国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

BIG3は人々の『普通』を狂わせた

ラオニッチ
ミロシュ・ラオニッチ
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのナショナル・バンク・オープン(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)は10日にシングルス3回戦が行われ、ワイルドカード(主催者推薦)で出場していた元世界ランク3位のM・ラオニッチ(カナダ)は世界ランク59位のM・マクドナルド(アメリカ)に3-6, 3-6のストレートで敗れ、2016年以来7年ぶり5度目のベスト8進出を逃した。試合後の会見でラオニッチは自身の前に立ちはだかり続けたBIG3について言及した。


>>【ハイライト動画】ラオニッチが世界10位ティアフォー撃破!<<

>>アルカラス、メドベージェフらナショナルバンクOP組合せ<<

32歳のラオニッチは2021年7月から怪我の影響でツアーを長期離脱。今年6月に約1年11ヵ月ぶりに復帰を果たしていた。

今大会は1回戦で第9シードのF・ティアフォー(アメリカ)を逆転で破ると、2回戦では予選勝者で世界ランク115位のダニエル太郎をストレートで破り3回戦に駒を進めた。

迎えた3回戦、ラオニッチは9本のサービスエースを決めたものの、ダブルフォルトも6本犯すなどしマクドナルドに3度のブレークを許す。リターンゲームでは一度もブレークを奪うことが出来なかったラオニッチは1時間8分で敗れ、同大会7年ぶりの8強入りを逃した。

試合後、会見に臨んだラオニッチ。今大会で上位シードの早期敗退が相次いでいることを念頭に、記者から「下位の選手がシード選手を破ることが多くなっているが、数年前に比べて男子テニスのレベルは上がっていると思うか」と問われた。

これにラオニッチは「どちらかと言えばそうではない」と答え、R・フェデラー(スイス)R・ナダル(スペイン)N・ジョコビッチ(セルビア)のBIG3やA・マレー(イギリス)が全盛期であった時代について言及した。

「同世代というだけでなく、1つのスポーツで同時に3人の模範的で伝説的なアスリートがプレーすることは、人々の『普通が何か』ということの期待値を狂わせた思う」

「多くの大会を振り返ってみると、彼ら3人がプレーしていた。もちろん3人がマスターズシリーズに真剣に出場していた頃の話だけどね。ここ数年は彼らがグランドスラムに集中するようになったから、みんなは忘れかけている」

「僕がツアーに出たばかりの頃は、彼らとアンディ(マレー)が中心だった。準決勝の6、7割は彼らだったよね。クレーコートでは、D・フェレール(スペイン)も印象的だった」

「常に3人の選手がいて、ほとんどの大会で優勝していたんだ。でも、世界ランキング16位から5位までの選手たちの入れ替わりは同じようなものだったと思う。毎週、上位8シードがすべて準々決勝に進出していたわけではないんだ」

BIG3を中心とした圧倒的な選手たちを除いては、以前から下位の選手が上位の選手を倒し得ていたと意見を述べたラオニッチ。逆に言うと、ラオニッチの挙げた選手たちがいかに群を抜いた存在であったかがよくわかる内容となった。

なお、ラオニッチに勝利したマクドナルドは準々決勝で世界ランク37位のA・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)と対戦する。ダビドビッチ フォキナは3回戦で第3シードのC・ルード(ノルウェー)を撃破しての勝ち上がり。

[PR]「男子テニスATPツアー マスターズ1000 トロント」をWOWOWオンデマンドでライブ配信

8/28~9/11 全米オープンテニス WOWOWで連日独占生中継!WOWOWオンデマンドでは日本人選手の試合を全試合ライブ配信予定


■WOWOWオンデマンドはこちら>




■関連ニュース

・元世界1位 1290日ぶり復帰戦へ
・4強入りも勝利に気付かず
・「人生で一番長い」激闘制し決勝へ

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年8月11日21時21分)

その他のニュース

4月21日

あと1勝でポルシェ獲得も「免許ない」 (11時27分)

2週連続決勝進出、リベンジへ (10時09分)

最高の選手は3人「おそらく私と…」 (8時42分)

チチパス10連勝 2週連続V王手 (7時35分)

ジョコ 2年連続マドリッド欠場 (6時19分)

元世界1位ムグルサ 現役引退 (5時29分)

大激闘の末に3連覇阻止し決勝へ (0時09分)

【1ポイント速報】シフィオンテクvsルバキナ (0時00分)

4月20日

日比野ペア 逆転負けで決勝逃す (21時55分)

スコア操作&賭博、審判が永久追放 (18時35分)

17歳新星を撃破「現実離れしてた」 (17時23分)

ズベレフ「この天候では勝てない」 (16時26分)

高級リゾートで団体戦、非日常体験 (15時00分)

全チーム賞金獲得!団体戦が開催 (15時00分)

女王シフィオンテク 3連覇へあと2勝 (14時32分)

極寒の戦い制す、7度目の正直なるか (13時54分)

大坂なおみ以来の珍記録 (11時47分)

無敗記録を継続 3連覇へ前進 (10時34分)

世界3位撃破「信じられない結末」 (9時11分)

大苦戦チチパス、逆転勝ちで4強 (8時06分)

4月19日

ズベレフ 世界106位に敗れ4強逃す (22時55分)

先月負傷のマレー 練習再開 (21時19分)

ルバキナ 接戦制しクレー初戦白星 (18時58分)

西岡良仁、世界40位とバスケ対決 (17時58分)

わずか48分、母国大会で圧勝し8強 (17時13分)

弧を描く“バナナショット”披露 (15時34分)

世界1位 今季クレー初戦白星で8強へ (14時32分)

フェデラーも協力 新作テニスゲーム (13時53分)

島袋将 元世界31位ハリスに敗北 (12時21分)

【1ポイント速報】島袋将vsハリス (10時53分)

17歳フォンセカ、ツアー2度目の8強へ (10時16分)

デミノー撃破の19歳フィスが8強へ (8時35分)

ダニエル太郎 オジェに屈し8強ならず (7時19分)

4月18日

通算200勝達成「知らなかった」 (22時05分)

日比野菜緒ペア 不戦勝で4強 (21時02分)

ナダル 全仏OPに覚悟「命を懸ける」 (19時18分)

試合後に気持ち溢れ号泣 (17時34分)

大坂なおみ撃破「対戦できて光栄」 (15時53分)

NEW ERAコラボ第3弾があたるプレゼント企画実施中 (15時28分)

島袋将 チャレンジャー大会8強へ (14時19分)

【1ポイント速報】島袋将vsホン (12時33分)

錦織、全仏&全米の新作ウエア発表 (12時25分)

東レPPO 毎トー優勝者に予選WC付与決定 (12時04分)

ナダルに勝利「一生に一度のチャンス」 (11時01分)

36歳バウティスタ=アグ 400勝に到達 (8時58分)

ナダル敗退「このコートに別れを告げることができた」 (7時37分)

ナダル 世界11位に敗れ16強ならず (1時10分)

【動画】ムグルサ 四大大会初優勝の瞬間 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!