- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

新王者ジョコビッチがナダル下し初優勝◇ウィンブルドン

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(英国/ロンドン、賞金総額1460万ポンド、芝)は3日、男子シングルス決勝が行われ、第2シードのN・ジョコビッチ(セルビア)がディフェンディング・チャンピオンで第1シードのR・ナダル(スペイン)に6-4, 6-1, 1-6, 6-3で勝利、ビッグタイトルと優勝賞金110万ポンドを手に入れた。

この日の試合の結果に関わらず、世界ランク1位になることが決まっていたジョコビッチは、自身初となるウィンブルドンでのタイトルを獲得すると共に、ナダルに対し今シーズン5連勝を達成した。

試合終了後、ナダルとネット越しに握手を交わしたジョコビッチは、コート上にしゃがみこむと、芝をつまみとり、それを口でくわえた。

「人生最高の日と言う以外に、この気持ちを言い表すことは難しいです。人生で最も特別な日になりました。この大会は大好きですし、いつでも優勝することを夢見ていました。人生で初めて見たテニス大会です。」と語ったジョコビッチは、優勝トロフィーを受け取る前に、自らのラケット3本を客席に投げ入れていた。

今大会の決勝に進出した時点で世界ランク1位になることが決まっていたジョコビッチは、今シーズン開幕から41連勝を達成、全豪オープンを含む7大会でタイトルを獲得していたが、全仏オープン準決勝でR・フェデラー(スイス)に敗れていた。

この日の勝利によって今季の成績を48勝1敗としたジョコビッチは、今季5大会の決勝でナダルと対戦しているが、その全てでナダルに勝利、さらにキャリア初となるグラスコートでのタイトルがウィンブルドンとなった。

セルビア大統領をはじめ、歴代のチャンピオン達がロイヤルボックスで見守る中、マッチポイントでナダルのバックハンドがベースラインを割ると、ジョコビッチはその場でコートに倒れこんだ。

「世界最高の選手で、この3年で2度も今大会で優勝しているナダルと対戦、さらに彼はグランドスラムでのビッグマッチでいつも僕に勝っていましたから、最高のプレーをする必要がありました。ベストのテニスができたと思いますし、グラスコートで本当に最高のプレーでした。」

この日の試合でジョコビッチは、俊敏なフットワークと精確なグランドストロークでナダルから第1セットと第2セットを先取すると、第3セットはナダルの反撃を許したものの、第4セットでは再びナダルを突き放した。

2008年と2010年に今大会を制しているナダルは、ここまで20連勝を達成していた。2009年は怪我のために欠場していたが、ここ6年で5度目の決勝進出だった。

グランドスラム10勝を誇るナダルは「再びこの決勝に進出するのは夢でした。今日は無理でした。いつものようにベストを尽くしましたが、今日は僕よりも優れた選手がいました。来年、またトライします。」と、来年の雪辱を誓った。

また、ナダルがグランドスラム決勝でフェデラー以外の選手に敗れるのは、今回が初めてのこと。

「2008年に初めて優勝した時は、とても感情が高ぶりましたから、今日の彼の気持ちが良くわかります。今日は特別な日ですし、彼を祝福したいと思います。」と、ナダルは新しいチャンピオンへの賛辞を惜しまなかった。

(2011年7月4日3時27分)

その他のニュース

6月19日

芝前哨戦 雨のため順延に (10時07分)

フェデラー 快勝で初戦突破 (8時45分)

6月18日

大坂なおみ 今季芝初戦は白星 (23時47分)

【1ポイント速報】大坂vsサッカリ (22時46分)

奈良 惜しくも本戦出場逃す (19時16分)

約2カ月ぶりの初戦突破 (17時05分)

約3カ月ぶり復帰戦は白星 (16時53分)

錦織6位 6/17最終戦ランク (11時44分)

大坂、初戦は「最も難しい」 (10時50分)

「結果出したい」ズベレフ勝利 (7時47分)

6月17日

「今は続けたい」とマレー (19時08分)

錦織7位 17日付日本勢ランク (17時22分)

ガルシア 1日2試合を制し初V (16時24分)

「感謝」7度目挑戦で悲願の初V (14時54分)

添田豪 CH決勝進出ならず (13時46分)

大坂 1位キープで次戦へ (11時52分)

チリッチ 芝へ向けコーチ招へい (10時55分)

快勝で今季2度目V 「満足」 (10時07分)

錦織7位 6/17世界ランク (8時19分)

6月16日

チチパス 初戦は世界29位と (18時34分)

地元V狙い決勝へ「うれしい」 (17時31分)

日比野 ストレート負けで4強逃す (16時47分)

今季2度目Vへ「ベスト尽くす」 (15時29分)

添田豪、快勝でCH4強へ (14時01分)

マレー 復帰戦のドロー決定 (12時04分)

フェデラー 初戦は世界56位に (10時55分)

棄権ラオニッチ「申し訳ない」 (10時05分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!