- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ペネッタが快勝で2連覇へ好発進◇パレルモ国際女子

女子テニスツアーのパレルモ国際女子(イタリア/パレルモ、賞金総額22万ドル、クレー)は13日、シングルス1回戦残り12試合が行われ、昨年のチャンピオンで第1シードのF・ペネッタ(イタリア)がK・ウォーレに6-3, 6-1と快勝、2回戦へ駒を進めた。

第1セットではウォールから2度のブレークを奪い先取したペネッタは、第2セットでは更にプレーの質を上げ、わずか10ポイントしかウォーレに与えず、そのセットを25分の快勝で奪い連覇へ向けて好スタートを切った。

「今日は本当に暑かった。だから短時間で勝利できて良かったわ。地元でプレーすることは本当に素晴らしいこと。たくさんの理由があるけど、特に観客の声援が何よりね。」とペネッタは、声援を送っていたファンに応えていた。2回戦ではJ・コスタニッチ・トシッチ(クロアチア)を6-0, 6-3で下したR・ボラコバと対戦する。

同じく地元から第3シードで出場のS・エラーニ(イタリア)M・コリツェワ(ウクライナ)を6-2, 6-3と、1時間32分で退けて順当に2回戦進出を決めた。両者は2008年の今大会の決勝戦で対戦しており、その時もエラーニが勝利していた。さらに昨年の1回戦でも対戦しており、その時もエラーニも勝利していた。今大会では3年連続でエラーニが勝利を飾っている因縁の顔合わせとなっていた。

「コリツォワはここパレルモではいつも良いプレーをしているの。だから準備万端で試合へ臨んだわ。今日の勝利は嬉しいし、勝ち続けたい。だって自分はイタリア人だし、ここパレルモが大好きだから。」とエラーニは、試合後に地元のメディアのインタビューに答えていた。

2回戦では予選勝者のM・ルチッチ(クロアチア)と対戦する。ルチッチはP・パルメンティエ(フランス)を7-5, 0-6, 7-6 (9-7)で倒しての勝ち上がり。

その他、第2シードのA・レザイ(フランス)S・ハレプ(ルーマニア)を7-5, 4-6, 6-2のフルセットで下して順当に2回戦へ進んだ。先週行われたスウェーデン女子オープンで優勝して今大会へ乗り込んだレザイは、その勢いのまま第1セットを先取したが、第2セットでは伸び盛りのハレプの反撃を許してしまう。しかし勝敗を決める第3セットでは、格上の意地を見せて勝利を奪い取った。2回戦ではM・デュケ=マリーノ(コロンビア)と対戦する。

その他の試合結果は以下の通り。

M・ザッチ=ペスキリッチ ○-× A・パーラ=サントンハ(スペイン) (7), 7-5, 6-3
J・ジョルジュ(ドイツ) (8) ○-× M・カレガロ, 6-3, 6-2
A・ブリアンティ(イタリア) (9) ○-× A・ルス(オランダ), 7-6 (7-0), 6-2
I・オラル(ルーマニア) ○-× A・ピブバロワ, 6-4, 6-3
N・ヤゴステラ=ビベス(スペイン) ○-× A・グローネフェルド(ドイツ), 6-4, 3-6, 6-1
C・デントニ(イタリア) ○-× M・カメリン(イタリア), 6-2, 6-3
R・オプランディ(イタリア) ○-× K・シュプレム(クロアチア), 5-1 途中棄権

今大会の優勝賞金は3万7000ドル。

(2010年7月14日11時33分)
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!