国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

18歳奥脇が単4強 複決勝進出

奥脇莉音
奥脇莉音
画像提供: (C)JWT50
女子テニスのツアー下部大会、W15大東建託オープンsupported by JWT50(日本/福井、ハード、ITF1.5万ドル)は28日にシングルス準々決勝が行われ、18歳の奥脇莉音が小林ほの香を4-6, 6-1, 6-3の逆転で下し、ベスト4進出を決めた。また、奥脇は同日に行われたダブルスでも2試合を勝ち上がり決勝進出を果たした。

>>西岡、綿貫らマドリッドOP組合せ<<

ジュニア育成プロジェクト「伊達公子×YONEXPROJECT」の第一期卒業生である18歳の奥脇。今大会、シングルスは予選から勝ち上がってきた。

迎えた今日のシングルス準々決勝。第1セット、奥脇は2度のブレークを許し先行される。しかし、第2セットでは序盤から4ゲーム連取を果たし1セットオールに追いつく。

ファイナルセットでも奥脇の勢いは止まらず、一気にゲームカウント5-0とリードを広げ、このリードを守り切り逆転で準決勝に駒を進めた。

さらに奥脇はこの日ダブルスにも登場。リ・ユーユン(台湾)とのペアで、準々決勝で井上明里/ 小関みちかペアを7-5, 3-6,[10-3]のフルセットで下すと、準決勝では虫賀愛央/ 虫賀心央ペアを6-4, 6-3のストレートで破った。

大会序盤の雨天の影響で1日3試合という過酷なスケジュールとなった奥脇だったが、見事シングルスで4強、ダブルスで決勝進出を決めた。

同日のシングルス準々決勝では奥脇のほかに、第8シードの倉持美穂、第6シードの佐藤久真莉、第2シードのリー・ヤシュアン(台湾)が準決勝に進出し、ダブルスでは林恵里奈/ 吉岡希紗ペアが決勝に駒を進めた。

同大会は伊達公子、杉山愛神尾米ら元世界ランク50位以内を経験した女子テニス選手の有志が集って発足した団体「Japan Women’s Tennis Top50 Club(JWT50)」が主催する第2回大会。大東建託株式会社が特別協賛をつとめ、前週は大阪で開催。シングルスでは20歳の川口夏実、ダブルスでは伊藤あおい/ 虫賀心央ペアが優勝している。

なお、6月には吉田記念テニス研修センター(千葉県)で第3回大会が開催される予定。

29日のシングルス準決勝とダブルス決勝の組み合わせは以下の通り。

【シングルス準決勝】
奥脇莉音 vs (8)倉持美穂
(6)佐藤久真莉 vs (2)リー・ヤシュアン

【ダブルス決勝】
林恵里奈/ 吉岡希紗 vs リ・ユーユン/ 奥脇莉音

【JWT50とは】
元世界ランク50位以内を経験した女子テニス選手の有志が集い、日本のテニス界の未来について話し合い、テニスに携わる次の世代へ、様々な機会を提供していくための組織。この活動を通じて、テニスだけではなく、スポーツ、さらには日本で活動をする企業がグローバル社会において「本気で世界を目指せる」環境づくりの一助を担う目的として発足した。

■理事
伊達公子(元世界4位)、杉山愛(元世界8位)、神尾米(元世界24位)

■会員
浅越しのぶ(元世界21位)、小畑沙織(元世界39位)、中村藍子(元世界47位)、長塚京子(元世界28位)、森上亜希子(元世界41位)、奈良くるみ(元世界32位)


>>【NEW ERA】テニス用 吸水速乾キャップ&Tシャツ新発売<<



■関連ニュース

・15歳が全米OP準優勝を破る
・西岡 世界58位にリベンジへ
・今季最長のタイブレーク制し大喜び

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年4月28日23時53分)

その他のニュース

2月27日

2年ぶり出場へ ナダルがIWで練習開始 (8時13分)

マレー 史上5人目の大台到達「悪くないね」 (7時18分)

2月26日

【告知】ダニエル太郎vsデミノー (22時17分)

【告知】西岡良仁vsボルジェス (22時16分)

ジョコらテニス界から5名ノミネート (22時13分)

日本勢トップ日比野菜緒 順位9上げる (19時38分)

準V全豪OP以来の出場 ポイント防衛へ (18時22分)

ダニエル64位 西岡は82位へ (14時38分)

西岡良仁 アカプルコ本戦入りならず (13時17分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsモウ (11時17分)

本玉真唯 予選勝ち抜き「WTA500」本戦へ (10時02分)

ツアー5勝目で「ATP500」初制覇 (8時28分)

1日3試合 5時間戦いツアー単複2冠達成 (7時32分)

2月25日

復帰迫るナダル 練習動画公開 (19時05分)

錦織圭の新コーチ”ヨハンソン”とは (18時21分)

29歳でツアー初V「奇跡だと思う」 (16時07分)

ダニエル太郎 初戦でデミノーと激突 (15時31分)

予選勝者が第2シード撃破し決勝へ (14時57分)

マレー 南米テニスに「MSやるべき」 (14時09分)

西岡良仁 完勝でアカプルコ本戦に王手 (12時54分)

望月慎太郎 ヒジカタと熱戦も予選敗退 (12時38分)

【1ポイント速報】西岡良仁、望月慎太郎 予選1回戦 (9時51分)

逆転勝ちでキャリア最大タイトル獲得 (9時19分)

激闘の第1セット制しツアー6勝目 (8時34分)

錦織 新コーチは元全豪王者に (7時31分)

2月24日

フェデラーをフォア史上3位に (22時59分)

汚職防止規則違反で15カ月出場停止 (21時56分)

ナダルとアルカラスに次ぐ4強 (19時24分)

ラケット叩きつけに「滅多にない」 (18時37分)

3時間半超え死闘の末ズベレフ撃破 (17時25分)

イタリア人女子5人目の決勝進出 (16時09分)

昨年Vチチパス撃破 ルード決勝へ (14時58分)

17歳の躍進止める、予選勝者が4強へ (14時42分)

予選から出場し世界1位撃破、初の決勝へ (13時36分)

ジョコとナダルまさかの同乗!? 写真公開 (11時31分)

西岡良仁&望月慎太郎 初戦の相手決定 (10時38分)

18歳が快進撃で決勝進出「言葉ない」 (9時15分)

女王敗退 3年半ぶりに予選勝者に屈す (7時42分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!