- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

女王セリーナ、昨年の大波乱振り返る<ムチュア・マドリッド・オープン女子>

女子テニスツアーのムチュア・マドリッド・オープン女子(スペイン/マドリッド、賞金総額403万3254ユーロ、レッドクレー)は、シングルス2回戦が行われ、世界ランク1位で第1シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)が主催者推薦のL・ドミンゲス=リノ(スペイン)を6-2, 7-5のストレートで下し、順当な勝ち上がりをみせた。

試合後、セリーナは「たくさんミスを犯してしまったわ。でも、それは彼女(ドミンゲス=リノ)がそうさせたの。結果的には良かったと思う。クレーコートでの試合としては、自分にとってとても良い試合だった。今後もまだクレーでの大会が続く事を考えたら、今日のプレーは完璧と言えるものだった。これからもクレーを得意とする選手と対戦しても、今日の経験が生きてくると思うし、どうやって戦えば良いかわかったわ。」と、コメント。

セリーナは、昨年からクレーでの成績を24勝1敗とした。唯一の敗戦は、昨年の全仏オープン1回戦で、その時はV・ラッツァーノ(フランス)に敗れる波乱に見舞われた。

「昨年は、全仏の前に良いプレーが出来ていた。でも、全仏では全く変わってしまった。あそこまではずっと勝っていたし、優勝候補の1人だったと思う。そうではなくても、初戦敗退するとは誰も思っていかなったはず。でも、それが起きてしまった。」と、セリーナ。

続けて「あの事をあまり考えないようにしているの。今は“よし、また勝ったわ”って思うようにしている。昨年起きた事で、常に冷静でいられるようになった。興奮したり、感情的になったりしない。勝たなければとか、優勝候補なんだとか、そんな風に考えないようになったの。」とセリーナは、昨年の波乱について語った。

セリーナは3回戦で、第13シードのM・キリレンコ(ロシア)K・ムラデノヴィック(フランス)の勝者と対戦する。

この日行われた試合結果は以下の通り。

○S・ウィリアムズ(1) vs. ●L・ドミンゲス=リノ, 6-2, 7-5
M・シャラポワ(ロシア)(2) vs. ●C・マーケイル(アメリカ), 6-1, 6-2
N・ペトロワ(ロシア)(11) vs. ○S・クズネツォワ(ロシア), 6-7 (2-7), 6-4, 4-6
M・バルトリ(フランス)(14) vs. ●M・トッロ=フロール(スペイン), 6-4, 2-6, 6-4
D・チブルコワ(スロバキア)(15) vs. ○S・リシキ(ドイツ), 6-7 (4-7), 6-7 (3-7)
A・イバノビッチ(セルビア)(16) vs. ●C・シーパース(南アフリカ), 6-2, 6-2
Y・シュウェドワ(カザフスタン) vs. ●K・フリッペンス(ベルギー), 6-2, 4-6, 6-4
A・メディーナ=ガリゲス(スペイン) vs. ●M・キーズ(アメリカ), 7-6 (7-3), 6-3

今大会の優勝賞金は64万3,000ユーロ。


■関連記事■

《第5シードのセリーナが初の初戦敗退◇全仏オープン》

《セリーナが19歳に敗れる波乱◇全豪オープン》

《シャラポワ、開始時間遅れるも「すぐに動き出す事が大切」<ムチュア・マドリッド・オープン女子>》

《森田が棄権<ムチュア・マドリッド・オープン女子>》

《衝撃の事件から20年、セレス「あの事件で、私のテニス人生は一変」》

(2013年5月8日12時57分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!