国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

島袋将 白石光破り初代王者に

島袋将白石光
決勝を戦った島袋将と白石光(左から)
画像提供: 長浜功明/Uchiyama Cup
プロテニスプレーヤーの内山靖崇が立ち上げた大会、男子テニスのUchiyama Cup(北海道札幌市平岸庭球場/ハード、JTT1 賞金総額300万円)は最終日の12日、シングルス決勝が行われ、第1シードの島袋将が第4シードの白石光を6-3, 6-4のストレートで破り、優勝をおさめた。

>>ジョコビッチvsメドベージェフ 1ポイント速報<<

平岸庭球場を舞台に行われてきた同大会だが、決勝戦は雨天により、島袋が第1セット5-2とリードした時点で約3時間の中断を経て、インドアへ会場を移して行われた。

インドアへ移動後、互いにサービスキープをして第1セットを奪った島袋が、第2セットの白石の最初のサービスゲームでブレークに成功し、その後はサービスゲームをキープして初代チャンピオンに輝いた。

早稲田大学の卒業生である島袋と、現役3年生の白石による決勝戦は、経験に勝る島袋に軍配があがった。両者の試合後のコメントは以下の通り。



【島袋将】
「学生で実績を出していて、力もつけているし、練習もよく一緒にしている白石が相手ということで、どこまでくるか、ということを受け止めつつ落ち着いてプレーができた。第1セットの第6ゲームは中断から再開直後の白石のサービスゲームだったので、ブレークするならここだろうと思ってプレッシャーをかけていった」

「インドアへ移動し、風など気にすることなくサービスは打てるようになってはいたが、白石の粘り強さはわかっていたし、色々なことをやってくるので、安心はしていなかった。第1セット5-3、15-30までいったところを我慢してキープできたのが大きかったと思う」

「2回戦で足首を痛め、コンディションは万全ではなかったが、優勝して終わりたいという目標があったので、最後まで戦えたことにとても満足しているし、今後に繋げていきたいと思っている。勝たないといけないという自分にプレッシャーをかけながら優勝できたこと、初代の王者になれたことはうれしい」



【白石光】
「(1stセットでブレークされたゲームは)お互いそうだったとは思うけど、雨の直後で正直、足元に不安があった。インドアへ移動してからは将さんがプレッシャーなくサーブを打ってきて、とにかくリターンが返らない。正直ブレークは難しかった。とはいえ、両セットとも1ブレーク、第2セットでブレークされた後もなんとかついていって、キープはできた」

「将さんはこの大会で一番戦いたい相手だった。自分の何が通用して何が足りないのかということも理解することができたと思う。試合が終わった後、握手の時は将さんに冗談で『まだまだだな』と言われました笑」



【シングルス準々決勝〜決勝 記録】

決勝
島袋将(1) vs. 白石光(4), 6-3, 6-4

準決勝
島袋将(1) vs. 竹島駿朗(6), 6-7(4-7), 7-5, 6-2
白石光(4) vs. 鈴木昴, 6-2, 3-6, 6-3

準々決勝
島袋将(1) vs. 楠原悠介, 6-1, 6-2
竹島駿朗(6) vs. 岡村一成(Q), 6-4, 2-6, 6-1
白石光(4) vs. 竹内研人(7), 6-2, 5-7, 6-2
鈴木昂 vs. 守谷総一郎(5), 6-3, 6-7(4-7), 6-1

また前日に行われたダブルス決勝は、柚木武/楠原悠介組が河内一真/鈴木昂組に6-2, 6-3で勝利し、優勝をおさめている。

同大会は内山靖崇が、「テニスファンの方々、子供たちにプロのテニスを間近で見てもらう機会を作りたい、応援してくれる人が多くいる地元北海道への恩返しをしたい」という思いを込めて立ち上げた大会。

内山は、Uchiyama Cup開催への想いを以下のようにコメントしている。
「現在札幌ではプロの大会が行われていない状況の中、僕が以前味わった気持ちをジュニア選手に感じて貰いたいと思い、自分が100位を切ったことをきっかけに地元に恩返しをするつもりで今回『Uchiyama Cup』を開催することにしました」

「日本の選手をたくさんの方に見ていただくということももちろんですが、試合数が増えればここでのポイントを元に海外に挑戦できる選手がもっと増えるのではないかと思っています」

「そして、テニスプレーヤーに憧れる子供たちが増え、テニス愛好家の皆さんも気軽にテニスが観戦できる、そんな環境を作っていきたいと思っています」

今年はコロナ禍の影響もあり国内大会として開催され、来年以降は国際大会、複数大会の開催を目指している。

>>Uchiyama Cup試合映像はこちら<<

[PR]全米オープンテニス
8/30(月)~9/13(月)
WOWOWで連日独占生中継!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・「大坂の考え同意できない」
・錦織との不平等にジョコ不満
・大坂 なおみ、失格ジョコに言及

■おすすめコンテンツ

・テニス体験レッスン受付中
・無料ドロー作成ツール
・世界ランキング
(2021年9月12日22時49分)

その他のニュース

9月18日

35歳ガスケ CH4年ぶり4強 (9時37分)

元1位イバノビッチらが受賞 (8時04分)

9月17日

YouTube 「テクニ TF-X1」 (16時04分)

望月慎太郎 完敗でCH8強ならず (15時55分)

好調2選手が分析でトップに (14時25分)

イズナー 米開催「うれしい」 (12時35分)

ルブレフら ロシア勢が躍進 (11時20分)

好調ベンチッチ 快勝で8強入り (10時19分)

18歳新星、第2シード撃破で8強 (8時59分)

キリオス、レーバー杯へ意気込み (7時51分)

9月16日

内山靖崇 逆転勝ちで8強へ (19時36分)

元世界16位 CH8強ならず (16時15分)

メド、スタッフに感謝「誇り」 (15時27分)

元世界1位ハレプ 結婚式挙げる (14時52分)

ムラデノビッチ 快勝で8強 (14時00分)

ジョコ戦を回想「言葉失った」 (13時07分)

レーバー杯 ユニクロがウエア提供 (12時14分)

プイユ 逆転勝ちで初戦突破 (11時40分)

ガスケ完勝 レンヌCH8強 (10時10分)

二宮組 ストレート勝ちで4強 (8時30分)

マレー、レンヌCH16強逃す (7時53分)

9月15日

杉田祐一 ツアー離脱を発表 (19時52分)

メド 全米Vラドゥカヌを称賛 (18時05分)

ナダル 4年半ぶりに6位へ後退 (16時03分)

第1シード 逆転負けで初戦敗退 (15時57分)

第1シードが世界103位に敗退 (14時24分)

ジョコ 男女の全米王者を称賛 (13時25分)

錦織 54位へ浮上も西岡は後退 (12時54分)

元世界5位 快勝で初戦突破 (12時18分)

錦織 サンディエゴOP出場へ (11時27分)

望月慎太郎 CH初戦突破 (11時10分)

全米Vと準V メット・ガラ出席 (10時20分)

内山、日本人対決制し初戦突破 (8時30分)

アルカラス 21歳以下最終戦へ (7時58分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!