国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

元3位スイトリナ 1年ぶり復帰へ

エリーナ・スイトリナ
元世界ランク3位のスイトリナ
画像提供: ゲッティイメージズ
女子テニスで元世界ランク3位のE・スイトリナ(ウクライナ)が4月3日に開幕するクレジット・ワン チャールストン オープン(アメリカ/チャールストン、クレー、WTA500)に出場することが決まった。

>>アルカラス、メドベージェフらBNPパリバOP組合せ<<

>>シフィオンテクらBNPパリバOP組合せ<<

シングルスキャリアで16個のトロフィーを獲得し、四大大会では2019年のウインブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)と全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)でベスト4入りを果たしている28歳のスイトリナ。

現在はG・モンフィス(フランス)との間に昨年10月に誕生した第一子を育てながら、ツアー復帰のためトレーニングを積んでおり、復帰となれば昨年3月のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、WTA1000)以来 約1年ぶりとなる。

また、昨年2月から隣国ロシアの侵攻を受ける母国ウクライナを支援するため、同国大統領のボロディミル・ゼレンスキー氏が設立した財団「United 24」の大使としての活動も継続。今年2月にはウクライナの首都キーウにある産科病院を訪問し発電機を寄付した。

そのような活動もあり、4月のクレジット・ワン チャールストン オープンではプロとアマチュアが垣根なくペアなどを組み対戦するプロアママッチの開催を予定。収益などはウクライナのために寄付される。

クレジット・ワン チャールストン オープンのトーナメントディレクターを務めるボブ・モラン氏のコメントが女子テニス協会のWTA公式サイトに掲載されている。

「ウクライナのために意識を高め、資金を集めることは、トーナメントとして、また選手にとって非常に重要なことだ。僕らは「Tennis Plays for Peace」の使命をさらに体現し、ウクライナと団結するために、母国のニーズを深く理解しているエリーナ(スイトリナ)と協力することに情熱を持っている」




■関連ニュース

・錦織、復帰は「もうちょっと」
・錦織「足首に痛み」原因も分からず
・ナダル 18年ぶりトップ10陥落へ

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2023年3月18日16時00分)

その他のニュース

3月5日

柴原瑛菜 シングルス初優勝 (18時08分)

西岡 3時間死闘の末に予選敗退 (12時37分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsシャン (11時55分)

ナダルとラオニッチ 初戦で激突 (11時50分)

ダニエル太郎 初戦は世界84位 (10時53分)

大坂なおみ 初戦は予選勝者に (10時24分)

ルブレフ 賞金&ポイント没収なし (7時36分)

望月慎太郎 シュワルツマン撃破 (6時47分)

綿貫陽介 BNPパリバOP予選欠場 (5時51分)

3月4日

西岡良仁 日本勢トップに返り咲き (18時05分)

カップルで同週V!ATP&WTA500制覇 (17時11分)

同国対決制しツアー初V「本当によくやった」 (15時23分)

2週連続Vでキャリアハイ19位へ (13時50分)

西岡、綿貫、望月がIW予選に出場 (11時51分)

日比野と本玉 揃って予選決勝へ (10時59分)

アルカラスがナダルに逆転勝ち (10時14分)

ジョコ 同胞ヨキッチと旧交温める (8時59分)

優勝後に大移動、恋人の決勝に間に合うか (7時39分)

3月3日

BNPパリバOP 日比野と本玉が予選出場 (17時52分)

地元の期待背負い決勝へ 単複2冠に王手 (16時42分)

デミノーが連覇 通算8勝目 (15時25分)

18歳新星に主催者推薦 BNPパリバOP (14時21分)

ATPが150万円、チチパスは225万円を寄付 (12時10分)

ナダル&アルカラス 復帰はエキシビションから (11時07分)

ルブレフ失格に「マイナーリーグだ」 (10時16分)

好調のアンベールが今季2勝目 (9時11分)

【動画】カップルで同週V!熱い抱擁で喜びを分かち合うデミノーとボールター (0時00分)

3月2日

復帰迫るナダルがディミトロフと練習! (17時14分)

逆転勝利の要因に”まさかの例え” (16時19分)

連覇に王手「彼の1日も早い回復を」 (15時25分)

優勝候補撃破も大ブーイング (13時20分)

メド撃破し決勝進出「完璧な試合」 (12時07分)

相手失格も擁護「彼はそんな男じゃない」 (10時37分)

失格に物議「確認すべき」 (9時30分)

世界5位が線審を怒鳴りつけ失格 (8時31分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!