国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

添田豪、現役生活に終止符

添田豪
添田豪
画像提供: tennis365.net
日本テニスの頂点を争う大会、大正製薬リポビタン 全日本テニス選手権97th(東京/有明、ハード)は大会7日目の28日、男子シングルス準々決勝が行われ、今大会限りで現役を引退する第2シードの添田豪(GODAI)は第12シードの伊藤竜馬(橋本総業ホールディングス)に6-7 (4-7), 6-7(5-7)のストレートで敗れ、ベスト4進出とはならず。この試合が現役ラストマッチとなった。

>>全日本 男子シングルス組合せ・結果<<

>>全日本 女子シングルス組合せ・結果<<

現在38歳、元世界ランク47位の添田は2015年に同大会で準優勝して以来の出場。2008年には決勝で伊藤、2009年には決勝で杉田祐一を破って優勝を飾っている。今大会では3回戦でワイルドカード(主催者推薦)で出場した原﨑朝陽(ノアテニスアカデミー神戸垂水)を6-2,6-4のストレートで下して8強入りを決めた。

一方、34歳の伊藤は全日本テニス選手権で2013年に決勝で西岡良仁、2018年は決勝で徳田廉大を破り優勝。2008年、2011年、2012年に準優勝をおさめている。4年ぶり11度目の出場となった今大会、3回戦で第6シードの田沼 諒太(橋本総業ホールディングス)を6-4, 6-3のストレートで破って8強に駒を進めている。

添田のラブゲームキープから始まったこの試合、伊藤が第5ゲームで先にブレークに成功。その後は互いにサービスキープが続き、ゲームカウント5-4で伊藤がサービング・フォー・ザ・セットを迎える。しかし、添田は5度のセットポイントを凌いでブレークバックに成功し、タイブレークに突入する。

一進一退の攻防となったタイブレークではポイント4-4の場面で伊藤が唯一のミニブレークに成功。6度目のセットポイントを決めて第1セットを先取する。

第2セットに入ると伊藤が第2ゲームでブレーク奪って3-0とリードするも、添田が第5ゲームでブレークバックに成功。両者サービスキープが続いて迎えた第12ゲームで伊藤が2度マッチポイントを握るも添田が凌ぎ、2セット連続でタイブレークに突入する。

タイブレークに入ると、添田が1ポイント目でミニブレークに成功するも伊藤が5ポイントを連取して逆転。伊藤が添田の反撃を制してベスト4進出を決め、添田の現役生活に終止符が打たれた。

勝利した伊藤は準決勝で第4シードの関口周一(Team REC)と対戦する。




■関連ニュース

・添田と伊藤がラストマッチ
・坂詰 姫野、全日本初の決勝へ
・関口周一、次戦は「胸アツ」

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年10月28日16時00分)

その他のニュース

6月19日

四大大会V経験者4名に主催者推薦 (21時34分)

大坂なおみ ウィンブルドン出場決定 (18時33分)

芝で転倒し叫び声、靭帯捻挫 (18時15分)

ズベレフ 世界474位に大苦戦 (16時12分)

加藤/シュアイ組 完勝で芝8強へ (14時23分)

前週Vのデミノー 中一日で挑むも初戦敗退 (11時42分)

マレー 現役5人目 1000試合に到達 (11時01分)

“世界1位”としての初戦に逆転勝ち (10時01分)

昨年王者アルカラス 芝初戦白星 (8時00分)

大坂なおみ撃破「手強い相手」 (6時54分)

6月18日

錦織圭 次週大会に向け練習公開 (22時44分)

ダニエル太郎 世界12位に完敗 (21時24分)

大坂なおみ 世界8位に惜敗 (20時26分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsフリッツ (20時00分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsジェン (17時59分)

小田凱人 2週連続Vで世界1位返り咲き (15時55分)

6月末で終了「ディアドラ」プレゼントキャンペーン実施中 (15時41分)

世界10位も五輪欠場「膝を危険にさらす」 (15時11分)

完勝ディミ 好調維持し芝シーズンスタート (12時13分)

世界3位が五輪欠場「休養を…」 (11時07分)

メド 序盤苦戦も芝初戦は白星 (10時02分)

ラオニッチ 1試合の最多エース記録樹立 (8時20分)

6月17日

日比野菜緒 世界24位に屈し初戦敗退 (22時58分)

【1ポイント速報】日比野菜緒vsカリンスカヤ (20時55分)

アルカラス 100週連続でトップ5維持 (19時03分)

ダニエル85位 錦織400位に (16時19分)

デミノーが自己最高へ 17日付世界ランク (15時46分)

逆転勝ちの内島萌夏が本戦入り (14時00分)

日比野菜緒 WTA500芝大会で本戦入り (12時13分)

“三度目の正直”で初V 22歳が英国勢トップへ (11時38分)

17歳の齋藤咲良 ITF大会で優勝 (10時32分)

大坂なおみ 世界ランク113位に浮上 (9時36分)

今季2度目 カップルで同週にツアーV (8時20分)

ダニエル太郎、初戦でフリッツと激突 (7時20分)

6月16日

元世界6位撃破 22歳がツアー初V (23時45分)

デ ミノー 通算9度目V 自己最高7位へ (22時31分)

ダニエル太郎 相手棄権で本戦へ (21時32分)

【中止】ダニエル太郎vsコキナキス (21時20分)

西郷里奈 大東建託OP東京大会でV (19時54分)

シナー明かす フェデラーの助言 (19時02分)

9度目V王手で自己最高8位へ (18時03分)

大坂撃破の元世界4位 5年ぶりV王手 (16時26分)

18歳の本田尚也 ナダルと練習 (15時52分)

【厳選】今週のスーパープレー5選 (15時08分)

幻の焼き芋付き!女子ダブルス大会 (15時07分)

3試合以上できる!混合ダブルス大会 (14時57分)

島袋将 大会側のミスで出場取消しに (11時20分)

元世界6位が復活 3冠に王手 (10時06分)

ダニエル太郎 逆転勝ちで本戦王手 (8時48分)

大坂なおみ 初戦で世界8位と激突 (7時33分)

錦織圭 17日開幕芝大会は欠場 (6時37分)

【動画】ティアフォーが転倒した場面(9:18~) (0時00分)

【動画】錦織圭 次週大会に向け練習 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!