- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

王者フェデラー、プレッシャー感じる◇全米オープン

テニスのグランドスラム、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は大会初日の27日、男子シングルス1回戦が行われ、アーサーアッシュ・スタジアムのナイトマッチ、最後の試合に登場したのが第1シードのR・フェデラー(スイス)で、地元の声援を受けるD・ヤング(アメリカ)に6-3, 6-2, 6-4と勝利、2回戦へ駒を進めた。

フェデラーのサービスゲームで始まったこの試合、出だしは両者サービスキープが続く。自身のサービスゲームで81パーセントと高い確率でポイントを獲得したフェデラーはヤングにブレークポイントを1度も握らせなかった。

ゲームカウント4−3の場面でフェデラーはヤングからブレークに成功、続く自身のサービスゲームをキープし、第1セットを27分で先取した。

第2セットの第3ゲームでブレークされ再びリードされたヤングだったが、続くゲームでこの試合唯一のブレークをフェデラーから奪い、ゲームカウント2−2へと戻した。

それでギアが上がったフェデラーは、次のゲームでこのセット2度目のブレークをヤングから奪うなど4ゲーム連取に成功、セットカウント2−0と勝利へ王手を掛けた。

第3セットでも第3ゲームで先にブレークしたのはフェデラー、ゲームカウント3−1とリードを広げた。このセット、フェデラーはファーストサーブで100パーセントの確率でポイントを獲得するなど、ヤングにブレークさせる隙を与えなかった。ゲームカウント5−4のサービング・フォー・ザ・マッチでは、強烈なサーブを叩き込み、ヤングのフォアハンドのリターンがアウト。フェデラーは1時間31分で初戦突破を果たした。

「全米オープンはいつも自然でいられる場所。そしていつも楽しみにしている場所なんだ。最高のプレーが出来る場所だと感じている。」と、フェデラーはこの大会への想いを語っていた。

「プレッシャーは大きかった。なぜなら自分が勝つであろうと皆思っていたから。でも彼(ヤング)はとても良いテニスをしてきた。彼は今年スランプ気味だったけど、こうして良いテニスを取り戻せて良かったと思う。そして自分もこのテニスを続けたい。」

大会会場であるニューヨークのフラッシングメドウズでは飛行機や周囲の音などで集中が妨げられる事がしばしば見受けられる事で知られている。そんな状況についてフェデラーが言及している。

「妨げになるものがたくさんある。コート上で集中が切れると気持ちがどこかへ行ってしまいこともある。そんな妨げになるものだってチャレンジさ。飛行機の音や周囲の騒音に風、湿気、早い試合から夜遅い試合まで。それもこれも経験が何とかしてくれるもの。」と、フェデラー。

2回戦でフェデラーは予選を勝ち上がったM・オートム(ベルギー)を6-2, 4-6, 6-4, 7-6 (7-5)で下したB・パウ(ドイツ)と対戦する。

この日行われた試合結果は以下の通り。

R・フェデラー (1) ○-× D・ヤング, 6-3, 6-2, 6-4
A・マレー(英国) (3) ○-× A・ボゴモロフJR(ロシア), 6-2, 6-4, 6-1
M・チリッチ(クロアチア) (12) ○-× M・マトセビッチ(オーストラリア), 5-7, 2-6, 6-4, 6-2, 6-4
G・シモン(フランス) (16) ○-× M・ラッセル(アメリカ), 7-6 (7-4), 3-6, 5-7, 6-4, 6-1
錦織圭(日本) (17) ○-× G・アンドレオシ(アルゼンチン), 6-1, 6-2, 6-4
J・ソック(アメリカ) ○-× F・マイヤー(ドイツ) (22), 6-3, 6-2, 3-2, 途中棄権
M・フィッシュ(アメリカ) (23) ○-× 添田豪(日本), 7-6 (7-3), 7-6 (7-2), 6-3
M・グラノジェルス(スペイン) (24) ○-× D・クドゥラ, 6-3, 4-6, 6-3, 7-6 (7-2)
F・ベルダスコ(スペイン) (25) ○-× R・マシャド(ポルトガル), 6-1, 6-2, 6-4
F・ロペス(スペイン) (30) ○-× R・ハース(オランダ), 6-3, 7-5, 6-2
J・シャーディ(フランス) (32) ○-× F・ボランドリ(イタリア), 6-3, 6-4, 6-3
T・スミチェク(アメリカ) ○-× B・レイノルズ(アメリカ), 1-6, 6-4, 6-2, 4-6, 6-4
N・ダビデンコ(ロシア) ○-× G・ペラ(アルゼンチン), 7-5, 3-6, 6-4, 6-2
I・ドディグ(クロアチア) ○-× 守屋宏紀(日本), 6-0, 6-1, 6-2
D・ブランズ(ドイツ) ○-× A・ウングル(ルーマニア), 7-6 (7-4), 6-4, 7-6 (7-5)
B・パウ ○-× M・オートム, 6-2, 4-6, 6-4, 7-6 (7-5)
J・ブレーク(アメリカ) ○-× L・ラコ(スロバキア), 7-5, 6-2, 3-6, 6-3
A・ラモス(スペイン) ○-× R・ジネプリ(アメリカ), 6-7 (3-7), 7-5, 6-4, 6-0
P・H・マチュー(フランス) ○-× I・アンドレエフ(ロシア), 2-6, 4-6, 7-6 (7-1), 7-6 (7-4), 6-1
F・チポッラ(イタリア) ○-× B・カブチッチ(スロベニア), 6-4, 7-6 (7-5), 3-6, 6-3
M・エブデン(オーストラリア) ○-× 伊藤竜馬(日本), 7-6 (11-9), 6-3, 6-2
M・クリザン(スロバキア) ○-× A・ファリャ(コロンビア), 6-4, 6-1, 6-2
J・ゾップ(エストニア) ○-× D・イストミン(ウズベキスタン), 3-6, 6-3, 6-3, 7-5
R・ラミレス=イダルゴ(スペイン) ○-× S・デウバーマン(インド), 6-3, 6-2, 3-6, 6-4

(翻訳/弓削忠則)

(2012年8月28日16時07分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!