シャラポワ、フェデラー、錦織圭などテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!
tennis365.net
HOME → ニュースTOP → 今日のニュース(一覧) → 今日のニュース(詳細)

→ニュース | news

全豪オープン2009特集

東レPPO◇ヒンギスが逆転勝利。シャラポワ、ストザーが3回戦へ

マルチナ・ヒンギス
5度目の優勝に向け順当に勝ち進むヒンギス
画像提供:Getty/AFLO

(日本、東京)

東京体育館で行われている東レ・パンパシフィック・オープンの3日目、女子シングルス2回戦が行われ、M・ヒンギス(スイス)M・シャラポワ(ロシア)E・リホフツェーワ(ロシア)らが勝ち、3回戦進出を決めた。ヒンギスは、今大会第3シード、世界ランキング21位のN・デシー(フランス)に第1セットを奪われる苦しい戦いとなったが逆転で勝利を収めた。

ヒンギス対デシーの一戦は、手に汗握る激戦となった。序盤、サービスのリズムがつかめず自らのサービスゲームで苦しい展開を強いられるヒンギスは、デシーの強打の前に4-6と第1セットを落としてしまう。しかし、第2セットに入ると、徐々にサービスが安定しはじめ、デシーから試合の主導権を奪っていく。ストレートで勝負を決めたいデシーは、必死で食い下がるが、結局ヒンギスがそのまま逃げ切り第2セットを7-5で奪い返す。迎えたファイナルセット、緊張の糸が切れたのかデシーに反撃する力は残っておらず、ヒンギスがデシーを前後左右に振り回し一気に6-2でセットを奪って試合を決めた。

「やっとトップ20の選手を破ることが出来たって感じね。第2セット中盤までは、彼女(デシー)の攻撃が厳しく、かつ、私が少しナーバスになっていたこともあって、長いラリーでなかなか上手くポイントを挙げられないでいたの。ただ、試合が進むにつれて、ベースラインからの打ち合いでポイントを挙げれるようになってからは、良い感じで試合を支配できたと思うわ。」と、勝利したヒンギスはゲームを振り返っていた。また、「フルセットの試合を乗り越えることが出来て嬉しいわ。身体的な状態の良さはこれで証明出来たわね。あとは、これからのラウンドに向けてトライあるのみね。」と語り、笑顔で会見ルームを後にした。

その他の試合では、今大会第1シードのシャラポワが、サービス&ボレーに定評のあるL・レイモンド(アメリカ)と対戦した。1回戦を免除されたシャラポワはこの日の試合が今大会最初の試合ということもあり、ゲーム序盤こそやや硬さが見られたものの、要所要所をしっかりおさえ、曲者レイモンドを6-4、6-4のストレートで破り、3回戦進出を決めた。シャラポワの3回戦の相手はS・ストザー(オーストラリア)。ストザーは、今大会第6シードのD・ハンチュコバ(スロバキア)を7-6 (7-5), 6-2のストレートで下しての3回戦進出。

主な試合結果は以下の通り。

M・シャラポワ(ロシア) (1) ○-× L・レイモンド(アメリカ), 6-4, 6-4
M・ヒンギス(スイス) ○-× N・デシー(フランス) (3), 4-6, 7-5, 6-2
K・クーカロバ(チェコ共和国) vs. A・ミスキナ(ロシア) (4), 6-4, 6-4
S・ストザー(オーストラリア) ○-× D・ハンチュコバ(スロバキア) (6), 7-6 (7-5), 6-2
E・リホフツェーワ(ロシア) (7) ○-× M・バルトリ(フランス), 6-2, 7-5
M・キリレンコ(ロシア) ○-× A・イバノビッチ(セルビア・モンテネグロ) (8), 6-4, 6-4

(2006年2月2日)

その他のニュース

10月22日

錦織8位 日本勢の世界ランク (16時36分)

最終戦ランク 錦織は今季終了 (15時12分)

ディミトロフ 勝利数300達成 (13時56分)

デ杯 日本代表メンバー発表 (11時17分)

フェデラー わずか52分で勝利 (10時50分)

錦織 右ひじ手術で今季終了へ (10時27分)

10月21日

今季初V 昨年覇者に快勝 (21時25分)

今季2勝目「重圧なかった」 (20時50分)

青山/ 柴原組 2週連続V (18時58分)

西岡 バーゼル本戦入りならず (17時49分)

ナダル 故郷マヨルカで結婚式 (17時00分)

ルブレフ 誕生日に地元でV (15時39分)

ティーム 初戦ツォンガと激突 (14時32分)

バイン氏 今季で関係解消へ (13時10分)

大坂3位 21日付の世界ランク (11時22分)

錦織 世界ランク8位へ浮上 (9時31分)

マレー復活「最大の勝利」 (8時40分)

20歳シャポバロフ 悲願の初V (7時30分)

元王者マレー復帰後ツアー初V (1時49分)

【1ポイント速報】マレーvsワウリンカ (1時41分)

10月20日

内山靖崇 寧波チャレンジャーV (17時56分)

杉田祐一 敗退も4強に手応え (17時39分)

10代ペアが今季2勝目 (14時52分)

ワウリンカ「自信ついた」 (14時52分)

杉田を撃破「大変だった」 (11時47分)

マレー ワウリンカとの決勝へ (11時42分)

WTA最終戦 最後の1人確定 (11時39分)

ルブレフ「とてつもなく幸せ」 (11時34分)

マレー決勝へ 復帰後初V王手 (2時37分)

杉田祐一 決勝進出ならず (2時01分)

【1ポイント速報】杉田vsシャポバロフ (1時58分)

10月19日

内山 決勝進出でTOP100確定 (20時34分)

4度目の4強 ハチャノフ撃破 (17時00分)

「残念」プイユが今季終了へ (13時57分)

昨年Vゲルゲス 逆転で4強 (13時55分)

杉田祐一4強「感動的な試合」 (11時50分)

チリッチ 熱戦制し4強へ進出 (11時36分)

ワウリンカ4強 シモン撃破 (11時33分)

マレー 復帰後初の4強進出 (9時38分)

杉田祐一 死闘制し4強入り (7時40分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ページの先頭へ
→会社情報 →採用情報 →利用規約 →サイトマップ →個人情報保護に関して →アフィリエイトについて →訂正とお詫び →選手写真について →当サイトへのリンク
(c) 2004 - 2009 Fubic Corporation All rights reserved