- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織は3回戦で敗退◇全豪オープン

テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は大会5日目の21日、男子シングルス3回戦が行なわれ、ナイトセッションに登場した錦織圭(日本)は、第9シードのF・ベルダスコ(スペイン)に2-6, 4-6, 3-6のストレートで敗れ、2008年のUSオープン以来となるグランドスラム4回戦進出はならなかった。

1965年の石黒修(日本)以来、日本男子として46年ぶりとなる3回戦進出を果していた錦織は、初めて対戦する世界ランク9位のベルダスコにオープニングゲームからブレークを許してしまい、ゲームカウント0−3と苦しい立ち上がりとなる。

そこから何とか2ゲームを取り返した錦織であったが、第1セットは結局ベルダスコが奪う。第2セットに突入する直前、錦織はメディカル・タイムアウトを要求し、足の付け根あたりの治療を受ける。

そして始まった第2セット、序盤はお互いにサービスキープの展開が続いたが、第7ゲームで錦織がベルダスコにこのセット唯一のブレークを許してしまうと、そのリードを守りきったベルダスコがきっちりと逃げ切り、ベルダスコの2セットアップとなる。

そして第3セット、何とか逆転のきっかけを掴みたい錦織は3本のブレークチャンスを迎えたものの、ベルダスコに粘られブレークできず。逆にベルダスコが先にブレークに成功すると、第9ゲームでもブレークを許し敗退となった。

この試合で錦織は、エラーの数こそベルダスコの30本に対し27本と上回ったが、ウィナーの数では錦織の15本に対しベルダスコが36本と大きく水をあけられてしまった。

3年連続となる4回戦進出を決めたベルダスコは、第6シードのT・ベルディフ(チェコ共和国)とベスト8入りをかけて対戦する。ベルディフは、第28シードのR・ガスケ(フランス)を6-2, 7-6 (7-3), 6-2のストレートで下し、4回戦進出を決めている。

この日も上位陣に波乱はなく、第2シードのR・フェデラー(スイス)X・マリス(ベルギー)を6-3, 6-3, 6-1で、第8シードのA・ロディック(アメリカ)R・ハース(オランダ)を2-6, 7-6 (7-2), 6-2, 6-2で下し、順当に4回戦進出を決めている。

(2011年1月21日20時15分)

その他のニュース

11月29日

YouTube 全日本V中川直樹と対談 (21時02分)

ナダルとマレーの死闘を特集 (16時17分)

ペールが17歳新星に黒星 (15時55分)

ティーム 幼少期のプレー公開 (14時02分)

大坂登場 ナイキが新動画発表 (12時15分)

内田海智 逆転でCH初戦突破 (10時41分)

ジョコ 娘の名前の由来明かす (8時38分)

11月28日

複1位ペアが取組む支援を特集 (15時52分)

大坂戦 今季ベストマッチ候補に (14時43分)

プリスコバ 新コーチにバイン氏 (13時29分)

キリオス 食糧支援は「恩返し」 (11時59分)

ITF Jr新大会 WC争いが終了 (10時21分)

日本リーグの中止が決定 (9時01分)

11月27日

ティーム 東京五輪出場を明言 (16時38分)

YONEX 第7回Jrキャンプ開催 (14時54分)

ペンギン型振動止め 終了間近 (13時58分)

YouTube 尾崎里紗にインタビュー (11時58分)

ITF Jr新大会、WCかけ熱戦 (11時42分)

西岡良仁のイベントが開催 (10時44分)

マラドーナ氏との思い出綴る (9時18分)

ハチャノフ、コロナ陽性を報告 (7時33分)

11月26日

ビッグ3の年間最終ランクに注目 (16時00分)

マレーら 各分野最高の選手選出 (12時32分)

手術後のリハビリ動画を公開 (11時26分)

マドリッドOP 開催期間2週間に (10時13分)

マラドーナ氏急逝、選手ら追悼 (8時03分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!