国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

40歳ヒューイットが殿堂入り

レイトン・ヒューイット
2020年のレイトン・ヒューイット
画像提供: ゲッティ イメージズ
男子テニスで元世界ランク1位のL・ヒューイット(オーストラリア)は24日に40歳の誕生日を迎えた。男子プロテニス協会のATPは24日に公式サイトでヒューイットを特集した。

グランドスラムを2度制したヒューイットは今年、国際テニスの殿堂入りを果たす。

18年間のキャリアで30回のシングルス優勝を飾ったヒューイットは、国際テニス殿堂入りをプレーヤー・カテゴリーで果たす。テニス殿堂のメディアからの公式投票グループ、歴史学者、これまで殿堂入りしたメンバーによって選出された。さらにテニス殿堂のファンからの投票においても1位となった。

ヒューイットは「国際テニス殿堂に入るのは多大な名誉だと感じている。現役で戦っている時は、練習や結果に集中していて、このような先々のことを考えていない。でも、全ての積み重ねと殿堂入りするに値する選手だと判断されることは、選手にとって究極の評価。本当に光栄に感じている」とコメント。

1998年にヒューイットはオーストラリアのアデレード大会にワイルドカード(主催者推薦)で出場すると、準決勝でA・アガシ(アメリカ)を下し、最終的にツアー初優勝を飾った。当時ヒューイットは世界ランク550位で、以降そのランキングから下がることはなかった。

2001年には、史上最年少で世界ランク1位へ上り詰めたヒューイット。それは全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)決勝でP・サンプラス(アメリカ)を破り、四大大会初優勝を飾った結果だった。

2002年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)でも優勝したヒューイットは、そのシーズンも世界ランク1位で終えた。またヒューイットは、2005年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)でも準優勝を飾っている。

「殿堂入りした選手はテニス人生を通して、ずっと尊敬していた人たち。特にT・ローチ(オーストラリア)、J・ニューカム(オーストラリア)、R・レーバー(オーストラリア)、他にもたくさんいる。彼らは自分のテニス人生においてモチベーションを高めてくれた要因であり、そんな選手たちとテニスの歴史の中で肩を並べて認識されるのは信じられない名誉」

国際テニス殿堂の館長であるスタン・スミス氏は「テニス界の素晴らしい方々を国際テニス殿堂へ迎え入れることに喜びを感じている。レイトン・ヒューイットは常に全力で戦っていた選手で、彼が築き上げた経歴はテニス殿堂入りに値することは明白。それにはウィンブルドンの優勝、全米オープンの優勝、2度のデビスカップ優勝、そして世界ランク1位へ上り詰めたことが含まれる」とヒューイットについて語った。

また、B・ジーン・キング(アメリカ)は「レイトン・ヒューイットは常にコートで100パーセントを出して戦っていた選手。彼は真の殿堂入り選手」と述べている。

国際テニス殿堂の授賞式は2021年の7月17日に予定されている。2020年の授賞式は新型コロナウイルスの影響でキャンセルされたため、G・イバニセビッチ(クロアチア)C・マルティネス(スペイン)も同時に表彰される。

国際テニス殿堂は世界中のファンがテニス界の伝説的な選手たちとリーダーへ敬意を表するために安全に参加できることを保証。様々なイベント体験を提供する予定でいる。

国際テニス殿堂最高責任者のT・マーチン(アメリカ)は「2年分の殿堂入りする方々をニューポートで称えるため、最高の授賞式へ向けて前進している。これらのイベントにはゲストの健康と安全を最優先に考えている。伝統的な対面での式に加え、世界中のファンが簡単で安全に参加するために、インターネットでの様々なプログラムも開発している」と語っている。

[PR]みんなで語る!「大坂 なおみ全豪優勝」
2/27(土) 夜8:00 WOWOWで緊急放送決定!


■放送&配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・大坂 なおみ、失格ジョコに言及
・錦織との不平等にジョコ不満
・錦織に「きつい状況」と理解

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2021年2月25日11時47分)

その他のニュース

6月25日

澤柳らSBC女子8強揃う (19時55分)

ハレプ 首の負傷で準決勝棄権 (19時51分)

今井らSBC男子8強揃う (19時12分)

元WB女王 前哨戦で決勝進出 (17時49分)

優勝賞金1,000万円、予選リーグ開幕 (15時37分)

英大会で英国勢3名下す「ごめん」 (15時04分)

チチパス 芝で初のツアー決勝へ (12時52分)

穂積/二宮ペア 熱戦制しV王手 (10時54分)

望月慎太郎 CH初4強ならず (8時54分)

優勝賞金1,000万円、組合せ決定 (7時44分)

モンフィス WB欠場を発表 (7時12分)

錦織圭 7月シティOPに出場 (0時51分)

6月24日

シフィオンテク 初戦はフェット (23時21分)

武尊がSBCドリームテニス激励 (22時17分)

プロアママッチ 優勝者決定 (21時51分)

土居と本玉 WB初戦が決定 (21時25分)

優勝賞金1,000万円 前日にプロアママッチ (21時01分)

西岡、ダニエルが本戦登場 (20時05分)

ジョコビッチ 初戦はクォン (19時19分)

20歳ドレイパー、ツアー初4強 (15時52分)

ティームら7月クレー大会出場へ (13時35分)

コロナ禍での楽曲制作明かす (11時27分)

19歳アルカラス 初出場が決定 (10時15分)

前年覇者メド撃破で4強 (8時11分)

ブブリクに快勝で4強へ (7時33分)

ナダル WBで練習開始 (6時58分)

本玉真唯 初のWB本戦入り (1時34分)

6月23日

【1ポイント速報】本玉真唯 WB予選決勝 (23時04分)

セリーナ組棄権 ジャバー負傷 (21時53分)

全豪ツアー AOトラベル発売 (20時31分)

YouTube 清風高校テニス部を取材 (20時29分)

シュワルツマン撃破で8強 (20時22分)

2度のWB女王 前哨戦で8強 (19時07分)

「最高の選手から学んでいる」 (17時52分)

元1位ハレプ 快勝で8強 (17時19分)

フェデラー 最新Tシャツ公開 (15時31分)

チチパス WB前哨戦で8強 (13時38分)

ATPの決定「同意できない」 (12時15分)

ナダルとジョコ 芝で躍動 (10時54分)

レーバー杯 来年以降の開催地決定 (9時03分)

メド、カラツェフ下し8強 (8時06分)

セリーナ組 青山ペア撃破で4強 (7時18分)

本玉真唯 WB予選決勝に進出 (1時22分)

【1ポイント速報】本玉真唯 WB予選2回戦 (0時20分)

キリオス 腹部の負傷で棄権 (0時16分)

6月22日

守屋宏紀 WB予選で2回戦敗退 (22時57分)

【1ポイント速報】守屋宏紀 WB予選2回戦 (22時15分)

ジョルジ8強 ムグルサ撃破 (22時07分)

望月慎太郎 CH初の8強 (21時11分)

チチパス「もっと楽しみたい」 (19時43分)

セリーナとのペア「楽しい」 (19時32分)

フェレール デ杯TDに就任 (18時17分)

元1位ハレプ 逆転で初戦突破 (17時42分)

穂積/二宮ペア 逆転で初戦突破 (12時47分)

バドサらシード勢 初戦で敗退 (12時13分)

伊達公子 第5回Jrキャンプ開催 (11時49分)

大坂 会社設立 レブロンと提携 (9時28分)

キリオス 逆転で初戦突破 (8時54分)

コート外コーチング 試行が決定 (8時36分)

セリーナ復帰戦 複で初戦突破 (8時00分)

内島萌夏 WB予選で初戦敗退 (0時35分)

【1ポイント速報】WB女子予選、日本勢1回戦 (0時10分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ


テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!