- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

勢い衰えないヤノヴィッツが決勝進出◇BNPパリバ・マスターズ

男子テニスのマスターズ・シリーズであるBNPパリバ・マスターズ(フランス/パリ、賞金総額242万7975ユーロ、インドアハード)は土曜日に準決勝を行い、3回戦で世界ランク3位のA・マレー(英国)を下して波に乗るJ・ヤノヴィッツ(ポーランド)が地元期待のG・シモン(フランス)を6-4, 7-5のストレートで下し、メジャーな大会でノーシードながら決勝に勝ち進んだ。

今大会で予選勝者の選手が決勝に進出したのは8年ぶりのこと。

ヤノヴィッツは今季が始まった時点ではフューチャーズの大会を回っていた。しかし今シーズン、次第にランキングを上げ、今大会で一騎に開花した。これまで世界ランク19位のP・コールシュライバー(ドイツ)、15位のM・チリッチ(クロアチア)、3位のマレー、9位のJ・ティプサレビッチ(セルビア)、20位のシモンといった並み居る強豪に連勝して勝ち残ってきた。

10カ月前、ヤノヴィッツは全豪オープンに参加するための資金もスポンサーもない状態だった。

それについてヤノヴィッツは「全豪の予選でプレーできるだけのランキングがあったのに参加できず、怒りを覚えていた。全豪はテニスでもっとも大切な大会である四大大会の1つであるにも関わらずだよ。でもそれでさらにモチベーションが湧いたんだ。来年までにはこんな状況から脱していよう、と誓ったのさ。」と述べている。

21歳のヤノヴィッツは迷信深いところがあり、次のように話している。「試合前には痛み止めを飲んでいるから、明日もそうするつもりさ。壊れてボロボロの古いバックを使っているけど、明日もこのバックを使う。両親にはテレビで観戦してもらうんだ。」

ヤノヴィッツはシモンから勝利を収めた後、シモンと握手すると、勝利の雄叫びをあげ、コートに倒れ込んだ。ヤノヴィッツは今回初めてマスターズ大会に出場しており、マスターズ初参加の選手が決勝に進んだのは12年ぶりのこと。その12年前の2000年にはH・レビ(イスラエル)がトロントのマスターズの大会でM・サフィン(ロシア)に敗れたものの準優勝を飾っていた。

試合後、ヤノヴィッツは「思考がうまくまとまらないけど、様々な感情が渦巻いているよ。マッチポイントを手にしたとき、少し変な気分がしていた。」と振り返っていた。

ヤノヴィッツは先月のモスクワの大会でATPツアー初のベスト8入りを果たしており、今回はそれに続く大躍進となっている。

一騎に故郷ポーランドのスターとなったヤノヴィッツは「僕の家に隣接する通りは完全に封鎖されたんだ。10台ほどのテレビ局の車が来ているらしい。僕の家に誰もたどり着けない状態なんだって。」と話した。

「この決勝の後には条件のよいスポンサーをみつけることができると思う。そうすればもう資金のことを考えなくてもよくなるね。」

ヤノヴィッツの活躍はポーランド大統領の耳にも届いているようだ。大統領から連絡があったかどうかの質問に対してヤノヴィッツは「質問に答えるべきか分からないけど、おそらくイエス、と言っておこう。」と話している。

今回の活躍でヤノヴィッツは最新の世界ランキングでトップ30入りを果たす。年初のランキングは221位だった。

今季、予選勝者の選手が優勝したのは1月のシドニーの大会のみで、J・ニエミネン(フィンランド)が予選を勝ち上がってタイトルを獲得している。

ヤノヴィッツは決勝戦で第4シードのD・フェレール(スペイン)と対戦する。フェレールは準決勝で地元出身のM・ロドラ(フランス)を7-5, 6-3で退けての勝ち上がり。

第1セットのフェレールは格下のロドラに大苦戦、10本のブレークポイントを握られたもののいずれも跳ね返すと、5−5から2ゲームを連取し、何とかこのセットを7−5で先取する。ロドラは準決勝まで1度もサービスゲームを落としていなかったが、第1セットの第12ゲームで初めてサービスをブレークされた。

トップ100圏外の選手として2003年のA・パベル(ルーマニア)以来となるマスターズ決勝進出を目指したロドラだったが、第1セット終盤から疲れをみせ始め、簡単なボールをミスするなど、自滅する格好となった。

第2セットに入るとフェレールは第1、3ゲームでロドラのサービスのブレークに成功、3−0とリードを重ねる。ロドラは腰に違和感を感じてトレーナーのマッサージを受けるが、フェレールの勢いはとどまらず、最後はロドラのドロップショットに対してフェレールがクロスのウィナーを決め、試合に終止符を打った。

試合後、ロドラは「第1セットではとても高いレベルのテニスができていただけに敗退は残念だ。」と肩を落としていた。

フェレールは決勝で自己ベストとなるシーズン7勝目を目指す。7勝を達成すればR・フェデラー(スイス)の6勝を抜くことになる。

決勝戦が失うものは何もない相手との戦いになったことについてフェレールは「対戦相手はとても好調なので非常に難しい試合になるだろう。でも優勝は僕にとって、僕のキャリアにとってとても大切なんだ。」と話している。

今大会の優勝賞金は47万9000ユーロ。

(翻訳/森田系太郎)

(2012年11月4日14時34分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

9月23日

西岡良仁は第8シードに完敗 (18時22分)

錦織 最終戦ランク9位へ後退 (17時38分)

フェデラーら 勝利の喜び語る (14時46分)

ツォンガ 激闘制し4度目V (12時44分)

好調メドヴェデフ 今季3勝目 (12時14分)

大坂4位 23日付世界ランク (9時04分)

錦織 世界ランク8位、23日付 (8時37分)

フェデラーら欧州チームV3 (4時30分)

9月22日

ナダル 炎症でレーバー杯棄権 (19時26分)

大坂V「何か運命のよう」 (16時37分)

大坂 大阪の思い出は「肉まん」 (15時57分)

メドヴェデフ 熱戦制し決勝へ (15時27分)

大坂に完敗「素晴らしい」 (15時05分)

大坂なおみ「大阪Vは格別」 (14時04分)

大坂なおみ 東レPPO初優勝 (13時21分)

【1ポイント速報】大坂vsパブリュチェンコワ (12時02分)

フェデラーとナダルが勝利 (8時48分)

9月21日

フェデラー/ズベレフが勝利 (20時56分)

大坂「錦織が日本テニス牽引」 (19時02分)

土居/ 日比野組 決勝進出逃す (19時01分)

大坂「落ち着いて試合できた」 (17時19分)

大坂なおみ 3度目の決勝進出 (16時57分)

土居美咲 完敗で4強ならず (15時32分)

プイユ ツォンガとの同胞対決へ (15時08分)

【1ポイント速報】大坂vsメルテンス (14時20分)

【1ポイント速報】土居vsパブリュチェンコワ (14時09分)

大坂なおみ4強 天敵に初勝利 (13時58分)

【1ポイント速報】大坂vsプチンセワ (12時03分)

錦織 楽天OPなど欠場を発表 (7時45分)

9月20日

大坂 準々決勝は翌日へ順延 (20時12分)

イズナーらレーバー杯意気込み (17時42分)

快勝ツォンガ 4年ぶりの8強へ (16時57分)

ハチャノフ破り8強「幸せ」 (14時13分)

メドヴェデフ 快勝で8強入り (12時18分)

第1シードのゴファン 初戦敗退 (11時19分)

錦織 MLBカブス戦で始球式 (11時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!