回戦でM・クリザン(スロバキア)、3回戦で第27シードのF・フォニュイーニ(イタリア)、4回戦で第13シードの錦織圭(日本)、準々決勝で第9シードのS・ワウリンカ(スイス)、そして準決勝でジョコビッチを破り決勝進出を決めている。

また、第13シードで出場した錦織は、4回戦でナダルに敗れ「やはりナダルは強かった。彼(ナダル)の重いボールをバックに集められると想像以上にきついものがありました。」と、コメントしている。

《全仏オープン2013 男女対戦表》

《全仏オープン2012 男女対戦表》

《全仏オープン2011 男女対戦表》


■関連記事■

《ジョコビッチとナダルの壮絶な対戦成績》

《全仏でナダルに唯一勝利したソデルリング、病を克服できるか》

《王者ジョコビッチ、生涯グランドスラムの壁は「ナダル」<全仏オープン>》

《錦織「やはりナダルは強かった」、そして「8への壁を早く破りたい」》

《【映像付】錦織「跳ね返された」、ナダルの誕生日に完敗<全仏オープン>》

《フェデラー、ナダル撃破について「ジョコビッチなら」<全仏オープン>》

《王者ジョコビッチが初の栄冠、ナダルは9連覇の夢絶たれる◇モンテカルロ・マスターズ》


■関連動画■

《ナダルとフェデラーが30回目の対決!ATP男子ツアーマガジン Vol.172》

《錦織がフェデラーから大金星!ATP男子ツアーマガジン Vol.171》

《ナダル9連覇達成か、王者ジョコビッチか!?ATP男子ツアーマガジン Vol.168》

(2013年6月8日3時02分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

10月18日

【速報中】西岡vsクライノビッチ (20時56分)

大坂のイベントが開催決定 (19時50分)

第1シードスイトリナ 初戦敗退 (18時17分)

チリッチ 通算500勝達成 (17時23分)

マレー8強「気分良い」 (14時28分)

杉田祐一8強「戻ってきた」 (11時35分)

シード勢の敗退が相次ぐ (8時02分)

10月17日

杉田祐一 ストックホルム8強へ (22時42分)

【1ポイント速報】杉田vsトラヴァグリア (20時08分)

新感覚のテニスイベント開催 (19時48分)

大坂 9月のWTA最優秀選手に (17時00分)

前週Vの15歳ガウフ 初戦敗退 (15時33分)

ワウリンカ 熱戦制し初戦突破 (13時37分)

ディミトロフ敗退 西岡は8強 (12時47分)

5本MPしのぎ死闘制す (11時22分)

土居美咲 第2シードに逆転負け (10時50分)

10月16日

西岡良仁8強 第3シード撃破 (22時10分)

【1ポイント速報】西岡vsフリッツ (22時05分)

昨年覇者カサトキナ初戦敗退 (20時30分)

西岡「錦織は示してくれた」 (17時40分)

マレーやシュトルフが初戦突破 (16時02分)

メドヴェデフ 疲労で棄権 (10時40分)

杉田祐一と西岡良仁が初戦突破 (10時29分)

錦織 次週ウィーン大会を欠場 (1時17分)

10月15日

ペラ辛勝 熱戦制し初戦突破 (17時52分)

錦織9位 日本勢の世界ランク (16時57分)

第5シードのガリン初戦敗退 (16時17分)

ティプサレビッチが初戦突破 (15時49分)

錦織 9年間のコーチ関係解消へ (12時26分)

フェデラー 東京五輪「出たい」 (10時57分)

錦織 最終戦ランク12位へ後退 (10時23分)

杉田祐一 LLで本戦入り (10時01分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!