国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

内島は涙「申し訳ないです」

内島萌夏
会見で涙を流した内島
画像提供: tennis365.net
女子テニスの国別対抗戦 ビリー・ジーン・キング・カップ by ゲインブリッジ(日本/東京、ハード)プレーオフ「日本vsウクライナ」は12日に大会2日目が行われ、シングルス第1試合に登場した世界ランク105位の内島萌夏は同70位のM・コスチュク(ウクライナ)に0-6, 3-6のストレートで敗れ、日本はウクライナに0勝3敗となりプレーオフ敗退が決まった。試合後の会見で内島は「勝てなかったのは本当に申し訳ないです」と涙で語った。

>>ATPファイナルズ 組合せ・結果<<

>>【BJK杯】日本vsウクライナ 対戦表・結果<<

前日行われた大会1日目では土居美咲がコスチュクに、内島がK・ザワツカ(ウクライナ)にストレートで敗れ、0勝2敗として崖っぷちに追い込まれていた日本。2日目の12日に組まれたシングルス2試合とダブルス1試合のすべてに勝利することがファイナル予選ラウンド進出の絶対条件だった。

この試合、内島はコスチュクの強烈なフォアハンドに押されダウンザラインを決められるなど苦戦。サービスゲーム時ではリターンエースを放たれ6ゲームを連取され第1セットを落とす。

第2セットでは第1ゲームでバックハンドクロスのウィナーを決めるなどブレークポイントを握るもこれを決め切れず3ゲーム連取を許す。第4ゲームでは初めてキープしたものの、その後ブレークバックをすることができないまま力尽きた。

日本は昨年4月のプレーオフでもウクライナと対戦し敗北。地域グループ1部に回り、今年は中国、韓国、インド、インドネシア、ニュージーランドと共にアジア/オセアニア・グループ1部に所属。6カ国による総当たりのリーグ戦が4月に行われ、全勝の日本と4勝1敗の中国がプレーオフ進出を決めていたが、今回も再びウクライナに阻まれ敗退となった。

試合後の会見で内島は「昨日、初日0-2で終わりましたけどまだまだチャンスはあるとチーム全員と話し合い、最初私が良い流れでみんなに繋げられたらと思っていたんですけど、なかなか自分のプレーもできず正直すごい悔しいです。相手も格上の選手ですし、世界のトップで常に戦っている相手だったので、数少ないチャンスをものにしていかないと勝てないとはわかっていました。それでもなかなかチャンスをもらえず、しっかりやられてしまったという感じです」とコメントした。

「もちろん自分が負けたらチームが負けるというのはわかっていましたし、2セットとも1ゲーム目でチャンスがありました。そこで取れていたら流れも変わっていましたし、気持ち的に相手にもプレッシャーかかっていましたし、実際硬かったので、そこで取れていたら流れがこっちに来ていたかもしれないです。相手のサービスゲームだったのでサーブも良いものが入ってましたし、しょうがないと言ったらあれですが、取り切れなかったものは取り切れなかったでただ悔しいです」

最後に内島は自身を代表に選出した監督の土橋登志久氏に言及。土橋氏は今大会で監督を退くことが決まっており、来季からは杉山愛氏が就任する。「まだまだ自分はこういう舞台で戦うには経験も浅いですし、トップの選手と今年やっと戦えるまで上がってきて、実際まだ戦えてないですし課題もいっぱいです。そのなかでも土橋監督に選んで頂いて、勝てなかったのは本当に申し訳ないです。来年、杉山さんのチームになるのでまたもっと強くなってファンの皆さんの前だったり、もっと強くなれるように頑張りたいと思います」と涙ながらに語った。

試合の日程・対戦カードは以下の通り。

・1日目
第1試合 土居美咲 6-7 (1-7), 4-6 コスチュク
第2試合 内島萌夏 6-7 (3-7), 2-6 ザワツカ

・2日目
第1試合 内島 0-6, 3-6 コスチュク
第2試合 土居 vs. ザワツカ※勝敗が決したため行われず※
第3試合 青山修子/ 柴原瑛菜 vs. ザワツカ/ L・キチェノック(ウクライナ)

【日本代表メンバー】
土居美咲(ミキハウス)
内島萌夏(フリー)
柴原瑛菜(橋本総業ホールディングス)
石井さやか(HSS)
青山修子(近藤乳業)
監督:土橋登志久(日本テニス協会)

【ウクライナ代表メンバー】
コスチュク
ザワツカ
キチェノック
監督:ミハイル・フィリマ

[PR]フェデラーがスタジオ生出演!
「フェデラー生出演!WOWOWテニススペシャル ありがとう、ロジャー・フェデラー」
11/19(土)午後1時から 5時間生放送!

「Nitto ATPファイナルズ」
11/13(日)~11/20(日)WOWOWオンデマンドで配信!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・男女の賞金格差 19歳が疑問
・フェデラー「終わりではない」
・錦織 復帰は「先が見えない」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年11月12日15時40分)

その他のニュース

3月2日

優勝候補撃破も大ブーイング (13時20分)

メド撃破し決勝進出「完璧な試合」 (12時07分)

相手失格も擁護「彼はそんな男じゃない」 (10時37分)

失格に物議「確認すべき」 (9時30分)

世界5位が線審を怒鳴りつけ失格 (8時31分)

3月1日

11連敗阻止「1つ返せてうれしい」 (22時46分)

ルード 21歳シェルトン下し4強 (22時01分)

ルーネ4強 ドイツ人には6戦全勝 (19時43分)

ジョコが大学へ 背面ショット披露 (18時50分)

2024年ジャパンOP日程が決定 (17時47分)

清水悠太 CH通算5度目の4強 (17時03分)

マレーらに次ぐ英国3人目の4強 (16時30分)

あわや大惨事 ベンチに激突し向こう側へ (15時51分)

大学進学せず 17歳がプロ転向決断 (15時14分)

緊迫場面で選手スマホに着信 (13時56分)

マイアミOP ヴィーナスら3選手にWC (12時30分)

11度目の正直 デミノーがチチパス撃破 (11時29分)

【1ポイント速報】デミノーvsチチパス (9時02分)

昨年王者メドら順当に4強入り (8時33分)

錦織 マイアミOP出場を発表 (6時58分)

【動画】勝利するも観客から大ブーイングを浴びるムーテ (0時00分)

【動画】ルブレフ失格の一部始終 (0時00分)

2月29日

激闘制し30年前の父に並ぶ8強 (22時48分)

ナダル 練習で強烈フォア披露 (21時52分)

19歳フィス 完勝で今季3度目8強 (21時00分)

昨年Vデ ミノー8強 “天敵”と激突 (19時27分)

「マレーが今年引退すると思わない」 (18時30分)

西岡「身体の状態あまり良くない」 (17時32分)

清水悠太 第1シード撃破で8強 (16時34分)

チチパス、ツアー70度目の8強 (14時54分)

ATP サウジ政府系ファンドと提携 (14時32分)

負傷に苦しむ元世界6位 半年ぶり復帰へ (13時16分)

幾多のピンチ乗り越え逆転勝ち (12時24分)

43分圧勝劇で父の記録に並ぶ コルダが8強へ (11時24分)

西岡良仁 世界50位に完敗で8強逃す (10時27分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsドレイパー (9時04分)

珍記録?9セット連続タイブレーク (9時00分)

メド逆転勝ち「緊張しすぎ」も8強 (8時09分)

元世界1位マレー 今夏での引退を示唆 (6時47分)

2月28日

島袋将 今季初CH8強ならず (21時51分)

ディアドラ 春夏アイテム第1弾が勢揃い (20時55分)

トップ10復帰へ チチパス初戦突破 (19時50分)

元1位を逆転で撃破「クレイジー」 (19時02分)

再タッグ後初戦で白星「いい感じ」 (18時05分)

3時間超え死闘制し2回戦へ (17時07分)

波乱 ズベレフが初戦敗退 (16時14分)

干物プレゼント!初中級~中級 混合ダブルス大会開催 (15時44分)

干物プレゼント!初級 混合ダブルス大会開催 (15時31分)

西岡良仁、深夜終了に見解 (15時00分)

ポルトガルテニスのパイオニアが引退 (13時42分)

イレギュラーに不満「プレー不可能」 (12時39分)

派手な雄叫びに激怒「黙ってろクソ野郎」 (11時14分)

躍進の18歳 6試合で4人トップ50撃破 (10時06分)

本玉真唯 予選突破も世界43位に完敗 (8時40分)

メド初戦突破、元世界6位新コーチ帯同 (7時45分)

【1ポイント速報】本玉真唯vsシニアコバ (6時55分)

【動画】フルカチュ勢い余ってベンチに突っ込む あわや大事故の瞬間 (0時00分)

【動画】試合中、選手のバッグからスマホのコール音が… (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!