- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ラオニチがストレート勝ちで2回戦へ◇バルセロナ・オープン・サバデル

男子テニスツアーのバルセロナ・オープン・サバデル(スペイン/バルセロナ、賞金総額207万2500ユーロ、クレー)は大会初日の23日、シングルス1回戦13試合が行われ、第11シードのM・ラオニチ(カナダ)A・ファリャ(コロンビア)に6-4, 7-6 (7-3)のストレートで勝利、2回戦に進出した。

この日の試合では、3度のブレークに成功し、1時間42分で勝利を収めたラオニチは「良い前進です。この数週間、とても良い練習ができていました。特に、先週のモンテカルロでは。だけど、試合では良いプレーが出来なかったのがとても残念でした。」とコメント。

「今日は最高というわけではありませんが、勝ち進むことができて満足しています。もっとできることがあると感じるので、次の試合に進めて良かったです。ファリャは良い選手ですし、僕のサーブが勝利の鍵でした。」

21歳のラオニチは今季、シーズン開幕戦のチェンナイ・オープンと2月に行われたSAPオープンでタイトルを獲得している。

「僕の目標は次の試合に勝つことです。向上することが最も大切なことですが、もっと勝利するチャンスも欲しいです。」と語ったラオニチは、I・アンドレエフ(ロシア)D・ジャンケラ(アルゼンチン)の勝者と2回戦で対戦する。

先週行われたモンテカルロ・マスターズでベスト8に進出する活躍を見せたR・ハース(オランダ)は、S・ブブカと対戦。6-1, 3-2とリードしたところでブブカが足首の負傷のために棄権したため、2回戦に進出している。

今年で10度目の今大会出場となるJ・ニエミネン(フィンランド)は、J・マルティ(スペイン)に6-4, 6-1のストレートで快勝、初戦突破を決めている。

今大会の上位8シード選手は1回戦が免除されており、第1シードのR・ナダル(スペイン)、第2シードのA・マレー(英国)、第3シードのD・フェレール(スペイン)、第5シードのJ・ティプサレビッチ(セルビア)、第6シードのN・アルマグロ(スペイン)、第7シードのF・ロペス(スペイン)、そして第8シードの錦織圭(日本)は2回戦からの登場となる。

第4シードとして今大会に出場する予定だったT・ベルディフ(チェコ共和国)は、腹筋の負傷を理由に今大会から棄権、代わって第9シードのF・ベルダスコ(スペイン)が2回戦からの登場となる。

この他のシングルス1回戦の結果は以下の通り。

S・ヒラルド(コロンビア) ○-× D・イストミン(ウズベキスタン) (18), 7-6 (7-3), 6-4
J・ソウサ ○-× I・クニツィン(ロシア), 7-6 (7-5), 6-3
S・ダルシス(ベルギー) ○-× A・ゴルベフ(カザフスタン), 4-6, 7-6 (7-2), 7-6 (7-5)
F・デルボニス ○-× A・ベデネ, 6-3, 7-5
F・クライノビッチ ○-× I・セルバンテス, 6-2, 6-4
E・シュワンク(アルゼンチン) ○-× R・ラミレス=イダルゴ(スペイン), 2-6, 6-4, 6-0
A・モンタネス(スペイン) ○-× G・グラノジェルス=プホル, 7-5, 6-2
E・ロジェ=ヴァセラン(フランス) ○-× S・ロバート(フランス), 6-2, 6-3
S・スタコフスキ(ウクライナ) ○-× E・ドンスコイ, 6-2, 6-3
B・パイユ(フランス) ○-× L・ロソル(チェコ共和国), 6-3, 7-5

今大会の優勝賞金は30万1150ユーロ。

(2012年4月24日10時35分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!