国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

勝利も誹謗中傷「馬鹿げている」

シフィオンテク
イガ・シフィオンテク
画像提供: ゲッティイメージズ
女子テニスのW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、WTA1000)は17日にシングルス3回戦が行われ、第1シードのI・シフィオンテク(ポーランド)が世界ランク24位のジャン・チンウェン(中国)を3-6, 6-1, 6-1の逆転で下し、大会初のベスト8進出を果たした。しかし、試合後にシフィオンテクは誹謗中傷を受けたことを明かし「本当に馬鹿げている」と苦言を呈するとともに、配慮を求めた。

>>アルカラス、ジョコビッチらシンシナティOP組合せ<<

世界ランク1位のシフィオンテクが同大会に出場するのは5年連続5度目。最高成績は昨年のベスト16となっていた。

今大会は上位8シードが1回戦免除のためシフィオンテクは2回戦から登場。2回戦では世界ランク34位のD・コリンズ(アメリカ)を下し3回戦に駒を進めた。

3回戦の第1セット、セカンドサービス時のポイント獲得率が13パーセントに留まったシフィオンテクはジャンに3度のブレークを奪われリードを許す。

それでも第2セット以降は立て直したシフィオンテク。第2セットとファイナルセットでは被ブレークを1度に抑え、リターンゲームでは6度のブレークに成功し、2時間10分で逆転勝利を収めた。

しかし、女子テニス協会のWTAは試合後にシフィオンテクのコメントを掲載し、シフィオンテクは自身がセットを落としただけで誹謗中傷を受けたことを明かし、配慮を求めた。

「1セット落としただけで私や私のチームが受ける憎しみや批判は本当に馬鹿げているわ。インターネットでコメントするときはもっと思慮深くなるよう、みんなに促したい」

「一緒に仕事をしている仲間や私自身が誹謗中傷されているのを見るのはちょっと悲しい。もっと思慮深くなり、自分たちがやっていることのポジティブな面にも目を向けるよう、人々に勧めたい。今日、試合の出だしは良くなかったけれど、私がどのように問題を解決し、どのようにピンチを切り抜けたかを見てもらいたい」

「ドバイとドーハでの大会で勝ち上がって決勝に進出したときもそうだった」

「私は自分の成績にかなり誇りを持っていたけれど、人々は本当に最後の試合だけをみていて、私が決勝で負けたところだけをみた」

「私のファンかどうかはわからないけど、私にもっといいプレーをしてほしいと思っている人たちがいて、そういう人たちを無視するためにエネルギーを浪費してしまっていることに気づいた」

「私たちがどれだけの努力をしているか、私やチームがどれだけの犠牲を払っているか知っているから、それは不必要なことなの。みんなにはそこをみてほしいし、直接的な批判はしないでほしい」

これには世界ランク5位のO・ジャバー(チュニジア)も同意し「イガ(シフィオンテク)がそのことを話してくれてうれしい」と述べた。

「正直、勝っても負けても、何をしてもヘイトメッセージは届く。この地球上にもっと多くの人情、良い人々が必要だけど、一部のベッター(賭け事をする人)のメンタリティを変えることはできないと思う。彼らは人生で何もすることがなく、ただお金を使っているだけで、おそらく、イガがセットで負けたことでいくらか負けたんだろう」

「私はイガを知っている。彼女は強いし、そういう人たちは恐ろしい。地球には恐ろしい人たちがいる。私たちはどうすればいい?前に進むの。彼らはこうして会見で批判され、私たちは前に進む」

スポーツベットとスポーツ選手へのヘイトメッセージ関する問題は以前から課題となっており、世界1位のシフィオンテクやジャバーの発言は重く受け止める必要がある。

[PR]「男子テニスATPツアー マスターズ1000 シンシナティ」をWOWOWオンデマンドでライブ配信

8/28~9/11 全米オープンテニス WOWOWで連日独占生中継!WOWOWオンデマンドでは日本人選手の試合を全試合ライブ配信予定


■WOWOWオンデマンドはこちら>




■関連ニュース

・元全米女王 背中を疲労骨折
・BIG3は人々の『普通』を狂わせた
・適応力「ジョコは17年前から…」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年8月18日12時17分)

その他のニュース

2月27日

2年ぶり出場へ ナダルがIWで練習開始 (8時13分)

マレー 史上5人目の大台到達「悪くないね」 (7時18分)

2月26日

【告知】ダニエル太郎vsデミノー (22時17分)

【告知】西岡良仁vsボルジェス (22時16分)

ジョコらテニス界から5名ノミネート (22時13分)

日本勢トップ日比野菜緒 順位9上げる (19時38分)

準V全豪OP以来の出場 ポイント防衛へ (18時22分)

ダニエル64位 西岡は82位へ (14時38分)

西岡良仁 アカプルコ本戦入りならず (13時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsモウ (11時17分)

本玉真唯 予選勝ち抜き「WTA500」本戦へ (10時02分)

ツアー5勝目で「ATP500」初制覇 (8時28分)

1日3試合 5時間戦いツアー単複2冠達成 (7時32分)

2月25日

復帰迫るナダル 練習動画公開 (19時05分)

錦織圭の新コーチ”ヨハンソン”とは (18時21分)

29歳でツアー初V「奇跡だと思う」 (16時07分)

ダニエル太郎 初戦でデミノーと激突 (15時31分)

予選勝者が第2シード撃破し決勝へ (14時57分)

マレー 南米テニスに「MSやるべき」 (14時09分)

西岡良仁 完勝でアカプルコ本戦に王手 (12時54分)

望月慎太郎 ヒジカタと熱戦も予選敗退 (12時38分)

【1ポイント速報】西岡良仁、望月慎太郎 予選1回戦 (9時51分)

逆転勝ちでキャリア最大タイトル獲得 (9時19分)

激闘の第1セット制しツアー6勝目 (8時34分)

錦織 新コーチは元全豪王者に (7時31分)

2月24日

フェデラーをフォア史上3位に (22時59分)

汚職防止規則違反で15カ月出場停止 (21時56分)

ナダルとアルカラスに次ぐ4強 (19時24分)

ラケット叩きつけに「滅多にない」 (18時37分)

3時間半超え死闘の末ズベレフ撃破 (17時25分)

イタリア人女子5人目の決勝進出 (16時09分)

昨年Vチチパス撃破 ルード決勝へ (14時58分)

17歳の躍進止める、予選勝者が4強へ (14時42分)

予選から出場し世界1位撃破、初の決勝へ (13時36分)

ジョコとナダルまさかの同乗!? 写真公開 (11時31分)

西岡良仁&望月慎太郎 初戦の相手決定 (10時38分)

18歳が快進撃で決勝進出「言葉ない」 (9時15分)

女王敗退 3年半ぶりに予選勝者に屈す (7時42分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!