- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

年間1位ジョコビッチに大波乱◇BNPパリバ・マスターズ

男子テニスのマスターズ・シリーズであるBNPパリバ・マスターズ(フランス/パリ、賞金総額242万7975ユーロ、インドアハード)は31日、シングルス2回戦残り11試合が行われ、今季世界ランク1位を確定させていた第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が敗退する大波乱が起きた。その波乱を演出したのはS・クエリー(アメリカ)で、ジョコビッチを0-6, 7-6 (7-5), 6-4の逆転で下した。

今大会、前年度チャンピオンであるR・フェデラー(スイス)が第1シードでエントリーしていたが、直前で欠場を申し入れたため、試合結果に関わらず来週発表の世界ランクでジョコビッチは再び世界1位へ返り咲くことが決まっていた。

今大会のシード選手は1回戦が免除されているため、この日の2回戦が今大会の初戦だったジョコビッチ。2年連続シーズンを世界1位で終えることになった実力を見せるつけるかのようなプレーで、第1セットはクエリーを圧倒。わずか10ポイントしかクエリーに与えず、20分で第1セットを先取した。

続く第2セットも出だしで、ジョコビッチにブレークを奪われたクエリーはゲームカウント0-2とリードされてしまった。しかし、そこから徐々に調子を上げたクエリーは、ブレークバックに成功。第2セットだけで10本ものサービスエースを記録するなど、その後はブレークポイントさえジョコビッチに与えずタイブレークへ持ち込み、このセットを奪い返すと勝敗の行方は第3セットへ。

第3セットでクエリーは5度のブレークピンチに立たされるも、その全てを退け、このセット唯一のブレークをジョコビッチから奪い、2時間1分の大逆転でジョコビッチを下すとともに、昨年10月のバレンシア大会以来となるトップ10選手からの勝利を飾り、自身最大の勝利をあげた。

出だしから8ゲーム連続で奪われたことを聞かれたクエリーは「ちょっと恥ずかしかった。自分のトレーナーとその奥さん、そしてガールフレンドが座っている席の近くへ行ってこう言ったんだ。“このセットで何とか2ゲーム取れることを願うよ”って。そして2ゲームを取った後は気持ちが落ち着いて、自分自身へこう言い聞かせたんだ。“OK、これが望んでいた全てさ”ってね。」と、開き直っていた気持ちを明かした。

続けて「徐々に調子が上がってきて、だんだん自信もついてきた。サーブの調子もどんどん良くなったんだ。だから、より攻撃的なプレーをすることができるようになっていた。」と、試合を振り返った。

クエリーは、今大会第15シードで出場している錦織圭(日本)と今季2度対戦し、いずれもクエリーが勝利していたことでも話題となった。

この日はハロウィンだったため、ジョコビッチはダースベーダーのマスクを被ってコートに登場していた。この日の敗戦で今季の成績を70勝12敗としたジョコビッチは「サム(クエリー)は本当に良いプレーをしていた。とても良いサーブを打っていたよ。」と、敗戦に落胆の色を隠せなかった。

クエリーは3回戦で、第14シードのM・ラオニチ(カナダ)とのビッグサーバー対決に臨む。この日ラオニチはJ・シャーディ(フランス)を6-7 (4-7), 7-6 (7-4), 6-3の逆転で下しての勝ち上がり。

この日行われた試合結果は以下の通り。

S・クエリー ○-× N・ジョコビッチ (2), 0-6, 7-6 (7-5), 6-4
A・マレー(英国) (3) ○-× P・H・マチュー(フランス), 7-5, 6-3
D・フェレール(スペイン) (4) ○-× M・グラノジェルス(スペイン), 6-1, 6-3
J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン) (7) ○-× A・ファリャ(コロンビア), 6-2, 6-2
J・ティプサレビッチ(セルビア) (8) ○-× I・セイスリン(オランダ), 6-4, 7-6 (7-0)
J・モナコ(アルゼンチン) (9) ○-× G・ディミトロフ(ブルガリア), 7-6 (7-4), 6-2
M・ロドラ(フランス) ○-× J・アイズナー(アメリカ) (10), 6-4, 7-6 (7-5)
N・アルマグロ(スペイン) (11) ○-× A・ラモス(スペイン), 7-6 (7-1), 6-7 (4-7), 6-3
K・アンダーソン(南アフリカ) ○-× R・ガスケ(フランス) (12), 7-6 (7-5), 4-6, 6-1
M・ラオニチ (14) ○-× J・シャーディ, 6-7 (4-7), 7-6 (7-4), 6-3
G・シモン(フランス) ○-× V・ハネスク(ルーマニア), 7-5, 6-3

今大会の優勝賞金は47万9000ユーロ。

(翻訳/弓削忠則)

(2012年11月1日10時34分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

2月25日

錦織圭の新コーチ”ヨハンソン”とは (18時21分)

29歳でツアー初V「奇跡だと思う」 (16時07分)

ダニエル太郎 初戦でデミノーと激突 (15時31分)

予選勝者が第2シード撃破し決勝へ (14時57分)

マレー 南米テニスに「MSやるべき」 (14時09分)

西岡良仁 完勝でアカプルコ本戦に王手 (12時54分)

望月慎太郎 ヒジカタと熱戦も予選敗退 (12時38分)

【1ポイント速報】西岡良仁、望月慎太郎 予選1回戦 (9時51分)

逆転勝ちでキャリア最大タイトル獲得 (9時19分)

激闘の第1セット制しツアー6勝目 (8時34分)

錦織 新コーチは元全豪王者に (7時31分)

2月24日

フェデラーをフォア史上3位に (22時59分)

汚職防止規則違反で15カ月出場停止 (21時56分)

ナダルとアルカラスに次ぐ4強 (19時24分)

ラケット叩きつけに「滅多にない」 (18時37分)

3時間半超え死闘の末ズベレフ撃破 (17時25分)

イタリア人女子5人目の決勝進出 (16時09分)

昨年Vチチパス撃破 ルード決勝へ (14時58分)

17歳の躍進止める、予選勝者が4強へ (14時42分)

予選から出場し世界1位撃破、初の決勝へ (13時36分)

ジョコとナダルまさかの同乗!? 写真公開 (11時31分)

西岡良仁&望月慎太郎 初戦の相手決定 (10時38分)

18歳が快進撃で決勝進出「言葉ない」 (9時15分)

女王敗退 3年半ぶりに予選勝者に屈す (7時42分)

2月23日

昨年Vアルカラス出場「楽しみ」 (22時46分)

過密日程が影響、体調不良で棄権 (20時27分)

12度BPセーブ 苦戦もズベレフ4強 (19時11分)

女王が7連勝、全豪準Vを撃破 (18時09分)

錦織圭に並び17歳6カ月で8強 (17時15分)

2連覇目指すチチパスが4強 (16時41分)

ガウフが主審に猛抗議、父「娘は誇り」 (15時32分)

17歳の超新星フォンセカが8強へ (15時05分)

元世界2位の決意 テニスへ「全てを捧げる」 (13時51分)

予選からガウフ撃破し4強へ (12時31分)

37歳モンフィス 大会最年長で4強入り (11時03分)

マレー&ルブレフ撃破の18歳が4強へ (10時02分)

母国への侵攻 歌で苦しみ表現 (8時29分)

綿貫「治療に専念」膝の負傷明かす (7時19分)

【動画】3度目の正直!トンプソン初優勝の瞬間 (0時00分)

【動画】まるでサーカス!メンシークとモンフィスのスーパーラリー! (0時00分)

2月22日

レジェンド審判が死去、悲しみ広がる (23時10分)

フェデラー 華麗なプレー公開にファン歓喜 (22時05分)

完敗の西岡良仁「苦しい試合」 (20時05分)

元世界4位に罰金850万円、賭博規則違反 (19時08分)

【出場選手一覧】ジョコらマイアミOP (17時44分)

【出場選手一覧】大坂なおみらマイアミOP (16時50分)

20試合目で”天敵”以外に初黒星 (15時30分)

対トップ20は13連勝 上位勢に負けないシフィオンテク (14時54分)

西岡良仁 ズベレフに完敗で8強ならず (13時24分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsズベレフ (11時58分)

【特典あり】アンケート開催中 テニスとストレッチ (11時55分)

17歳 期待の逸材がツアー初勝利 (11時19分)

捻挫で離脱へ Pt失効多い来月に間に合うか (10時44分)

年齢差2倍 マレーとの死闘制し8強 (9時09分)

錦織「Working hard!」練習動画公開 (8時00分)

ルーネとムラトグルー 再タッグ発表 (7時22分)

【動画】ヨハンソンvsサフィン 2002年全豪OP決勝 (0時00分)

【画像】ジョコビッチとナダルが同じ飛行機に!公開された笑顔の2ショット写真 (0時00分)

【動画】ラケットを叩きつけるシフィオンテク (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!