- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【コラム】ナダルを打ちのめした恐ろしい男◇第4弾 2012新星選手シリーズ その2

男子テニスで、UPSETS OF THE YEAR(年間番狂わせ試合)1位にウィンブルドン2回戦でR・ナダル(スペイン)L・ロソル(チェコ共和国)に敗れた試合が選出された。本日も今年に入り世界に名を広めた選手として、ナダルを破ったロソルに焦点を当てて、ご紹介します。

当時、世界ランク2位だったナダルはウィンブルドンで過去2度の優勝を果たしていた。大波乱に見舞われたナダルはロソルに敗れたことにより、グランドスラムで第2シードの選手が2回戦で敗退するのは、2005年の全仏オープンでA・ロディック(アメリカ)が敗れて以来となる。またウィンブルドンでは、2002年のM・サフィン(ロシア)以来10年ぶりのこととなった。

ナダルを撃破したはロソルは、現在27歳で2004年にプロへ転向。下部大会などを回り続けるも、なかなかトップ100の壁を越えることができずにいたが、2011年の6月に100位以内に入り、同年の8月には自己最高ランキングとなる65位を記録した。

ロソルは、身長196cmを生かした強烈なサーブと、ベースラインからのラリー戦を軸とするプレーヤー。だが、リスクを犯すショットが多いため、凡ミスを重ねてしまい、敗退することが多かった。

だが、ウィンブルドン2回戦ナダルとの試合はなにかが違った。

この試合でロソルは、ファーストサーブが入った時に82パーセントの確率でポイントを奪い、サービスエースの数は22本だった。さらにナダルの強烈なスピンのかかったショットに対し、常にウィナーを狙いにいく勢いで魂の入ったショットを打ち続け、3時間18分で大波乱を演じた。

試合後、ロソルは「驚いたどころではない。僕にとっては奇跡のようなもの。こんなことは想像すらしたことはなかった。本当に満足している。まだ言葉が見つかないし、信じられない。」と、コメントしていた。

《「ウィンブルドン2回戦 ロソル vs ナダル戦」はこちら》

まるで、2003年の全仏オープンでM・フェルケルク(オランダ)R・シュトラー(ドイツ)C・モーヤ(スペイン)G・コリア(アルゼンチン)などを次々と撃破し、決勝まで一気に勝ち上がるようだった。

しかし、3回戦のP・コールシュライバー(ドイツ)戦でストレートであっけなく敗れてしまった。ナダルになぜ勝利できたのかと疑問を持ってしまうほど、2回戦の勢いがなかった。

《「ウィンブルドン3回戦 ロソル vs コールシュライバー戦」はこちら》

その後、全米オープンでは予選3回戦で敗退、スロバキアで行われたチャレンジャー大会で優勝し、今シーズンの世界ランクを73位で終えた。

ナダル戦のように、神が降りたようなテニスを2013年も発揮できるかが見物である。

【新星選手シリーズ その3は、明日12月9日(日)】

■過去のコラムはコチラ■
《「フェデラーを脅かし、クレイステルスを破った若手達◇第4弾 2012新星選手シリーズ その1」はこちら》

《「フェデラー、王者奪還なるか◇第3弾 2012フェデラーシリーズ その1」はこちら》

《「フェデラーに神が降りる◇第3弾 2012フェデラーシリーズ その2」はこちら》

《「フェデラー「グランドスラムで優勝したくらいの感情」◇第3弾 2012フェデラーシリーズ その3」はこちら》

《「フェデラー、勢い止められずタイトル逃す◇第3弾 2012フェデラーシリーズ その4」はこちら》

《「貴公子フェレーロ、やっと手にしたビッグタイトル◇第2弾 2012引退シリーズ その1」はこちら》

《「完璧主義者のフェレーロ、最後は涙のフィナーレ◇第2弾 2012引退シリーズ その2」はこちら》

《「ロディック、ギルバートと手を組み栄冠◇第1弾 2012引退シリーズ その1」はこちら》

《「ロディックに「フェデラー」という壁が立ちはだかる◇第1弾 2012引退シリーズ その2」はこちら》

《「フェデラー最大の被害者となったロディック「自分がどう感じるかが重要」◇第1弾 2012引退シリーズ その3」はこちら》

(2012年12月8日15時52分)




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!