- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

アンダーソンがタイトル獲得◇デルレイビーチ国際テニス選手権

男子テニスツアーのデルレイビーチ国際テニス選手権(アメリカ/デルレイビーチ、賞金総額44万2500ドル、ハード)は4日、シングルス決勝が行われ、第7シードのK・アンダーソン(南アフリカ)M・マトセビッチ(オーストラリア)に6-4, 7-6 (7-2)で勝利、キャリア通算2勝目のタイトルと優勝賞金7万5780ドルを手に入れた。

25歳のアンダーソンはこの日の勝利でツアー決勝での戦績を2勝1敗にするとともに、昨年のヨハネスブルグ大会以来となるタイトル獲得となった。

「信じられない気持ちです。アメリカでは初めてのタイトルです。南アフリカからは離れていますが、ここは第2の故郷のようです。週末には妻も来てくれました。」

3度のブレークで第1セットを先取したアンダーソンは、第2セットで8本ものブレークチャンスを逃してしまうが、タイブレークでマトセビッチを突き放し、1時間57分でタイトルを獲得した。

準々決勝でA・ロディック(アメリカ)、準決勝ではJ・アイズナー(アメリカ)と並み居る強豪を破っているアンダーソンは「序盤は2人とも緊張していましたし、リズムを見つける必要がありました。振り返ってみれば、大会を通してメンタル的に落ち着いていたと思います。悪いプレーでも精神的に問題にはなりませんでした。」と、コメントをしている。

世界ランク173位のマトセビッチは、今大会では予選から決勝まで勝ち進んできたが、今季開幕戦のJ・ニエミネン(フィンランド)のように予選からのタイトル獲得とはならなかった。

予選から8試合を戦い抜いたマトセビッチは「エネルギーのレベルがとても低くなっています。今日はサーブを上手く打てませんでしたが、ケヴィンが称賛されるべき。今日は彼の方が優れていました。」と、敗戦を受け入れていた。

今大会では2008年に錦織圭(日本)が予選から出場、自身初となるタイトルを獲得していた。

(2012年3月5日11時33分)

その他のニュース

1月21日

【告知】全豪OP 日本勢1回戦 (8時00分)

1月20日

ジョコ 900勝達成で初戦突破 (21時51分)

【1ポイント速報】ジョコvsシュトルフ (21時20分)

バーティ 序盤苦戦も初戦突破 (19時30分)

今大会で引退 快勝で初戦突破 (17時04分)

セリーナ 19度目の初戦突破 (16時25分)

15歳ガウフ 全豪OP初勝利 (15時42分)

西岡勝利「負けられない」 (15時42分)

大坂「前年V精神ではない」 (14時54分)

フェデラー 21年連続初戦突破 (13時55分)

西岡 全豪OP4年連続初戦突破 (12時02分)

【1ポイント速報】フェデラーvsジョンソン (12時00分)

大坂 全豪5年連続の初戦突破 (10時38分)

【1ポイント速報】大坂vsブズコバ (10時28分)

錦織 世界ランク18位へ後退 (8時03分)

大坂 初戦へ向け最終調整 (7時26分)

1月19日

キリオス「切り替え簡単じゃない」 (18時13分)

21歳アンベール 悲願の初V (14時45分)

バーティ 今季初Vで全豪に弾み (11時16分)

2週連続でV「素晴らしい」 (10時05分)

1月18日

西岡 初戦相手は「謎」 (21時14分)

フェデラー会見 2年ぶりV狙う (14時46分)

守屋宏紀 全豪OP本戦ならず (13時10分)

日比野菜緒 全豪OP本戦入り (12時45分)

大坂 初戦相手「知らない」 (12時33分)

大坂なおみ 新コーチに手応え (12時03分)

修造氏「大坂の力は世界一」 (11時13分)

今季負けなし、2週連続決勝へ (9時35分)

大坂 全豪OP会場で練習 (8時57分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!