国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ネガティブな言葉「爆発しちゃう」

エレナ・オスタペンコ
世界ランク13位のオスタペンコ
画像提供: ゲッティイメージズ
女子テニス協会のWTAは公式サイトで、敗戦後の選手の気持ちの整理の仕方を特集。各選手それぞれのメンタル回復術やかけられたくない言葉などが語られるなか、世界ランク13位のJ・オスタペンコ(ラトビア)はネガティブな言葉をかけられると「爆発しちゃうかも」と明かした。

>>トゥロターら四日市CH組合せ<<

WTAは今回6名の選手に敗戦後の感情コントロールについて質問した。

世界ランク55位で36歳のT・マリア(ドイツ)は現在2児の母。子どもが誕生したことで敗戦後のネガティブな感情から脱却するスピードが上がったと明かした。

「子どもたちの前で泣きたくないの。夢を壊したくない。ネガティブな部分を見せたくないから、それが助けになった。だからポジティブでいるようにしているの」

また、21歳のM・コスチュク(ウクライナ)は「負けた事実は変えようがない。ポジティブに考えるか、ネガティブに考えるか。ポジティブとは、座って自分自身について正直に考え、取り組むべきことを考え、行動に移すこと。それとも、座って自滅し、自分のやることなすことすべてが間違っていると話すか」とコメント。

「後者だと成長できない。成長できないのは、毎回負の感情を抱え込んでしまうから。3連敗、4連敗してしまうと心が折れるときが来る。だから、感情の波を保つことが大事だと思う」

上記2人は負けたあとの感情やモチベーションについてだったが、下記4人は敗戦後にかけられたくない言葉を説明した。

2017年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)を制したオスタペンコはその後一時勝ち星から遠ざかっていたが、今年は全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)と全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)でベスト8に進出。世界ランクも13位にまで再浮上させた。

そのオスタペンコは試合中に不満があると感情を表に出すスタイルが度々話題に。敗戦後にかけられたくない言葉として「ネガティブなこと」だと話した。

「超ネガティブなこと。私は本当に感情的だから(笑)。負けた自分に対してかなり腹が立っているときにネガティブなことを言われたら、爆発しちゃうかも(笑)」

以下はL・サムソノヴァY・プチンセワ(カザフスタン)K・ボールター(イギリス)のコメントを掲載。孤独のなか1対1で戦うテニスというスポーツで敗戦するとき、選手はどのようなことを考え消化しているのか。表情や言動に選手の個性が出ているかもしれない。

サムソノヴァ:「私にはあまり起こらないことだけど、もし誰かが私のところに来て『今日はいいプレーができなかったから、私とは一緒に働けない』と言ったらね。何かポジティブなことを言ってほしいな」

プチンセワ:「試合に負けた時、頭の中では自分の良くなかった点に集中しようとする。逆に、負けたのに『素晴らしいプレーをした』と言われると、『ふざけるな』って感じになる。聞きたくない言葉ね。『素晴らしい試合だった』とかね。『消えて!』ってなる(笑)。私は試合に勝っても『君のプレーはひどかった』と言われる方が好きなの。私はそれに『ありがとう』と返せるわ」

ボールター:「『あなたはいいプレーをした』ね。それは厳しいコメントね。ポジティブであってほしいと、すべてのことにベストを見出そうとしているとき。彼らは素敵な人であろうとしているけど、その言葉を聞いて折れないようにするのは難しいことなの」




■関連ニュース

・ジョコ 最終戦Vで3つの大記録更新へ
・シナー「来シーズンに繋がる」
・ジョコが応戦「黙っていろ」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年12月1日11時09分)

その他のニュース

2月28日

ディアドラ 春夏アイテム第1弾が勢揃い (20時55分)

トップ10復帰へ チチパス初戦突破 (19時50分)

元1位を逆転で撃破「クレイジー」 (19時02分)

再タッグ後初戦で白星「いい感じ」 (18時05分)

3時間超え死闘制し2回戦へ (17時07分)

波乱 ズベレフが初戦敗退 (16時14分)

干物プレゼント!初中級~中級 混合ダブルス大会開催 (15時44分)

干物プレゼント!初級 混合ダブルス大会開催 (15時31分)

西岡良仁、深夜終了に見解 (15時00分)

ポルトガルテニスのパイオニアが引退 (13時42分)

イレギュラーに不満「プレー不可能」 (12時39分)

派手な雄叫びに激怒「黙ってろクソ野郎」 (11時14分)

躍進の18歳 6試合で4人トップ50撃破 (10時06分)

本玉真唯 予選突破も世界43位に完敗 (8時40分)

メド初戦突破、元世界6位新コーチ帯同 (7時45分)

【1ポイント速報】本玉真唯vsシニアコバ (6時55分)

2月27日

モンフィスにリベンジ成功、次戦マレー (22時56分)

予選勝者コボリがオジェ撃破 (22時04分)

ダニエル太郎「ベストは尽くした」 (19時00分)

通算2度目 トップ10撃破の金星 (18時03分)

西岡良仁「なんとか乗り切った」 (17時06分)

3時間死闘制し6連敗阻止 (16時37分)

30年前の父の記録目指し2回戦へ (15時25分)

西岡良仁 逆転勝ちで初戦突破 (14時36分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsボルジェス (14時05分)

ダニエル太郎 デミノーに完敗で初戦敗退 (13時48分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsデミノー (12時09分)

エース1本で15万円の寄付を表明 (11時03分)

2度のMP凌ぎ3度のタイブレーク制して初戦突破 (9時56分)

2年ぶり出場へ ナダルがIWで練習開始 (8時13分)

マレー 史上5人目の大台到達「悪くないね」 (7時18分)

2月26日

ジョコらテニス界から5名ノミネート (22時13分)

日本勢トップ日比野菜緒 順位9上げる (19時38分)

準V全豪OP以来の出場 ポイント防衛へ (18時22分)

ダニエル64位 西岡は82位へ (14時38分)

西岡良仁 アカプルコ本戦入りならず (13時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsモウ (11時17分)

本玉真唯 予選勝ち抜き「WTA500」本戦へ (10時02分)

ツアー5勝目で「ATP500」初制覇 (8時28分)

1日3試合 5時間戦いツアー単複2冠達成 (7時32分)

【動画】チリOPのイレギュラーバウンド (0時00分)

【動画】相手のガッツポーズに激怒「黙ってろクソ野郎」 (0時00分)

2月25日

復帰迫るナダル 練習動画公開 (19時05分)

錦織圭の新コーチ”ヨハンソン”とは (18時21分)

29歳でツアー初V「奇跡だと思う」 (16時07分)

ダニエル太郎 初戦でデミノーと激突 (15時31分)

予選勝者が第2シード撃破し決勝へ (14時57分)

マレー 南米テニスに「MSやるべき」 (14時09分)

西岡良仁 完勝でアカプルコ本戦に王手 (12時54分)

望月慎太郎 ヒジカタと熱戦も予選敗退 (12時38分)

【1ポイント速報】西岡良仁、望月慎太郎 予選1回戦 (9時51分)

逆転勝ちでキャリア最大タイトル獲得 (9時19分)

激闘の第1セット制しツアー6勝目 (8時34分)

錦織 新コーチは元全豪王者に (7時31分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!