- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEレッスンTOP技術特集TOPバックハンド編
バックハンド編

Vol.7 上級者への道 バックハンド編 上巻

総論 上級者につながる「サナギの技術」と「前提の技術」

テニスでもサナギから蝶への成長がある

テニスを始めた頃はとにかくボールを打つのが楽しく、順調に上達して初心者を卒業。やがて試合も楽しめるようになって「もっとうまくなりたい」、「試合に勝てるようになりたい」という欲も出てくる。しかし、その先で壁にぶつかってしまう人がいる。とくに、自己流の技術やクセが固まっている人に、そうしたケースが多い。中級レベルでは通用しても、相手が上級者になると通用しない技術なので、それが伸び悩みの原因になるのだ。

今回のシリーズの目的は、そうならないためのポイントを理解してもらうことにある。悪いクセをつけずに効率良く上級者に近づくために、ぜひ多くの人に参考にしてほしい。

上を見すぎてもダメ

ただし、そうは言っても、いきなりプロや上級者と同じ美しい(あるいは豪快な)フォームで打てるわけではない。大事なのは、その前にどういう段階を踏むかということだ。美しい蝶になるためには、幼虫やサナギを経なければならないのと同様に、テニスでも一見遠回りに思えても、実は非常に大切な過程の技術がある。今回は、それを「サナギの技術」と呼んでいる。
またそれとは別に、すべてのレベルで共通する基礎技術もあり、それを「前提の技術」と呼んで、「サナギの技術」との2本立てで話を進めていくことにする。

「前提の技術 グリップ」>>

(テニスジャーナル 2003年6月号)
© SKI Journal Publisher Inc.

バックハンド編一覧




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!