国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコは「もっと良くなる」

ゴラン・イバニセビッチ
チームと喜ぶジョコビッチ(左がイバニセビッチ氏)
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのツアー最終戦Nitto ATPファイナルズ(イタリア/トリノ、室内ハード)は20日、シングルス決勝が行われ、第7シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が第3シードのC・ルード(ノルウェー)を7-5, 6-3のストレートで破り、R・フェデラー(スイス)に並ぶ史上最多タイの6度目の優勝を飾った。試合後にはコーチのG・イバニセビッチ(クロアチア)氏が「これからももっと良くなる」とコメントした。

>>ATPファイナルズ 組合せ・結果<<

Nitto ATPファイナルズは年間の獲得ポイント上位8名のみが出場できる大会。ジョコビッチは過去2008年と2012年から2015年にかけての計5度優勝している。

予選ラウンドロビンではS・チチパス(ギリシャ)A・ルブレフD・メドベージェフに勝利。19日に行われた準決勝ではT・フリッツ(アメリカ)をストレートで下し4戦全勝で決勝に駒を進めていた35歳のジョコビッチは、過去3度対戦し、未だ1セットも落としていない3連勝中のルードと顔を合わせることとなった。

決勝戦、積極的にネットプレーを試みるジョコビッチは3度ブレークチャンスがあったものの互いにサービスゲームをキープして終盤へ。それでも6-5で迎えた第12ゲーム、タイブレークに突入するかと思われたが、ジョコビッチがこの日4度目のブレークポイントとなるセットポイントを決め52分で先行する。

第2セット、徐々に押し込む展開が増えたジョコビッチは第4ゲームでルードを左右に振り回し体勢を崩しブレークに成功。接戦となった第1・第2セットだが、結果的に1度もブレークチャンスを与えることなく、最後はサービスエースで締めて1時間34分で勝利した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはコーチを務める元世界ランク2位のイバニセビッチ氏のコメントが掲載された。

「彼は22歳の時よりもさらにハードに練習しているんだ。だから今でも優秀だし、これからももっと良くなる。練習への意欲、向上心、より良くなろうとする意志は素晴らしいものだ。彼は、自分の体を大切にしている。僕の時代には、30歳、31歳でテニスを辞めていた。もう、引退を覚悟した年寄りだったんだよ。でも今は、信じられないくらいだよね」

「数年前のロジャー(フェデラー)を見て、ラファ(ナダル)を見てほしい。そして彼(ジョコビッチ)を。彼らは皆、若いプレーヤーが台頭してきていると話している。今年、信じられないような活躍をした最年少の1位、カルロス(アルカラス)がいる。でも、ノヴァークを見てごらん。彼はまだハングリーで、トーナメントに勝ち続け、信じられないようなテニスをしているんだ」

「今の彼はさらに良くなっている。常に向上心を持ち続けている。特に今週は、サーブのパーセンテージが素晴らしく精度も高かった。必要なときにはいつでも、信じられないようなファーストサーブを打つんだ。セカンドサーブは、もっと良くなっているよ。でも、彼のサーブは最高のショットのひとつで、みんな、他のことがありすぎて、サーブについて話すのを忘れているんだ。彼は最高のサーバーの1人。特に、タイトでタフなとき、プレッシャーの中で信じられないようなサーブを打っていたよ」

敗れた23歳のルードは2年連続2度目のATPファイナルズで初の決勝進出となったが、栄冠を勝ち取ることはできなかった。




■関連ニュース

・男女の賞金格差 19歳が疑問
・フェデラー「終わりではない」
・錦織 復帰は「先が見えない」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年11月21日8時42分)

その他のニュース

3月5日

元世界21位が引退、五輪でメダルも獲得 (19時19分)

柴原瑛菜 シングルス初優勝 (18時08分)

西岡 3時間死闘の末に予選敗退 (12時37分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsシャン (11時55分)

ナダルとラオニッチ 初戦で激突 (11時50分)

ダニエル太郎 初戦は世界84位 (10時53分)

大坂なおみ 初戦は予選勝者に (10時24分)

ルブレフ 賞金&ポイント没収なし (7時36分)

望月慎太郎 シュワルツマン撃破 (6時47分)

綿貫陽介 BNPパリバOP予選欠場 (5時51分)

3月4日

西岡良仁 日本勢トップに返り咲き (18時05分)

カップルで同週V!ATP&WTA500制覇 (17時11分)

同国対決制しツアー初V「本当によくやった」 (15時23分)

2週連続Vでキャリアハイ19位へ (13時50分)

西岡、綿貫、望月がIW予選に出場 (11時51分)

日比野と本玉 揃って予選決勝へ (10時59分)

アルカラスがナダルに逆転勝ち (10時14分)

ジョコ 同胞ヨキッチと旧交温める (8時59分)

優勝後に大移動、恋人の決勝に間に合うか (7時39分)

3月3日

BNPパリバOP 日比野と本玉が予選出場 (17時52分)

地元の期待背負い決勝へ 単複2冠に王手 (16時42分)

デミノーが連覇 通算8勝目 (15時25分)

18歳新星に主催者推薦 BNPパリバOP (14時21分)

ATPが150万円、チチパスは225万円を寄付 (12時10分)

ナダル&アルカラス 復帰はエキシビションから (11時07分)

ルブレフ失格に「マイナーリーグだ」 (10時16分)

好調のアンベールが今季2勝目 (9時11分)

【動画】現役最後の試合を終え、涙を流すジョンソン (0時00分)

【動画】カップルで同週V!熱い抱擁で喜びを分かち合うデミノーとボールター (0時00分)

3月2日

復帰迫るナダルがディミトロフと練習! (17時14分)

逆転勝利の要因に”まさかの例え” (16時19分)

連覇に王手「彼の1日も早い回復を」 (15時25分)

優勝候補撃破も大ブーイング (13時20分)

メド撃破し決勝進出「完璧な試合」 (12時07分)

相手失格も擁護「彼はそんな男じゃない」 (10時37分)

失格に物議「確認すべき」 (9時30分)

世界5位が線審を怒鳴りつけ失格 (8時31分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!