- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

史上初9連覇狙うナダル、ジョコビッチやマレー阻止なるか◇モンテカルロ・マスターズ

14日から開催された男子テニスツアーのマスターズ大会であるモンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、クレー)に出場するR・ナダル(スペイン)は、今大会で2005年から大会8連覇を果たしており、ナダルの9連覇達成に注目が集まっている。

ナダルは、左膝の故障で7カ月間ツアーを離脱していたが、復帰後は4大会に出場し3大会で優勝、1大会では準優勝とわずか1敗しかしていない。

現在の世界ランクを5位とするナダルは、今大会では第3シードとなっている。ナダルはマスターズ大会への出場は1年ぶりのことで、同じ山には世界2位で第2シードのA・マレー(英国)に加え、同6位のJW・ツォンガ(フランス)、同10位のN・アルマグロ(スペイン)、同13位のS・ワウリンカ(スイス)がいる。

ナダルは今大会で44勝1敗と圧倒的な戦績を残しており、唯一の敗退は2003年のこと。この年、初出場だった16歳のナダルは、3回戦でG・コリア(アルゼンチン)に敗れた。

シード勢が順当に勝ち上がると、ナダルは3回戦で第16シードのP・コールシュライバー(ドイツ)、準々決勝で第8シードのJ・ティプサレビッチ(セルビア)か第11シードのG・シモン(フランス)と、そして準決勝ではマレーが待ち構える。

マレーは、クレーコートをそれほど得意とはしておらず、今大会ではクレーコートの大会で初の決勝進出を目指す。マレーの初戦である2回戦の相手は、R・ハースと予選勝者による1回戦の勝者となる。また、マレーは3回戦でワウリンカ、準々決勝ではアルマグロかツォンガからの挑戦を受ける可能性が高い。

ナダルとマレーによる準決勝が実現した場合、両者による対戦は19度目のこととなる。これまでの対戦成績は13勝5敗でナダルが勝ち越しており、今大会でも2009年と2011年の準決勝で対戦、いずれもナダルが勝利を収めている。

一方、25歳の世界王者で第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)は2回戦から登場、M・ヨージニ(ロシア)D・ヒメノ=トラベール(スペイン)の勝者と対戦する。

シード勢が順当に勝ち上がった場合、ジョコビッチは3回戦でE・ガルビス(ラトビア)J・アイズナー(アメリカ)、準々決勝ではJM・デル=ポトロと激突する。ただ、JM・デル=ポトロの場合、準々決勝までには第12シードでビックサーバーのM・ラオニチ(カナダ)が立ちはだかる可能性が高く、その道のりは決して平たんではない。

また、世界4位のD・フェレール(スペイン)が体調不良で欠場を決めたため、ジョコビッチ、マレー、ナダルの3強を追いかけるのは第4シードのT・ベルディフ(チェコ共和国)。ベルディフは初戦の2回戦で、M・グラノジェルス(スペイン)と予選勝者による1回戦の勝者と顔を合わせる。

ベルディフは、3回戦で第15シードのA・セッピ(イタリア)、準々決勝では2005年にベスト4入りしているR・ガスケ(フランス)との対戦が濃厚。そのガスケは、3回戦で第9シードのM・チリッチ(クロアチア)と激突する可能性が高く、ベルディフと対戦するためには、まずはチリッチの壁を乗り越える必要がある。

《モンテカルロ・マスターズ シングルス対戦表》


■関連記事■

《錦織が今後のスケジュールを発表》

《フェレール内容明らかにされず、フェデラーはトレーニング◇モンテカルロ・マスターズ》

《誤解についてフェデラー「これ以上、話はしたくない」◇スイス・インドア》

《ナダル、目指すは大会9連覇◇モンテカルロ・マスターズ》

《右足首不安のジョコビッチ「とても前向き」◇モンテカルロ・マスターズ》


■関連動画■

《ナダルがハードコートで完全復活!そして、モナコとリュビチッチを大特集!ATP男子ツアーマガジン Vol.163》

《フェデラーが考えるトップ4とは!?さらに元世界2位のベテランのハース、過酷な現役生活を語る!ATP男子ツアーマガジン Vol.163》

《ナダルが圧巻のプレーで2週連続優勝を狙う!ATP男子ツアーマガジン Vol.161》

《フェデラーにインタビュー、ナダルは復帰後の優勝なるか!?ATP男子ツアーマガジン Vol.159》

《ナダルの復帰戦を特集!ATP男子ツアーマガジン Vol.15》

(2013年4月15日8時32分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

7月19日

ジョコ時代終焉払拭の復活V (15時45分)

チェッキナートは辛勝で8強 (14時00分)

ジョコ復活記念キャンペーン (12時30分)

839位マレー 次戦はシティOP (11時43分)

シード勢 早期敗退が相次ぐ (10時52分)

7月18日

シュワルツマン 初戦敗退 (22時22分)

東レ2018にトップ10から3選手 (19時48分)

連覇狙うフェレール 初戦突破 (19時32分)

全米OP 賞金総額59億円に (18時34分)

錦織 チャンとエキシビション出場 (17時51分)

NextGen最終戦ランキング (16時05分)

ベルダスコ 3年連続の2回戦へ (14時00分)

最終戦ランク 錦織トップ10へ (11時01分)

アンダーソン 自己最高位更新 (10時01分)

7月17日

メイヤー 2年連続初戦敗退 (19時11分)

土居美咲 ホノルル複でV (18時34分)

藤原里華、複でブシャール撃破 (17時28分)

ダニエル 逆転で敗れ初戦敗退 (16時21分)

守屋宏紀 CH初戦突破ならず (14時00分)

セリーナ 153位のランクアップ (11時00分)

大坂18位 日本勢世界ランク (10時00分)

7月16日

日比野菜緒 ホノルルでV (19時35分)

錦織20位 日本勢世界ランク (17時02分)

ジョコ TOP10返り咲き (15時32分)

Vジョコ「長い道のりだった」 (14時03分)

錦織 世界ランク20位へ浮上 (12時01分)

ルール改定の話し合い求む (11時08分)

ペヤ/メリチャー組が初優勝 (10時28分)

上地 ウィンブルドン複5連覇 (9時52分)

ジョコ 3年ぶりに芝食べる (7時22分)

ジョコ 苦しい時期乗り越えV (2時10分)

ジョコ 3年ぶり4度目V (0時30分)

【1ポイント速報】ジョコvsアンダーソン (0時29分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!