国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコ 自身の「原動力」明かす

ノヴァーク・ジョコビッチ
優勝を果たしたジョコビッチ
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのツアー最終戦Nitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)は20日、シングルス決勝が行われ、第7シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第3シードのC・ルード(ノルウェー)を7-5, 6-3のストレートで破り、R・フェデラー(スイス)に並ぶ史上最多タイの6度目の優勝を飾った。試合後の会見では「常に自分が世界最高のプレーヤーだと考えている」と語り、タイトルを獲得し続けるモチベーション維持の要因を明かした。

>>ATPファイナルズ 組合せ・結果<<

Nitto ATPファイナルズは年間の獲得ポイント上位8名のみが出場できる大会。ジョコビッチは過去2008年と2012年から2015年にかけての計5度優勝している。

予選ラウンドロビンではS・チチパス(ギリシャ)A・ルブレフD・メドベージェフに勝利。19日に行われた準決勝ではT・フリッツ(アメリカ)をストレートで下し4戦全勝で決勝に駒を進めていた35歳のジョコビッチは、過去3度対戦し、未だ1セットも落としていない3連勝中のルードと顔を合わせることとなった。

決勝戦、積極的にネットプレーを試みるジョコビッチは3度ブレークチャンスがあったものの互いにサービスゲームをキープして終盤へ。それでも6-5で迎えた第12ゲーム、タイブレークに突入するかと思われたが、ジョコビッチがこの日4度目のブレークポイントとなるセットポイントを決め52分で先行する。

第2セット、徐々に押し込む展開が増えたジョコビッチは第4ゲームでルードを左右に振り回し体勢を崩しブレークに成功。接戦となった第1・第2セットだが、結果的に1度もブレークチャンスを与えることなく、最後はサービスエースで締めて1時間34分で勝利した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトには大会最年長優勝となったジョコビッチのコメントが掲載された。

「未来がどうなるかなんてわからないけど、僕の心の中にあるのはトロフィーを獲得したいという強い気持ちなんだ。このスポーツの歴史を作り、世界のトップレベルで戦い、スポーツファンやテニスファンに感動を与えること。それが、僕の原動力なんだ」

「僕にはさまざまなモチベーションの要因があるが、今のところどのようなモチベーションも欠けてはいない。もちろん、誰にでも悪い日や悪い週はある。でも、気持ちはまだそこにあるんだ。常に自分が世界最高のプレーヤーだと考えている。そういうメンタリティーを持っているんだ。ネットの向こう側が誰であろうと、サーフェスがどうであろうと、今が何シーズン目であろうと、プロとして何シーズン目であろうと、常に同じように戦っている。いつも同じ。野望は、可能な限り高く持っているよ」

「決勝を見てくれた子どもたち、そして妻に感謝している。普段のツアーではこのような時間を過ごすことはあまりないから、できる限り楽しんでいるんだ。特に息子はテニスのトレーニングやウォームアップ、試合にたくさん連れて行った。決勝ではとても大きな声を出していたね。とても驚いたよ。彼の声がずっと聞こえていた。とても夢中になっていたんじゃないかな。彼らの存在はツアーでの生活を楽にしてくれる。このような大きな大会では、プレッシャーや期待、緊張感があるが、彼らがいるとそれが少し和らぎ、家族と充実した時間を過ごすことができるんだ。そうすることで心が落ち着き、次の日に最高のテニスができるようになる。その瞬間をとても大切にしたいね」

ジョコビッチは今季マッチ42勝7敗でシーズンを終了。ウインブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)を含むツアー4勝をあげた(ATPファイナルズを含めると5勝)。




■関連ニュース

・男女の賞金格差 19歳が疑問
・フェデラー「終わりではない」
・錦織 復帰は「先が見えない」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年11月21日10時54分)

その他のニュース

11月30日

SBCドリームテニスツアー観戦チケットをプレゼント (18時30分)

大坂なおみ 初の著書「楽しみ」 (18時23分)

ナダル「感動的な雰囲気」 (17時30分)

キリオス 来季の芝大会出場へ (16時14分)

ダニエル太郎、添田豪と練習 (15時22分)

デ杯準優勝「とても特別」 (13時35分)

四大大会 ベストゲーム5選 (12時59分)

男女の機会均等に向け第一歩 (11時47分)

錦織 来季デルレイビーチ出場へ (9時36分)

ラドゥカヌ 英国勲章授与「光栄」 (8時22分)

敗戦ショック「頭の中グルグル」 (7時34分)

11月29日

準V野口「戦えて良かった」 (22時27分)

18歳ガウフ NFLの応援に (21時01分)

シャポ「夢を持ちながら育った」 (20時02分)

ワウリンカ「自信になった」 (19時03分)

ズベレフ「全豪前に試合を」 (18時03分)

ティアフォー 敗退は「良かった」 (17時02分)

ナダル訪問「光栄に思う」 (16時28分)

守屋「自分を信じ挑戦する」 (14時47分)

ツアー大会 ベストゲーム5選 (12時22分)

綿貫「本当に信じられない」 (10時43分)

内山「怪我に苦しんだ1年」 (9時06分)

デ杯 ビーンズドームで開催 (8時31分)

11月28日

島津全日本室内テニス選手権 12月に開催 (21時31分)

デ杯2023予選 組合せ決定  (19時59分)

前週V綿貫キャリアハイ更新 (17時14分)

バドサ、スペイン戦を現地観戦 (16時03分)

キリオス SNSで対戦相手募集 (15時17分)

ラオニッチ「最高の瞬間」 (12時53分)

ルードがナダルから初白星 (11時55分)

フェレールとピケ、デ杯を観戦 (11時10分)

シャポ「気持ちが強かった」 (10時33分)

オジェ、デ杯Vに「夢見てた」 (9時22分)

ジョコ、デ杯優勝カナダを祝福 (8時19分)

カナダ 豪を破りデ杯初優勝 (7時41分)

11月27日

テニス選手会 公式グッズ登場 (18時01分)

綿貫陽介「最高の締めくくり」 (17時58分)

ナダル 空港でリフティング披露 (17時15分)

清水悠太 CH複で2週連続V (15時22分)

綿貫陽介 CHで2週連続優勝 (14時02分)

ナダル、ブラジルでルード破る (12時53分)

綿貫、決勝「死ぬ気で頑張る」 (11時41分)

オジェ「優勝するのが目標」 (10時44分)

カナダがイタリア破り決勝へ (9時56分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!