国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

通算16勝目「ある種の教訓」

イガ・シフィオンテク
優勝後の会見でのシフィオンテク
画像提供: ゲッティイメージズ
女子テニスのチャイナ・オープン(中国/北京、ハード、WTA1000)は8日、シングルス決勝が行われ、第2シードのI・シフィオンテク(ポーランド)が世界ランク16位のL・サムソノヴァを6-2, 6-2のストレートで破り、今季5勝目を挙げると共にキャリア通算16度目のタイトルを獲得した。試合後、シフィオンテクは「このトロフィー獲得はある種の教訓となる」と明かした。

>>【動画】シフィオンテク 勝利直後に涙を浮かべる<<

>>アルカラス、シナーら上海MS組合せ<<

前週の東レ パン パシフィック オープンテニストーナメント 2023(日本/東京、ハード、WTA500)では初戦で本玉真唯を下したものの、準々決勝でV・クデルメトバに屈し敗退していた世界ランク2位のシフィオンテク。今大会は1回戦で同55位のS・ソリベス=トルモ(スペイン)、2回戦で同47位のV・グラシェバ(フランス)、3回戦で同25位のM・リネッタ(ポーランド)、準々決勝で第9シードのC・ガルシア(フランス)、準決勝で第3シードのC・ガウフ(アメリカ)を下し決勝進出を決めた。

決勝戦、シフィオンテクはファーストサービスが入ったときに85パーセントの高い確率でポイントを獲得しブレークポイントを握られず。リターンゲームでは6度のダブルフォルトを犯したサムソノヴァから4度のブレークに成功し、1時間9分で勝利した。

女子テニス協会のWTAは公式サイトにシフィオンテクのコメントを掲載し「この大会はこれからのキャリアの自信になる。何をするにしても、何を感じるにしても、克服するチャンスは常にあるとね。いつだって良くなれる。時にはとても簡単なことなのに、私たちは頭の中で複雑にしてしまいがちだ」と語った。

「このトロフィーを獲得したことは私のこれからの人生にとって、ある種の教訓となるだろうね。初戦の前は簡単ではなかった。いつもなら落ち込んでも立ち直ることができるのに。でも、これは予想していたこと、自分へのプレッシャーが少し大きくなったからだと思うわ」

「もし、また世界1位になれたとしたら、きっと全てのことに対して準備ができていたことになると思う。何かをきっちり変えるというわけではないけど現時点での対処法はわかっている。そこから学び、教訓を得れば、もっと楽になると思う。でも、まずはそこ(1位)に到達すること。そのために努力する、一歩一歩ね。今はこのトロフィーを祝うだけよ」

シフィオンテクは2月のカタール・トータルエナジーズ・オープン(カタール/ドーハ、 ハード、WTA500)、4月のポルシェ・テニス・グランプリ(ドイツ/シュトゥットガルト、レッドクレー、WTA500)、6月の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)、7月のBNPパリバ ワルシャワ オープン(ポーランド/ワルシャワ、ハード、WTA250)に次ぐ今季5勝目となった。

なお、昨年大会では8勝を挙げており、今回の勝利で2年連続で5勝目を達成。2年連続で5つ以上のトロフィーを掲げるのは2015年・2016年のS・ウィリアムズ(アメリカ)以来となった。

[PR]西岡 良仁、綿貫 陽介、ダニエル 太郎 出場予定! 10/4(水)~「男子テニスATPツアー マスターズ1000 上海」
WOWOWオンデマンドでライブ配信!

10/16(月)~10/22(日)「木下グループジャパンオープンテニス」連日生放送・ライブ配信!


■WOWOWオンデマンドはこちら>




■関連ニュース

・セリーナ以来 2年連続5度目V
・勝利も誹謗中傷「馬鹿げている」
・2位シフィオンテク 敗因語る

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年10月9日12時45分)

その他のニュース

2月27日

2年ぶり出場へ ナダルがIWで練習開始 (8時13分)

マレー 史上5人目の大台到達「悪くないね」 (7時18分)

2月26日

【告知】ダニエル太郎vsデミノー (22時17分)

【告知】西岡良仁vsボルジェス (22時16分)

ジョコらテニス界から5名ノミネート (22時13分)

日本勢トップ日比野菜緒 順位9上げる (19時38分)

準V全豪OP以来の出場 ポイント防衛へ (18時22分)

ダニエル64位 西岡は82位へ (14時38分)

西岡良仁 アカプルコ本戦入りならず (13時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsモウ (11時17分)

本玉真唯 予選勝ち抜き「WTA500」本戦へ (10時02分)

ツアー5勝目で「ATP500」初制覇 (8時28分)

1日3試合 5時間戦いツアー単複2冠達成 (7時32分)

2月25日

復帰迫るナダル 練習動画公開 (19時05分)

錦織圭の新コーチ”ヨハンソン”とは (18時21分)

29歳でツアー初V「奇跡だと思う」 (16時07分)

ダニエル太郎 初戦でデミノーと激突 (15時31分)

予選勝者が第2シード撃破し決勝へ (14時57分)

マレー 南米テニスに「MSやるべき」 (14時09分)

西岡良仁 完勝でアカプルコ本戦に王手 (12時54分)

望月慎太郎 ヒジカタと熱戦も予選敗退 (12時38分)

【1ポイント速報】西岡良仁、望月慎太郎 予選1回戦 (9時51分)

逆転勝ちでキャリア最大タイトル獲得 (9時19分)

激闘の第1セット制しツアー6勝目 (8時34分)

錦織 新コーチは元全豪王者に (7時31分)

2月24日

フェデラーをフォア史上3位に (22時59分)

汚職防止規則違反で15カ月出場停止 (21時56分)

ナダルとアルカラスに次ぐ4強 (19時24分)

ラケット叩きつけに「滅多にない」 (18時37分)

3時間半超え死闘の末ズベレフ撃破 (17時25分)

イタリア人女子5人目の決勝進出 (16時09分)

昨年Vチチパス撃破 ルード決勝へ (14時58分)

17歳の躍進止める、予選勝者が4強へ (14時42分)

予選から出場し世界1位撃破、初の決勝へ (13時36分)

ジョコとナダルまさかの同乗!? 写真公開 (11時31分)

西岡良仁&望月慎太郎 初戦の相手決定 (10時38分)

18歳が快進撃で決勝進出「言葉ない」 (9時15分)

女王敗退 3年半ぶりに予選勝者に屈す (7時42分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!