- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

元王者サフィンが引退、12年のキャリアに幕◇BNPパリバ・マスターズ

試合中に怒り狂い、大声を上げながらラケットを叩きつける姿が愛された元王者のM・サフィン(ロシア)。グランドスラム通算2勝、そしてデビスカップでの優勝という輝かしい実績を残したサフィンが、その12年のキャリアに幕を下ろした。

現在開催中のBNPパリバ・マスターズ3回戦、第5シードのJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)と対戦したサフィンは、この試合に4-6, 7-5, 4-6のフルセットで敗退、プロ選手としての最後の大会を終えた。

「多くの人は僕がハードワーカーじゃないと思っているけど、僕がどれだけテニスに打ち込んでいたかコーチ達に聞いてみるといい。彼らは皆が思っていることと、全く反対のことを言うだろう。」

現在29歳のサフィンが初めて見出しを飾ったのは、1998年の全仏オープンでA・アガシ(アメリカ)G・クエルテン(ブラジル)らを破り4回戦に進出したときだった。その1年後に初のATPタイトルを手に入れたサフィンは、2000年のUSオープン決勝でP・サンプラス(アメリカ)を決勝で破り、初のグランドスラム制覇を成し遂げていた。

2000年11月に世界ランク1位の座を射止めたサフィンであったが、その後は怪我や長い間トップにいることの弊害が彼を苦しめた。2005年の全豪オープンで2度目のグランドスラム優勝を果たすまで、2度のメジャー決勝に進出していたサフィンだが、いずれもそのチャンスを逃していた。

「24-7には本当に辟易していた。これこそ僕が嫌いなもの。多すぎだね。脳みそが休まる暇もないんだよ。一度トップ10になって150位まで落ちることもできるし、そこからカムバックするのは困難だ。とても大変な生活だよ。」

キャリアを振り返ったサフィンは、2つの敗戦の結果だけは変えたいと思っているようだ。「全仏オープン準決勝のJ・C・フェレーロ(スペイン)戦と、全豪オープン決勝のT・ヨハンソン(スウェーデン)戦」と語ったサフィン。この2つの敗戦は、いずれも2002年に経験したもの。

この年にサフィンは、22歳の誕生日にヨハンソンに敗れる苦い思い出がある。しかし、パリで行われたデビスカップ決勝で母国の勝利に貢献し、ロシアに世界一の座をもたらしてもいた。

パリについてサフィンは「ここは僕にとって始まりと終わりの場所。ここよりも引退にふさわしい場所が見つけられなかった。フランスのファンは本当に素晴らしいし、完璧にテニスを理解しています。」と現地のファンに賞賛を述べた。

このパリで行われるマスターズで通算3勝を挙げているサフィンであるが、2005年の全豪オープン以来タイトルからは遠ざかっており、サンクトペテルブルク大会での準決勝進出が今季の最高成績となっている。

試合後のセレモニーでサフィンは「全ての思い出や、勝利も敗戦も小さな箱にしまいたいと思います。今日でドアは閉じましたが、また違うドアが開くことを祈っています。」と大会から贈られたトロフィーを手に語ったサフィン。そのトロフィーには、鍵が埋め込まれていた。

引退セレモニーでは、M・ロセ、Y・エル・アイナウイ(モロッコ)A・コスタ(スペイン)らサフィンと親交のある何人かの選手がコート上に登場した。

「ユーネスやマルク、そしてアルベルトにここで会えるなんて本当に特別な感覚だ。僕らは一緒に楽しんでいた仲なんだ。彼らがさよならを言いに来てくれる事は、たくさんの意味があるよ。」

歯に衣着せぬ発言をすることでも知られるサフィンは、セレモニーに登場した何人かの選手についてもコメントした。

「もちろん、コートに来てくれた皆に会えたことは素晴らしいことだよ。だけど、ATPがそれを強制してなければいいんだけど。なぜなら、僕が予想していない人もいるからね。」

現役最後となった試合でサフィンは、ベースラインからのウィナーやネット際での繊細なタッチ、そして強烈なファーストサーブなどを余すとこなくパリの観客に披露した一方で、無茶苦茶な凡ミスやラケットを投げ捨てたりもした。

マッチポイントが決まり、デル=ポトロがサフィンとネットは挟んで抱き合っている間、パリの観客はスタンディング・オベーションを贈り続けていた。

気になる今後の計画についてサフィンは「スポーツマンはスポーツマンでいる間は素晴らしい。その後は、少し大変だと思うよ。テニス選手から何かになるのは難しいことさ。さらに時間が経ちすぎると、ただの元テニス選手になってしまう。」と、いまだ不透明な自分の未来について語った。

(2009年11月12日13時34分)
その他のニュース

10月20日

荒れ模様 第1シードも初戦敗退 (13時31分)

【告知】杉田vsデル=ポトロ (12時17分)

NB決勝大会進出者決まる (12時01分)

【告知】ダニエル太郎vs綿貫陽介 (12時00分)

今季終了を報告「申し訳ない」 (11時00分)

惜敗マクラクラン組 4強ならず (10時34分)

杉田祐一、準々決勝はデルポ (7時25分)

鈴木貴男のTENNIS TALK第4弾 (7時00分)

10月19日

清水悠太らスーパーJr8強 (22時28分)

杉田、苦戦も元世界8位を撃破 (21時03分)

【1ポイント速報】杉田vsバグダティス (21時00分)

連敗脱出 4年連続の準々決勝へ (17時51分)

珍事 猫がコート乱入で中断 (17時28分)

ダニエル太郎、綿貫陽介戦へ (17時07分)

【1ポイント速報】太郎vsマトセビッチ (17時06分)

19歳の綿貫陽介 海外CH初8強 (15時08分)

2017年は男子テニスが一変 (12時27分)

MPしのいで大会初8強 (11時13分)

キリオス初戦敗退 逆転許す (8時51分)

トップ4シードが初戦敗退 (7時55分)

マクラクラン組 逆転勝ちで8強 (7時16分)

10月18日

【1ポイント速報】マクラクラン 複1回戦 (22時10分)

守屋宏紀 元世界8位に敗れる (20時58分)

カープ女子 二宮真琴が始球式 (19時28分)

西岡ら主催のイベントが開催 (18時03分)

ジョコ、ズベレフらとジムへ (17時11分)

第1シード ケルバー初戦敗退 (16時16分)

レック興発、西郷幸奈と契約 (16時02分)

伊藤竜馬 第1シードに敗れる (14時45分)

ナダル 膝の負傷でスイス欠場 (12時12分)

19歳ルブレフ 予選勝者に敗れる (12時00分)

ラケット破壊 ペール初戦敗退 (10時32分)

杉田祐一 2回戦は元世界8位 (8時38分)

キリオス 芝開幕戦に出場 (7時28分)

10月17日

シャラポワ 前週Vも初戦敗退 (23時15分)

杉田祐一 大会初の2回戦進出 (21時06分)

【1ポイント速報】杉田vsイストミン (21時05分)

19歳綿貫陽介 海外CH初勝利 (17時15分)

21歳以下最終戦 2人目が確定 (16時49分)

ダニエル太郎 快勝で初戦突破 (14時36分)

エース15本放ち逆転勝利 (12時39分)

ファイナルズ 出場枠残り4つ (10時59分)

怪我でシーズン終了を報告 (9時23分)

清水悠太ら 本戦ドロー発表 (7時59分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!