国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコ 最終戦史上最多7度目V王手

ノヴァーク・ジョコビッチ
最終戦決勝進出を決めたジョコビッチ
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスの最終戦Nitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)は18日、シングルス準決勝が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第2シードのC・アルカラス(スペイン)を6-3, 6-2のストレートで破り、2年連続9度目の決勝進出を果たすと共に大会史上最多となる7度目の優勝に王手をかけた。

>>【動画】ジョコビッチ 最終戦の準決勝でアルカラス撃破、試合終了の瞬間<<

>>最終戦 予選ラウンドロビン 結果<<

Nitto ATPファイナルズは今季の獲得ポイント上位8選手が出場するシーズン最後の大会。8選手が4名ずつに分かれ予選ラウンドロビンを戦い、各グループの上位2名が準決勝に駒を進める。

両者は5度目の顔合わせ。初対戦でアルカラスが勝利して以来交互に勝利を収めており、現在2勝2敗となっている。直近では今年8月のW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)決勝で対戦しており、この時はジョコビッチが3時間49分の死闘の末に5-7, 7-6 (9-7), 7-6 (7-4)の逆転で勝利した。

36歳で世界ランク1位のジョコビッチは同大会6年連続16度目の出場。過去6度(2008,2012-2015,2022)の優勝を飾っている。今大会は予選ラウンドロビンのグリーングループ第1戦で第8シードのH・ルーネ(デンマーク)に勝利したものの、第2戦で第4シードのJ・シナー(イタリア)に敗れ1勝1敗に。それでも第3戦で第9シードのH・フルカチュ(ポーランド)に勝利し、2勝1敗のグループ2位で準決勝に駒を進めた。

一方、20歳で同2位のアルカラスは同大会初出場。昨年は出場権を得ていたが、直前に左わき腹を負傷し欠場していた。今大会は予選ラウンドロビンのレッドグループ第1戦で第7シードのA・ズベレフ(ドイツ)に敗れたものの、第2戦で第5シードのA・ルブレフ、第3戦で第3シードのD・メドベージェフを下し、2勝1敗のグループ1位で4強入りを果たした。

この日の第1セット、第1ゲームで2度のブレークポイントを握られたジョコビッチだがアルカラスのミスを誘発しブレークを許さず、最後はサービスエースを決めキープ。その後、アルカラスの安定したサービスゲームを崩せずサービスキープを続けられるも迎えた第8ゲーム、ミスを見逃さずブレークに成功し先行する。

続く第2セット、第3ゲームで粘りのプレーからブレークチャンスを掴んだジョコビッチ。深いショットの返球にアルカラスは対応できずボールが大きくアウトとなりブレークに成功する。

第5ゲームではアルカラスの持ち味であるディフェンス力でロングラリーをものにされ15-40とブレークバックのチャンスを与えるもサービスエースと鋭いパッシングショットで凌ぎキープ。すると直後の第6ゲームで2度目のブレークに成功し、1時間28分で勝利した。

勝利したジョコビッチは決勝で第4シードのシナーと対戦する。シナーは準決勝で第3シードのメドベージェフを6-3, 6-7 (1-7), 6-1のフルセットで下しての勝ち上がり。




■関連ニュース

・シナーがメド下し最終戦初決勝
・ジョコ「将来担うのはこの3人」
・ジョコ「みんな僕の首を取りたい」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年11月19日6時59分)

その他のニュース

7月17日

選手を誹謗中傷から守るAI導入へ (15時39分)

ワウリンカ 16年ぶり出場も初戦敗退 (14時05分)

野口莉央、予選から3連勝で初戦突破 (12時22分)

世界102位の大坂、全米OP本戦漏れ (11時15分)

全米OP 錦織は主催者推薦でのみ出場可能に (10時27分)

昨年王者撃破で‘18年王者が初戦突破 (10時02分)

望月 第7シードに屈し初戦敗退 (8時20分)

ナダル「成功を祈る」ボルグ息子へ (7時25分)

ナダル、ボルグに完勝で初戦突破 (0時50分)

【1ポイント速報】ナダルvsボルグ (0時00分)

7月16日

ダニエル太郎 激闘の末に初戦敗退 (22時44分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsスカトフ (19時00分)

西岡良仁86位浮上、日本勢トップに (18時43分)

四大大会2大会連続準Vで初トップ5へ (17時50分)

「ラファの誘いに答えるのは簡単」 (16時49分)

「マイシン」日本リーグから撤退 (15時32分)

全チームに賞金!テニス365団体戦開催 (14時51分)

アルカラスはBIG3にないオーラがある (12時34分)

小国から史上初の世界1位が誕生 (11時18分)

”サーブロボット” 2年ぶりツアー白星 (9時13分)

ナダル狂騒曲 月曜昼に異例の超満員 (8時11分)

7月15日

ナダル 2連覇アルカラスを祝福 (18時44分)

島袋将「先に繋がる良い1週間」 (17時36分)

四大大会で若手が台頭「良いこと」 (16時35分)

シナー1位 ジョコとアルカラス続く (13時04分)

大坂なおみ102位へ トップ100目前 (12時27分)

「ジョコは今でもスーパーマン」 (11時40分)

四大大会4度目V「勝ち続けたい」 (10時52分)

島袋将 第3シードに惜敗し準優勝 (8時30分)

ジョコ 偉業逃すも「最後ではない」 (7時20分)

BIG3以上の早さで四大大会4勝目 (6時39分)

小田/三木ペア 5大会連続準V (5時47分)

ウィンブルドン混合V「信じられない」 (4時52分)

準Vジョコ「彼が勝者にふさわしい」 (2時23分)

アルカラスV 史上6人目の快挙達成 (1時27分)

アルカラスがウィンブルドン2連覇 (0時39分)

【動画】ナダルとルードが圧倒!ダブルス1回戦のハイライト! (0時00分)

【動画】ナダルに熱狂!異例の客入りとなった満員の観客席! (0時00分)

7月14日

【1ポイント速報】ジョコビッチvsアルカラス (23時30分)

上地結衣、四大大会複21度目V (23時23分)

川口孝大 ウィンブルドンU14優勝 (21時48分)

アルカラスのコーチ V候補は「ジョコビッチ」 (12時52分)

「ナダルvsボルグ」がツアー本戦で実現 (11時04分)

四大大会9勝目「毎回うれしい」 (10時37分)

島袋将 熱戦制しチャレンジャー決勝へ (9時26分)

三木/小田ペア、ウィンブルドンV王手 (8時25分)

死闘制し四大大会V「感動的」 (7時19分)

“絶対女王”がV 四大大会通算42勝目 (6時24分)

四大大会で2大会連続の準V (5時15分)

初Vに歓喜「人生で最高の日」 (0時45分)

ウィンブルドン制し四大大会2度目V (0時06分)

【1ポイント速報】パオリーニvsクレチコバ (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!