国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

「まいにち盛田」でテニス上達

まいにち盛田
まいにち盛田
画像提供: まいにち盛田
Instagramの国内テニスレッスン系アカウントとして最大の3万人を超えるフォロワー数を誇る「まいにち盛田」。全日本ジュニア優勝経験者による、練習メニュー動画やサーブ、ストローク、ボレーの各ショットの解説を配信する同アカウントが誕生した経緯、多くの支持を受ける理由や配信コンテンツの特徴、そして今後の展開について迫った。

【まいにち盛田インタビュー】
〜ジュニア時代、そして「まいにち盛田」を始めるまで〜

Q.テニスを始めたキッカケ
テニスを始めたのは小学1年生です。小学生になって誕生日プレゼントとして習い事を何か始められることになり、姉がテニスをしていたのをよく見学していたのでテニスを選びました。

Q.テニス以外のスポーツ経験
水泳を小学3年生頃から少しだけしていました。途中からテニスの試合などで月末の試験日に行くことが出来ないことが増えて、進級できずにずっと背泳ぎで足踏みしていたのを覚えています、、笑

Q.ジュニア時代に印象に残っていること
小学5年生から中学1年生ぐらいの頃、本格的に強くなりたいと思ってテニススクールの所属を変えて、増田健太郎コーチに教わっていた時期がありました。周りの人達も強くなりたい人やプロを目指したい人が多く、切磋琢磨し合ってとてもいい刺激をもらっていました。
仲間として一緒に頑張る存在であると同時に、ライバルとして負けられない存在でもあり、小さいながらに勝負の世界を経験させてもらうきっかけとなりました。
勝負の世界は年齢、友達など関係なく甘くないこと、強くなるためにはメンタル面も強くないといけないことなど学び、私のテニス人生ではとても良い経験をさせてもらったと思っています。

Q.社会人になってからのテニスの活動
全くしていませんでした。むしろ社会人になった頃は「もうテニスはいいかなぁ」って感じでした。転機となったのは社会人になって久しぶりにテニスをした時です。試合で「勝たないといけない」というプレッシャーが無くなったからか、すごくテニスが楽しく感じるようになっていることに気付きました。
そんなタイミングで、「まいにち盛田」を始めるきっかけをいただき、大学時代の私を知っている人からは、今テニスをしていることを驚かれるぐらい楽しみながらテニスをさせてもらっています。

〜「まいにち盛田」が始動〜



Q.「まいにち盛田」を始めた経緯
発信を始めたのは2020年の秋頃です。テニスショップの広報として始めました。「ショップとして物を売るだけではなく、この業界にインパクトを残せるものを作り上げたい」という代表の言葉をうけて、どうすれば名前を知ってもらえるのか、皆様の役に立てるのかを考えた結果、「まいにち盛田」が出来上がりました。

Q.元々SNSの発信に積極的だったか
いいえ、好きではありませんでした。SNSで気になることを検索することはありましたが、発信は全くしたことがありませんでした。そのため、「まいにち盛田」に3万人ものフォロワーの方々がいる実感が正直まだ全然湧いてなかったりします、、

Q.「まいにち盛田」の特徴
女性目線で各テーマについて発信しているところが大きな特徴かなと思います。女性はもちろん、男女・ジュニアに共通するニュアンスを紐解いていくことを意識しています。またプロに教わった練習内容やポイント形式での駆け引きなど、全国大会で培った経験、感覚を一般の方々に実践しやすいように噛み砕いて発信し、テニスの上達に寄り添えるアカウントだと思っています。
可能な限り短くまとめるようにしているので、仕事のお昼休み、部活や練習前の隙間時間にサクッと見たい方にもおすすめです。

Q.人気のショットやテーマ
バックハンドとサーブが視聴者の関心が高い傾向にあると思います。理由はバックハンドを私が得意としていて、自信があるのでよく前面に出しているのもあると思いますが、、笑 でもだからこそ、反応が良いと視聴者さんのお役に立てていると感じて嬉しいです。
サーブに関しては、悩み相談のコメント、DMが1番多いように感じます。フォロワーさんの中でも試合に出ている方が多いので、「サーブが入らないと試合が始まらない」ことからも、需要があるのでは、と思います。

〜2022年、転換期を迎える〜

Q.今後の目標
今年は実際に皆さんと対面でお話できる機会を作っていきたいと思っています。かつての私のようにテニスを嫌いになりかけている方たちが、また前向きにテニスに向き合えるようになれば嬉しいですし、スクールに通うための時間や金銭面の課題、技術面の課題、メンタル面の課題など私の経験談ですがお伝えしていき、「まいにち盛田」をきっかけにテニスを楽しんでもらえるようなアカウントになればと思っています。



そんな「まいにち盛田」ですが、実は今大きな転換期を迎えています。これからはフリーで活動することになったんです。これまで「まいにち盛田」は本当に多くの方々の支えがあって成り立ってきました。一度嫌いになったテニスをまた好きになれたり、見えないプレッシャーに押しつぶされそうになったり、様々な感情があふれ出しました。

そんな中、それでも「今一度自分の力を試してみたい、もっと活躍の場を広げたい」という思いが強くなったので、今までお世話になった方々ともお仕事をつづけながら、フリーで活動することを選びました。

今後の活動資金など色々大変なこともあると思いますが、必要とされる限り活動を続けたいと思っています。皆さんにとってお役に立てるコンテンツとしてこれからも頑張っていきたいと思っているので、応援よろしくお願いします。


>>【Instagram】まいにち盛田<<
>>【YouTube】まいにち盛田<<
>>【Twitter】まいにち盛田<<

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2022年6月27日20時00分)

その他のニュース

8月18日

シナー 相手棄権で大会初16強 (11時09分)

オジェ 2年連続の16強 (10時53分)

元1位ハレプ 史上3人目の記録 (10時10分)

クヴィトバ 6度目の16強 (9時28分)

ジョコ、バスケ親善試合を観戦 (8時57分)

チチパス 完勝で3年連続の16強 (8時28分)

ダニエル太郎 全米OP本戦入り (7時58分)

錦織、全米OPのWCに含まれず (7時30分)

マレー撃破「簡単ではない」 (7時01分)

フリッツ 50分でキリオス撃破 (6時30分)

マレー 逆転負けで16強逃す (6時00分)

8月17日

土居「気持ちを切り替え」 (23時35分)

モンフィス 全米OP欠場 (21時33分)

「プレッシャーに負けない」 (19時53分)

元70位 尾﨑里紗が今季引退 (18時40分)

ナダルと初対戦は「夢の中」 (18時12分)

全米大学王者がソネゴ撃破 (17時05分)

フリッツ 2年ぶりの初戦突破 (14時54分)

第1シードの西岡が途中棄権 (13時35分)

メド「初戦はトリッキー」 (12時24分)

セリーナと対戦「光栄な事」 (11時30分)

ヴィーナス撃破で初戦突破 (11時00分)

わずか55分の完勝で初戦突破 (10時21分)

引退意向のセリーナ 初戦敗退 (9時40分)

大坂、敗退後にセリーナを観戦 (9時15分)

デ ミノー 初戦突破、次戦オジェ (8時55分)

ポール 米国対決制し初戦突破 (8時31分)

シナー 3時間超えの激闘制す (8時00分)

キリオス初戦突破「満足」 (7時26分)

ナダル 初戦は元12位チョリッチ (6時38分)

元世界3位ワウリンカ「光栄」 (6時00分)

大坂なおみ 2週連続の初戦敗退 (1時22分)

【1ポイント速報】大坂vsザン (0時07分)

8月16日

元世界3位 3年ぶり初戦突破 (22時39分)

カレノ=ブスタ浮上、最終戦ランク (19時19分)

土居美咲 17歳新鋭に敗れる (18時31分)

21歳で世界1位「長期的に考える」 (15時48分)

31本エース 辛くも初戦突破 (14時45分)

デ杯GS ジョコら出場 (13時51分)

ベレッティーニ下し初戦突破 (12時13分)

フェルナンデスが初戦敗退 (10時10分)

マレー激闘制す「疲れ感じる」 (9時00分)

キリオス 2年半ぶり20位台へ (8時49分)

アルカラス「自分への挑戦」 (8時29分)

ナダル「最後まで戦えるよう」 (7時55分)

ワウリンカ 4大会連続の初戦敗退 (6時59分)

マレー初戦突破 ワウリンカ撃破 (6時14分)

【1ポイント速報】マレーvsワウリンカ (3時00分)

8月15日

大坂39位、土居は95位に (19時02分)

西岡TOP50目前の51位に (18時02分)

メド全米へ「自信つけたい」 (15時51分)

18歳ガウフ 複1位に到達 (15時01分)

大坂39位 15日付世界ランク (13時38分)

錦織 12年ぶり300位台へ (12時43分)

錦織「手術して良かった」 (11時00分)

ナダル 今は「健康維持」が1番 (8時51分)

ハレプ 4年ぶり3度目V (8時11分)

カレノ=ブスタ MS初優勝 (7時30分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!