- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

マレー、ジョコビッチらが順当に2回戦へ◇USオープン

テニスのグランドスラムであるUSオープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は大会2日目の1日、男子シングルス1回戦が行なわれ、第2シードのA・マレー(英国)、第4シードのN・ジョコビッチ(セルビア)、そして第7シードのJW・ツォンガ(フランス)ら上位陣が揃ってストレート勝ちを収め、2回戦進出を決めた。

この日最後の試合となったナイトセッション2試合目に登場したマレーは、E・ガルビス(ラトビア)を7-5, 6-3, 7-5のストレートで退け、初戦突破を決めている。世界ランク95位のガルビスに2度のブレークを許したマレーであったが、それを上回る5度のブレークに成功し、2時間17分で勝利を収めた。

この日のマレーは、ファーストサーブの確率こそ53%であったものの、その内の84%をポイントに結びつけ、終始安定した試合運びで2年連続での決勝進出を目指し好スタートを切った。

センターコートの第3試合に登場したジョコビッチは、元世界ランク3位のI・リュビチッチ(クロアチア)と対戦、相手に1本もブレークチャンスを与えることなく6-3, 6-1, 6-3で快勝した。

試合後の会見でジョコビッチは「彼のクオリティは知っていた。自分のチャンスまで我慢することが必要で、それをしただけさ。彼をコート中に走らせることが出来たし、サーブが特別に良かった。サーブのおかげで今日は助かったよ。体の調子も良いみたいだし、これがこのまま続くといいね。」と語った。

世界ランク4位のジョコビッチは、2007年の今大会で初のグランドスラム決勝進出を果たしていたが、R・フェデラー(スイス)の前に涙を飲んでいる。昨年の今大会でも準決勝でフェデラーに敗れているジョコビッチは、今大会の前哨戦であるシンシナティ・マスターズ決勝でまたもやフェデラーに敗れ、今季4度目のマスターズ準優勝を果たしていた。

世界ランク7位のツォンガはC・ブキャナン(アメリカ)に6-0, 6-2, 6-1と、わずか1時間28分で圧勝している。この試合で8度のブレークに成功しているツォンガは、第1サーブ時に落としたポイントはわずかに4と、同ランク920位ながら主催者推薦で出場したブキャナンを寄せ付けなかった。

この他の試合の結果は以下の通り。

F・ベルダスコ(スペイン) (10) ○-× B・ベッカー(ドイツ), 7-5, 6-4, 7-5
F・ゴンサレス(チリ) (11) ○-× N・マス(チリ), 6-3, 6-3, 6-3
M・チリッチ(クロアチア) (16) ○-× R・スウィーティング(アメリカ), 7-6 (7-2), 6-4, 7-6 (7-4)
T・ベルディフ(チェコ共和国) (17) ○-× W・オディスニク(アメリカ), 7-5, 6-4, 6-4
N・ラペンティ(エクアドル) ○-× S・ワウリンカ(スイス) (19), 4-6, 3-6, 7-6 (8-6), 7-6 (7-3), 6-3
S・クエリー(アメリカ) (22) ○-× M・ヤニ(アメリカ), 6-3, 7-5, 6-4
T・ナバロ(スペイン) ○-× I・カルロビッチ(クロアチア) (27), 6-4, 7-6 (10-8), 7-6 (7-5)
J・ウィッテン ○-× I・アンドレエフ(ロシア) (29), 6-4, 6-0, 6-2
V・トロイキ(セルビア) (30) ○-× P・ルクザック(オーストラリア), 6-3, 6-3, 1-6, 2-6, 6-1
H・ゼバロス(アルゼンチン) ○-× M・ベレー(ドイツ), 6-3, 7-6 (9-7), 3-6, 6-0
J・ウィアンナ(フランス) ○-× R・ラム(アメリカ), 7-6 (7-4), 6-4, 3-6, 6-3
C・ボール(オーストラリア) ○-× J・ブルゼジッキ(アルゼンチン), 7-6 (7-5), 6-3, 6-4
D・イストミン(ウズベキスタン) ○-× B・エヴァンス(アメリカ), 6-4, 6-4, 7-6 (7-3)
J・レヴィン(アメリカ) ○-× T・ガバシュビリ(ロシア), 7-5, 6-1, 6-2
T・デント(アメリカ) ○-× F・ロペス(スペイン), 4-6, 7-6 (8-6), 6-3, 7-5
M・ゴンサレス(アルゼンチン) ○-× K・ベック(スロバキア), 2-6, 1-6, 6-1, 6-4, 6-3
J・ニエミネン(フィンランド) ○-× F・フォニュイーニ(イタリア), 7-5, 7-6 (8-6), 6-4
J・ベネトー(フランス) ○-× F・チポッラ(イタリア), 4-6, 6-1, 6-3, 6-3
F・セラ(フランス) ○-× J・ティプサレビッチ(セルビア), 7-6 (10-8), 7-6 (7-5), 7-6 (7-5)
K・キム(アメリカ) ○-× D・セラ(イスラエル), 6-3, 0-6, 6-2, 6-2
P・カプデビル(チリ) ○-× V・クリヴォイ(ルーマニア), 6-3, 6-0, 7-6 (7-2)

今大会の優勝賞金は160万ドル。

(2009年9月2日13時19分)
その他のニュース

1月20日

錦織 世界ランク18位へ後退 (8時03分)

大坂 初戦へ向け最終調整 (7時26分)

1月19日

キリオス「切り替え簡単じゃない」 (18時13分)

【告知】大坂vsブズコバ (17時53分)

【告知】全豪オープン1回戦 (16時55分)

21歳アンベール 悲願の初V (14時45分)

【告知】フェデラーvsジョンソン (12時56分)

バーティ 今季初Vで全豪に弾み (11時16分)

2週連続でV「素晴らしい」 (10時05分)

1月18日

西岡 初戦相手は「謎」 (21時14分)

フェデラー会見 2年ぶりV狙う (14時46分)

守屋宏紀 全豪OP本戦ならず (13時10分)

日比野菜緒 全豪OP本戦入り (12時45分)

大坂 初戦相手「知らない」 (12時33分)

大坂なおみ 新コーチに手応え (12時03分)

修造氏「大坂の力は世界一」 (11時13分)

今季負けなし、2週連続決勝へ (9時35分)

大坂 全豪OP会場で練習 (8時57分)

1月17日

バーティ 苦戦も決勝へ進出 (19時15分)

イズナー下し初の決勝「最高」 (17時51分)

ブライアン兄弟が練習試合 (16時17分)

19歳ヤストレンスカ 決勝へ (14時42分)

ジョコ、ナダルら 会場で練習 (14時09分)

「ストリングの未来予想図」 (12時56分)

マレー 治療長引く「無理しない」 (12時21分)

ナダル、ジョコら全豪OP組合せ (11時35分)

日比野 全豪OP予選決勝へ (11時10分)

守屋宏紀 全豪OP本戦へ王手 (10時20分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!