- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

クレイステルスが完勝で2回戦進出◇全豪オープン

テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は大会2日目の18日、女子シングルスのボトムハーフ1回戦が行なわれ、昨年のUSオープン覇者である第3シードのK・クレイステルス(ベルギー)が、元世界ランク1位のD・サフィーナ(ロシア)に6-0, 6-0で完勝、2回戦に駒を進めた。

今大会では2004年に準優勝の経験があるクレイステルスは、2009年の準優勝者であるサフィーナを全く寄せ付けず、正確にコントロールされたフォアハンドショットをコートに突き刺した。一方のサフィーナは、何度かチャンスの場面はあったものの、ことごとくミスを犯し、自らの手でそのチャンスをつぶしてしまった。

「私はいつも、対戦相手がベストのプレーをしてくると想定しています。」とクレイステルス。「だけど今日の彼女は、間違いなくベストではありませんでした。」

まさかの惨敗を喫したサフィーナは「チェンジオーバーで座っている時、どうやったら彼女に反撃できるか考えていました。私に出来ることは何もありませんでした。恥ずかしいです。」と自虐的に語った。

第2シードのV・ズヴォナレーワ(ロシア)は、S・バンマー(オーストリア)に6-2, 6-1のストレートで快勝、順当に2回戦進出を決めている。

昨シーズンはウィンブルドン決勝でS・ウィリアムズ(アメリカ)に、USオープン決勝ではクレイステルスに敗れ、グランドスラム2大会連続で準優勝に終わっていたズヴォナレーワは、第1セットを31分で先取すると、第2セットに入っても攻撃の手をゆるめず、試合を通して5度のブレークに成功、わずか59分で初戦突破を決めた。

26歳のズヴォナレーワは、2009年の今大会でベスト4に進出している。「初戦からベストのプレーをするのは大変なことです。一番重要なことは、必要なことを実行できたことと、次の試合に勝ち進めたことです。」とコメントし、グランドスラム序盤の戦い方を経験から学んだとした。

この他のシード勢では、地元の期待を背負う第5シードのS・ストザー(オーストラリア)L・デイビス(アメリカ)を6-1, 6-1で、第7シードのJ・ヤンコビッチ(セルビア)A・クドリャフツェワ(ロシア)を6-0, 7-6 (7-5)で下すなど、上位陣は順当な勝ち上がりとなっている。

その一方で、何人かのシード選手が初戦で姿を消した。

2008年の全仏チャンピオンで第19シードのA・イバノビッチ(セルビア)は、E・マカロバ(ロシア)から5本のマッチポイントをしのいだものの6-3, 4-6, 8-10で、第27シードのA・ドゥルゲル(ルーマニア)森田あゆみ(日本)に4-6, 4-6で敗れ去った。

この他の試合の結果は以下の通り。

S・ペア(イスラエル) (10) ○-× M・ヨハンソン(フランス), 6-1, 6-1
A・ラドワンスカ(ポーランド) (12) ○-× クルム伊達公子(日本), 6-4, 4-6, 7-5
N・ペトロワ(ロシア) (13) ○-× K・ペルバク(ロシア), 6-2, 6-1
A・パブリュチェンコワ(ロシア) (16) ○-× K・フリッペンス(ベルギー), 6-4, 7-6 (7-4)
M・キリレンコ(ロシア) (18) ○-× R・オプランディ(イタリア), 6-3, 5-7, 8-6
F・ペネッタ(イタリア) (22) ○-× A・ロディオノワ, 6-2, 6-1
A・クレイバノワ(ロシア) (24) ○-× I・ファルコーニ(アメリカ), 6-1, 6-0
P・クヴィトバ(チェコ共和国) (25) ○-× S・ピアーズ(オーストラリア), 6-2, 6-4
MJ・マルチネス=サンチェス(スペイン) (26) ○-× G・アーン(ハンガリー), 6-3, 4-6, 6-2
L・サファロバ(チェコ共和国) (31) ○-× S・チャン(中国), 7-5, 4-6, 6-1
S・ポン(中国) ○-× K・ボンダレンコ(ウクライナ), 2-6, 6-3, 8-6
C・ガルシア(フランス) ○-× V・レプシェンコ(アメリカ), 7-5, 4-6, 6-3
S・ハレプ(ルーマニア) ○-× A・クレマー(ルクセンブルグ), 6-3, 3-6, 6-2
P・マーティク(クロアチア) ○-× S・ファーガソン(オーストラリア), 7-6 (8-6), 0-6, 6-3
A・モリック(オーストラリア) ○-× R・ビンチ(イタリア), 1-6, 6-3, 8-6
L・ツレンコ ○-× P・シュニーダー(スイス), 6-2, 6-3
A・コルネ(フランス) ○-× C・バンデウェイ(アメリカ), 6-2, 6-1
C・スアレス・ナバロ(スペイン) ○-× C・マーケイル(アメリカ), 4-6, 6-3, 6-4
V・ドゥシェヴィナ(ロシア) ○-× M・カメリン(イタリア), 6-3, 3-6, 6-1
A・チャクエタゼ(ロシア) ○-× O・ゴヴォルツォバ(ベラルーシ), 6-3, 6-4
L・ドミンゲス=リノ(スペイン) ○-× J・ラーソン(スウェーデン), 6-2, 6-1
S・シルステア(ルーマニア) ○-× M・ルチッチ(クロアチア), 6-4, 6-2
K・バロア(ドイツ) ○-× A・アマンムラドワ(ウズベキスタン), 6-4, 6-2
I・ベネソバ(チェコ共和国) ○-× A・メディーナ=ガリゲス(スペイン), 6-0, 6-1
K・ザコパロバ(チェコ共和国) ○-× M・ウダン(アメリカ), 6-1, 3-6, 6-1
B・ヨバノフスキ(セルビア) ○-× K・チャン(台湾), 7-5, 6-1

大会3日目は女子シングルスのトップハーフ2回戦が予定されている。

(2011年1月18日23時41分)

その他のニュース

9月18日

大坂「とても安心した」 (20時36分)

【告知】土居美咲vsヴェキッチ (20時21分)

大坂なおみ 東レ初戦突破 (18時51分)

【1ポイント速報】大坂vsトモワ (17時09分)

土居/ 日比野組が初戦突破 (16時26分)

大坂らトップを支える職人技 (15時15分)

高温多湿に苦戦も初戦を突破 (14時22分)

フェデラー 東京五輪に言及 (12時39分)

好調ルブレフ 苦戦も初戦突破 (11時22分)

ツォンガ 逆転勝ちで初戦突破 (10時33分)

9月17日

穂積/ 二宮組 逆転で初戦突破 (18時54分)

ジョコ1位在位期間 歴代4位 (18時41分)

2010年王者 18歳下し2回戦へ (18時23分)

土居美咲 快勝で初戦突破 (18時06分)

【1ポイント速報】東レPPO1回戦 (16時57分)

ベルダスコ 快勝で初戦突破 (16時25分)

プリスコバ 最終戦出場権を獲得 (16時06分)

日比野菜緒 東レ初戦敗退 (14時34分)

錦織8位 内山は自己最高位に (11時31分)

錦織8位 9/16最終戦ランク (10時38分)

9月16日

錦織8位 16日付世界ランク (19時34分)

プロ6名が大阪でイベント開催 (19時15分)

加藤未唯 複で初戦突破ならず (18時34分)

ジョルジら 東レ初戦突破 (18時02分)

大坂4位 今週は東レPPO出場 (17時03分)

大坂 初戦は世界181位 (15時57分)

完勝でツアー初タイトル獲得 (14時29分)

メドヴェデフ 地元初V狙い出場 (12時21分)

ATPカップ 組み合わせ発表 (11時22分)

プリスコバ 快勝で今季4勝目 (10時15分)

9月15日

内山がチャレンジャー4勝目 (19時58分)

大坂 ジュニア選手とラリー (18時11分)

奈良 熱戦の末に本戦逃す (17時27分)

大坂「優勝したい気持ち強い」 (16時56分)

土居/日比野組がツアー初優勝 (15時43分)

輿石亜佑美が一日警察署長に (13時16分)

日比野が日本人対決制し優勝 (12時54分)

【1ポイント速報】土居vs日比野 (12時49分)

内山が今季2度目の決勝進出 (7時26分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!