国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコ怒り「面と向かって言ってみろ」

ジョコビッチ
ジョコビッチ
画像提供: ゲッティイメージズ
テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は17日に男子シングルス2回戦が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が世界ランク43位のA・ポピリン(オーストラリア)を6-3, 4-6, 7-6 (7-4), 6-3で破り、同大会マッチ30連勝を達成するとともに、2年連続16度目の3回戦進出を果たした。ジョコビッチはこの試合の第4セットで野次を飛ばす観客に怒りをあらわにし「ここに来て、面と向かって言ってみろ」と応戦した。

>>【動画】ジョコビッチが野次を飛ばした観客に詰め寄ったシーン<<

>>ジョコビッチ、アルカラスら全豪オープン組合せ<<

36歳で世界ランク1位のジョコビッチが同大会に出場するのは2年連続19度目。昨年も含め全豪オープンでは過去10度の優勝を飾っており、2019年から同大会マッチ28連勝で今大会を迎えた。

同大会11度目の優勝と、四大大会通算25勝目を狙うジョコビッチは、1回戦で予選勝者で同187位のD・プリシュミッチ(クロアチア)を4時間1分の激闘の末に6-2, 6-7 (5-7), 6-3, 6-4で下し、連勝を29に伸ばして2回戦に駒を進めた。

2回戦の第1セット、ジョコビッチは第6ゲームまでに3度のブレークポイントを逃すも、第8ゲームでブレークに成功。直後の第9ゲームをキープし先行する。

第2セット、第4ゲームでジョコビッチはミスが重なりポピリンにこの日初めてのブレークポイントを与えると、これをものにされ先にブレークを許す。相手のサービング・フォー・ザ・セットとなった第9ゲームでブレークバックを果たしたジョコビッチだったが、第10ゲームで再びポピリンにセットポイントとなるブレークポイントを与えると、最後は前に詰めたところをポピリンにロブで頭上を抜かれてしまい、1セットオールに追いつかれる。

第3セット、両者キープを続け迎えた第10ゲームでジョコビッチはセットポイントとなるブレークポイントをポピリンに4度握られるもこれを全てしのぎ勝負をタイブレークに持ち込む。タイブレークではジョコビッチが2度のミニブレークに成功し、勝利まであと1セットとする。

第4セット、このセットも序盤は両者キープを続ける展開に。第5ゲーム開始時には観客の野次に苛立ちをみせたジョコビッチが「ここに来て、面と向かって言ってみろ」と観客に詰め寄る場面もあったが、プレーに戻りこのゲームをキープ。直後の第6ゲームでジョコビッチはブレークに成功すると、このリードを守り切り3時間11分に及ぶ激闘の末に3回戦進出を決めるとともに、同大会30連勝を成し遂げた。

試合後の会見でジョコビッチは野次に応戦した場面について語った。

「コート上で、特にあのコーナーや反対側のコーナーから、いろいろなことを言われた。僕は試合のほとんどの時間それを我慢していた。でももう十分だと思い、彼に『降りてきて、面と向かってそれを言いたいのか』と尋ねた」

「対峙するにあたって、残念ながら彼には降りてくる勇気がなかった。それが僕が彼に尋ねたことだ。勇気があるなら、そんなにタフな男なら、降りてきて面と向かって言って、そしてそれについて話し合う」

「彼は遠くから謝っていた。それだけだ」

さらに、観客の中に今回のような人物がいると腹が立つか問われこう続けた。

「腹は立つね。僕はそれがすべて良いことだと言うつもりはない。良くないことだ。もちろん腹は立つ。イライラする。でも、ありのままを受け入れるしかないんだ」

「誰かが一線を越えたとき、僕は許せないことがある。それはそれ。そういうことなんだ。みんな夜遅くにお酒を飲んで、それもまた、彼らの気持ちや振る舞いに影響を与えるんだろうね」

「それはいいんだ。みんなチケットを払って僕らを見に来るんだ。彼らはショーを見たいんだ。楽しみたいんだ。そうすることは許されている。僕が誰かを会場から退場させるよう頼んだことはないという点では、何の問題もない。僕は主審に誰かを退場させるように頼んだことは一度もないんだ」

「彼はチケットを払っているのだから、その場にいて言いたいことを言い、振る舞いたいように振る舞う権利がある。でも誰かが一線を越えたら、あの男にしたように、僕は相手にそれをぶつけるつもりだ。あの男にもそうしたように、僕はその人に向かって、もっと近くに来て僕に話したいことを話したいかどうか尋ねるつもりだ。彼のように僕を怒らせ、侮辱したらね」

「それだけだ。彼はあまり降りてきたがらなかった。そういうことだ」

勝利したジョコビッチは3回戦で、第30シードのT・M・エチェベリー(アルゼンチン)と対戦する。エチェベリーは2回戦で同76位のG・モンフィス(フランス)を下しての勝ち上がり。

[PR]1/14(日)~1/28(月) 全豪オープンテニス WOWOWで連日生中継!
WOWOWオンデマンドでは日本人選手の試合を全試合ライブ配信予定


■WOWOWオンデマンドはこちら>




■関連ニュース

・ジョコ「錦織の復帰を願っている」
・マレー敗退で失意、引退も示唆
・「決勝でジョコと対戦したい」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2024年1月18日9時40分)

その他のニュース

5月21日

ダニエル太郎 接戦の末に初戦敗退 (22時56分)

西岡良仁 圧勝で初戦突破 (22時41分)

【1ポイント速報】西岡良仁、ダニエル太郎1回戦 (21時00分)

第1シード虫賀心央ら初戦突破 (20時54分)

内山靖崇 激闘制し全仏予選2回戦へ (19時54分)

【1ポイント速報】内山靖崇 全仏オープン予選1回戦 (18時50分)

シュワルツマン 全仏OP予選2回戦へ (18時38分)

内島萌夏 快勝で全仏予選2回戦へ (18時05分)

足でボール扱うトリックショット (15時02分)

ズベレフ2位ジョコは14位 最終戦ランク (10時41分)

19歳でトップ100へ 中国史上最年少記録樹立 (9時00分)

ナダル 大歓声の中全仏センターコートで練習 (7時33分)

ティーム「もうあのレベルには戻れない」 (6時25分)

坂詰姫野 全仏OP予選敗退 (5時18分)

島袋将 全仏OP予選1回戦で敗退 (0時22分)

【1ポイント速報】全仏オープン予選1回戦 (0時00分)

5月20日

齋藤咲良、四大大会初挑戦で勝利 (23時42分)

ティーム 最後の全仏OP 予選2回戦進出 (21時10分)

大東建託OP 福井大会が開幕 (20時29分)

望月慎太郎 全仏OP初の予選2回戦へ (19時42分)

内島萌夏 世界ランク日本勢トップに (18時37分)

錦織圭 全仏OPへ向け世界11位と練習 (17時51分)

「完璧な1週間」2度目Vで全仏へ (17時07分)

ズベレフ 今世紀3人目の複数回V (16時40分)

強心臓みせ15年ぶり快挙V (15時36分)

賞金総額2万円!団体戦が開催 (14時22分)

伊ペアが母国でV「夢のよう」 (12時55分)

22勝目ズベレフ 世界4位へ浮上 (11時28分)

大坂なおみ 世界ランク134位に浮上 (10時35分)

初Vならず「もっといいプレーを」 (8時58分)

ズベレフ「いいプレーできれば、誰にでも勝てる」 (7時32分)

ダニエル太郎、初戦は世界54位に (6時26分)

ズベレフ完勝Vでマスターズ6勝目 (5時36分)

5月19日

ティーム&シュワルツマン 全仏OP予選へ (22時48分)

日本勢7名出場!全仏OP予選組合せ決定 (21時45分)

ダニエル太郎 予選勝ち抜き本戦へ (19時54分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎 予選決勝 (19時10分)

17歳の西村佳世が大東建託OP優勝 (18時07分)

2度目Vかマスターズ初制覇か (16時31分)

失セット0で決勝へ 6度目V王手 (15時28分)

初級~女子ダブルス大会開催、焼き芋貰える! (13時59分)

試合が多くできる!混合ダブルス大会  (13時48分)

全仏OP3連覇へ レジェンドお墨付き (11時48分)

綿貫陽介が全仏OP欠場 (10時10分)

まさかのミスに審判も爆笑 (8時42分)

2大会連続準V「何度負けても…」 (7時15分)

頂上決戦制しV 史上3人目の快挙も達成 (6時00分)

5月18日

世界2位シナー 全仏OPへ練習再開 (22時49分)

阿部宏美/永田杏里ペアが優勝 (22時05分)

ナダル&フェデラーを広告に起用 (20時04分)

ダニエル太郎 完勝で予選決勝へ (19時11分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎 リヨン予選1回戦 (17時30分)

松井/上杉ペア 2大会連続の準優勝 (17時10分)

ジョコvsマレー 実現の可能性 (16時32分)

ベッカーに並ぶ歴代7番目の記録 (15時32分)

チチパス兄弟、全仏ダブルスに出場 (15時02分)

ティーム&シュワルツマン 全仏会場で練習 (12時06分)

ジョコ 全仏OP前週の大会参戦 (11時05分)

西岡 リヨン初戦はモンフィスに (9時20分)

“ダークホース”ジャリーが決勝へ (8時02分)

逆転勝ちズベレフが決勝へ (6時57分)

錦織圭 全仏OP前週の大会を欠場 (6時05分)

【動画】ナダル 大歓声のなかフィリップシャトリエへ (0時00分)

【動画】強い!女王シフィオンテク 3度目の優勝に大はしゃぎ! (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!