国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

賞金1,000万円のファイナル「楽しみ」

綿貫陽介、荒川晴菜
(左から)綿貫陽介と荒川晴菜
画像提供: tennis365.net
「日本のテニスプレーヤーたちに新しいチャンスと夢のある世界を提供したい」という思いのもと、2022年6月よりスタートした「湘南美容クリニック Presents SBCドリームテニスツアー」は、6月のファーストステージ、8月のセカンドステージを経て、12月10日(土)、11日(日)に優勝賞金1,000万円をかけたツアーファイナルを有明コロシアム及びインドアコートで開催する。1日にはツアーファイナル出場予定の綿貫陽介荒川晴菜の会見が行われ、意気込みが語られた。

>>SBCドリームテニスツアー観戦チケットをプレゼント<<

>>【SBCドリームテニスツアー】ツアーファイナル観戦チケット販売中<<

SBCドリームテニスツアーは、ツアー代表を務める湘南美容クリニック総括院長の相川佳之氏と、ディレクターのマサスポーツシステム代表 山田眞幹氏が、「日本人プレーヤーが大きな賞金を得られ、夢を抱ける環境を提供したい」という思いのもと、立ち上げられた。

試合形式は4ゲームセットのノーアドバンテージ。ファイナルセットは10ポイントタイブレークとなっている。

同大会の開催種目は男女のシングルス。12月のツアーファイナルには、ファーストステージ、セカンドステージで成績上位の6選手とエントリーの中からJTAランキング上位8名に加えてワイルドカード2名の男女各16名が出場し、優勝賞金1,000万円を争う。

大会初出場となる綿貫は「ツアーと違ってルールなども違いますし、エキシビションの要素も含まれているので、賞金もありますけど楽しくプレーしようと考えているので、いつもと違ったプレーがみんな出ると思います。僕自身も何か来年に向けて新しいものを試せればいいなと考えています」とコメント。

「4ゲームは凄い難しそうというか、サーブがある方が有利なイメージが僕の中にはあって、1ポイントで流れが変わるような、いまのダブルスみたいなイメージが強いです。集中力を高く保持していないとあっさり流れを渡してしまって持っていかれそうだなと感じています」

「けがで東京でプレーできていなかったので、有明で試合をするのはすごい久しぶりですし、チャレンジャー大会よりも見やすい工夫をSBCさんがしてくれていると思うので、観客の皆さんも見に来やすいと思います。そのなかでプレーできることをすごく楽しみにしています。レギュレーションも普段と違って、選手はもちろん勝つことに必死ですけど、余裕がない場面でも心の余裕が多少はあると思うので、良いプレーだったり面白いプレーが出てきやすいと思います。是非会場に来て盛り上げて頂けると選手もやる気が出てさらに良いプレーが出ると思うので応援お願いします」

そしてファーストステージで優勝を飾っている荒川は「ファーストステージで優勝できたポイントで今回出させて頂けたので、レベルが高い大会ですけど優勝を目指して頑張りたいと思います」と意気込みを述べた。

「デュースありだとゲーム全体の流れがあるんですけど、ノーアドだとその1ポイントが強い人が勝つみたいな試合でした。どんなに1ポイント目良いプレーしてもノーアドの時のポイントが駄目だったら意味ないので、いかにそういうときに自分のプレーができるかだと思います」

ツアーファイナル出場予定選手

【男子】
江原弘泰(エキスパートパワーシズオカ)
伊藤竜馬(橋本総業ホールディングス)
今井慎太郎(イカイ)
白石光(早稲田大学)
片山翔(伊予銀行)
高橋悠介(三菱電機)
西岡良仁(ミキハウス)
清水悠太(三菱電機)
内山靖崇(積水化学工業)
越智真(江崎グリコ)
関口周一(Team REC)
羽澤慎治(JCRファーマ)
田沼 諒太(橋本総業ホールディングス)
齋藤惠佑(富士住建)
(WC)杉田祐一(三菱電機)
(WC)綿貫陽介(フリー)

【女子】
今西美晴(EMシステムズ)
倉持美穂(マサスポーツシステム)
荒川晴菜(アオヤマスポーツ)
伊藤あおい(サリュートテニス専門学院)
山口芽生(フリー)
澤柳璃子(安藤証券)
岡村恭香(橋本総業ホールディングス)
小堀桃子(橋本総業ホールディングス)
瀬間詠里花(橋本総業ホールディングス)
桑田寛子(島津製作所)
相川真侑花(テニスユナイテッド)
鮎川真奈(エームサービス)
光崎楓奈(h2エリートテニスアカデミー)
大前綾希子(島津製作所)
(WC)清水綾乃(Club MASA)
(WC)加藤未唯(ザイマックス)




■関連ニュース

・男女の賞金格差 19歳が疑問
・フェデラー「終わりではない」
・錦織 復帰は「先が見えない」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年12月1日15時44分)

その他のニュース

1月30日

青山/柴原「嬉しかった」 (22時00分)

全豪躍進の米国勢 自己最高更新 (20時52分)

ゴファン、チャレンジャー優勝 (20時22分)

全豪OPとダンロップが契約更新 (20時02分)

アルカラス、ジョコを祝福 (19時31分)

大坂 10カ月ぶりトップ50圏外へ (17時21分)

西岡33位、綿貫は自己最高へ (16時30分)

ジョコに「ただただ感心」 (15時16分)

「ビッグタイトル数」ジョコ66に (13時46分)

全国選抜 出場56校が発表 (12時51分)

全豪V ジョコが1位奪還 (11時02分)

フェデラー、ジョコを祝福 (9時21分)

チチパス「欲しくてたまらない」 (8時26分)

ジョコ「まだやる気十分ある」 (7時34分)

1月29日

チチパス「彼は最も偉大な選手」 (21時54分)

ジョコ「人生最大の勝利」 (21時34分)

チチパス 悲願のGS初制覇ならず (21時05分)

ジョコ 史上最多タイGS22勝目 (20時42分)

【1ポイント速報】チチパスvsジョコビッチ (18時15分)

フェデラー BLACKPINKとの写真公開 (18時13分)

地元ペアが2年連続全豪OP制覇 (17時25分)

青山/柴原「経験の差が出た」 (16時10分)

勝利で1位に 全豪決勝は今夜 (15時22分)

青山/柴原ペア 全豪OP準V (14時44分)

【1ポイント速報】青山/柴原ペア 全豪OP決勝 (13時05分)

ジョコは「信じられない選手」 (10時50分)

サバレンカ「人生最高の日」 (10時11分)

準Vルバキナ「質は良かった」 (9時19分)

小田凱人 GS決勝は「大きな経験」 (8時23分)

上地「引き続き頑張っていきたい」 (7時28分)

1月28日

サバレンカ「まだ震えている」 (20時56分)

サバレンカ GS初制覇 (20時14分)

【1ポイント速報】サバレンカvsルバキナ 全豪OP決勝 (17時31分)

16歳小田凱人、全豪OP優勝ならず (15時51分)

【1ポイント速報】小田、上地、全豪OP決勝 (14時30分)

上地結衣 全豪OP準V (12時09分)

アルカラス 1位陥落が決定 (9時38分)

青山/柴原「優勝したい」 (7時10分)

1月27日

錦織 コートでの練習シーン公開 (21時38分)

ハチャノフ「接戦だった」 (21時27分)

ジョコ決勝へ「何が起こるか見てみよう」 (21時02分)

ジョコ 全豪歴代1位の記録作り決勝へ (20時06分)

【1ポイント速報】ジョコビッチvsポール (17時34分)

木下晴結/ 齋藤咲良ペアが準V (17時25分)

チチパス 世界1位かかる決勝へ (17時21分)

アザレンカ「選手は関係ない」 (17時00分)

チチパス 全豪OPで初の決勝へ (16時05分)

【1ポイント速報】チチパスvsハチャノフ (15時30分)

青山/柴原「スタート良かった」 (15時28分)

石井さやか 全豪Jr決勝ならず (14時18分)

青山/柴原組 GS初の決勝進出 (13時16分)

【1ポイント速報】青山/柴原vsガウフ/ペグラ (11時55分)

ジョコ、ナダルの記録「目標」 (11時52分)

ナダル 負傷の近況を報告 (10時32分)

木下/齋藤ペア 全豪Jr決勝へ (9時17分)

小田 GS初決勝「ついに」 (8時46分)

上地結衣「満足はいってない」 (8時18分)

サバレンカ「決勝が楽しみ」 (7時49分)

小田凱人 引退国枝に「悔しい」 (7時10分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!