国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

メルツァー引退「ここでお別れ」

ユルゲン・メルツァー
ユルゲン・メルツァー
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニスのエルステ・バンク・オープン(オーストリア/ウィーン、室内ハード、ATP500)は27日、ダブルス1回戦が行われ、J・メルツァー(オーストリア)/ A・ズベレフ(ドイツ)組は第3シードのJ・ピアース(オーストラリア)/ F・ポラセック(スロバキア)組に6-7 (3-5),5-7のストレートで敗れて初戦敗退となった。また、メルツァーにとってこの試合が現役ラストマッチになる。

>>サンクトペテルブルク・オープン組み合わせ<<

40歳のメルツァーは地元で開催される今大会を現役最後の大会と位置づけ出場。シングルスで世界ランク4位のズベレフとともにタイトルを狙っていた。

試合では1度しかブレークを許さなかったものの、結果としてストレート負け。しかしメルツァーは会見で「最後の試合をホームでプレーできるというのは、ボーナスのようなものだと思っていた」と語った。

「ホームでの別れは誰にとっても特別なもの。僕のキャリアが始まった場所であり、多くの成功をおさめた場所でもある。僕はオーストリアにおいて、このスポーツのアンバサダーとしてできる限り好きになってもらおうとしてきた。今日は実際に観客がたくさん来てくれて、ここでお別れをすることができて僕にとってはとても意味のあることだ。このことは絶対に忘れないよ」

メルツァーは1999年に18歳で同大会に出場。2009・2010年にはシングルスで優勝を果たした。また、ダブルスでは2010年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)と2011年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)を制覇し、近年はダブルスプレーヤーとして活躍。今年2月にはオーストリアテニス協会のスポーツ・ディレクターに就任している。

ツアーを離れることについての心残りについては「人々を楽しませたり笑顔にすることを考えてきた。勝利は二の次だよ。ツアーで過ごした時間や色んな人たちとの出会い。勝ち負けではなく、そういうことが1番寂しいことだ」と明かした。

「最後の試合のとき、観客から『彼はまだここで何をしているんだ』と思われないこと。あるいは、僕がもう昔のレベルではないと思われることは嫌だった。今日は接戦だったけど、この終わり方は僕が最も望んでいたことなんだ」

[PR]男子テニスATPツアー500 ウィーン
10/25(月)~10/31(日)

男子テニスATPツアー マスターズ1000 パリ
11/1(月)~11/7(日)

WOWOWオンデマンドで配信!

■放送&配信スケジュールはこちら>


■関連ニュース

・マレー怒り「尊敬失くした」
・「大坂の考え同意できない」
・錦織 1つ上げて48位に浮上

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2021年10月28日15時58分)

その他のニュース

3月5日

西岡 3時間死闘の末に予選敗退 (12時37分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsシャン (11時55分)

ナダルとラオニッチ 初戦で激突 (11時50分)

ダニエル太郎 初戦は世界84位 (10時53分)

大坂なおみ 初戦は予選勝者に (10時24分)

ルブレフ 賞金&ポイント没収なし (7時36分)

望月慎太郎 シュワルツマン撃破 (6時47分)

綿貫陽介 BNPパリバOP予選欠場 (5時51分)

3月4日

西岡良仁 日本勢トップに返り咲き (18時05分)

カップルで同週V!ATP&WTA500制覇 (17時11分)

同国対決制しツアー初V「本当によくやった」 (15時23分)

2週連続Vでキャリアハイ19位へ (13時50分)

西岡、綿貫、望月がIW予選に出場 (11時51分)

日比野と本玉 揃って予選決勝へ (10時59分)

アルカラスがナダルに逆転勝ち (10時14分)

ジョコ 同胞ヨキッチと旧交温める (8時59分)

優勝後に大移動、恋人の決勝に間に合うか (7時39分)

3月3日

BNPパリバOP 日比野と本玉が予選出場 (17時52分)

地元の期待背負い決勝へ 単複2冠に王手 (16時42分)

デミノーが連覇 通算8勝目 (15時25分)

18歳新星に主催者推薦 BNPパリバOP (14時21分)

ATPが150万円、チチパスは225万円を寄付 (12時10分)

ナダル&アルカラス 復帰はエキシビションから (11時07分)

ルブレフ失格に「マイナーリーグだ」 (10時16分)

好調のアンベールが今季2勝目 (9時11分)

【動画】カップルで同週V!熱い抱擁で喜びを分かち合うデミノーとボールター (0時00分)

3月2日

復帰迫るナダルがディミトロフと練習! (17時14分)

逆転勝利の要因に”まさかの例え” (16時19分)

連覇に王手「彼の1日も早い回復を」 (15時25分)

優勝候補撃破も大ブーイング (13時20分)

メド撃破し決勝進出「完璧な試合」 (12時07分)

相手失格も擁護「彼はそんな男じゃない」 (10時37分)

失格に物議「確認すべき」 (9時30分)

世界5位が線審を怒鳴りつけ失格 (8時31分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!