国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

敗れたズベレフ「最悪の試合」

アレクサンダー・ズベレフ
黒星スタートとなったズベレフ
画像提供: ゲッティイメージズ
男子テニス最終戦のNitto ATPファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は16日、グループ・東京1970の予選ラウンドロビン第1戦が行われ、第5シードのA・ズベレフ(ドイツ)は第4シードのD・メドヴェデフ(ロシア)に3-6, 4-6のストレートで敗れ、初戦を白星で飾ることはできなかった。

>>ATPファイナルズ組み合わせ表<<

>>ナダルvsティーム 1ポイント速報<<

>>チチパスvsルブレフ 1ポイント速報<<

ズベレフはこの試合、6本のダブルフォルトを犯すなどサービスの安定感を欠くと、2度のブレークを許し第1セットを落とす。第2セットではブレークを1度に抑えたものの、メドヴェデフに3本のサービスエースを決められるなどリターンに苦しみ、1度もブレークチャンスを握ることができず1時間26分で力尽きた。

両者は11月のロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)決勝でも対戦。そのときもメドヴェデフが勝利していたため、ズベレフは直近2連敗となった。

男子プロテニス協会のATP公式サイトには敗れたズベレフのコメントが掲載されている。

「今日の僕のサービスはそうでもなかった。全体的に良い試合ではなかったし、シーズンの中でも最悪の試合の1つだったと思う。ダニール(メドヴェデフ)はやるべきことをやっていた。最初のうちは少し緊張していたかもしれないけど、その後はレベルを上げてきた。でも、今日の僕はトップ10の選手に勝つには不十分だった」

また、同日に行われた第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と第8シードのD・シュワルツマン(アルゼンチン)の一戦についても言及した。この試合はジョコビッチがシュワルツマンを6-3, 6-2のストレートで下している。

「つまり、ノヴァークはノヴァークだということ。彼はコートを支配してるんだよ。僕は次の試合でシュワルツマンとやるけど、それまでに自分自身を見つめなおす必要がある。コートの上では、もっと良いプレーをしなければならない。今日のようなプレーをしていたら今週の試合には勝てない。今は負けている余裕はない。ディエゴ(シュワルツマン)に勝たないといけないし、その次のジョコビッチにも勝たないといけない。そうしないと準決勝に進めないんだ。そうなるようにもちろん頑張る。今日のプレーじゃそれは難しいからね」

ズベレフはグループ・東京1970の予選ラウンドロビン第2戦でシュワルツマンと対戦予定。一方のメドヴェデフはジョコビッチと顔を合わせる。

Nitto ATPファイナルズは8選手が2グループに分かれてリーグ戦を行い、各グループの上位2名が決勝トーナメントに進出。リーグ戦1位通過者は、もう一方のリーグ戦2位通過者と準決勝で対戦する。

【グループ東京1970】
N・ジョコビッチ 1勝0敗
D・メドヴェデフ 1勝0敗
A・ズベレフ 0勝1敗
D・シュワルツマン 0勝1敗

【グループロンドン2020】
R・ナダル(スペイン) 1勝0敗
D・ティーム(オーストリア) 1勝0敗
S・チチパス(ギリシャ) 0勝1敗
A・ルブレフ(ロシア) 0勝1敗

[PR]「男子テニス Nitto ATPファイナルズ」
11/15(日)~11/22(日)WOWOWメンバーズオンデマンド限定ライブ配信!


■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・錦織以来の若さでのVへ王手
・「いつか最高の選手に」と決意
・錦織の大逆転勝ちが1位に

■おすすめコンテンツ

・テニススクール コンシェルジュ
・レンタルコート予約
・世界ランキング
(2020年11月17日17時00分)

その他のニュース

8月4日

【告知】錦織vsブブリク (22時38分)

錦織と太田雄貴の写真が公開 (21時10分)

インハイ女子 岡山学芸館がV (20時31分)

インハイ男子団体 四日市工V (20時06分)

錦織「観客前は楽しかった」 (18時24分)

金ズべレフ 市長らと対面「名誉」 (16時59分)

全国スクール紹介#20「ITCテニスヒル仁川」 (16時23分)

21歳コルダ 単複初戦突破 (15時53分)

マレー シンシナティWCで参戦 (15時51分)

マクラクラン 全仏準Vペア撃破 (15時05分)

「酷い勝ち方」で初戦突破 (14時31分)

西岡「力が抜けるような感じ」 (11時22分)

前回覇者キリオス 初戦敗退 (11時19分)

快勝で初戦突破 20歳誕生日飾る (8時37分)

大坂なおみ欠場へ「残念」 (7時33分)

8月3日

錦織 日本から移動「疲れた」 (22時57分)

インハイ女子団体 4強出揃う (22時19分)

インハイ男子団体 4強出揃う (21時59分)

金ベンチッチ 帰国で歓迎受ける (20時37分)

テニチューブ最新動画を公開 (20時34分)

ブシャールがテレビデビュー (19時30分)

西岡56位、錦織67位に浮上 (18時26分)

五輪は「終わらないと感じた」 (18時12分)

全国スクール紹介#19「掖谷公園テニススクール」 (17時03分)

2019年準Vメド 第1シード (16時17分)

3週連続Vルード 出場圏内に浮上 (16時00分)

20歳 初戦制し「うれしい」 (15時55分)

キリオス「ただ楽しむため」 (15時08分)

ズベレフ 凱旋「金が上陸」 (13時44分)

大坂 五輪後初戦は第1シード (12時57分)

内山靖崇 シティOP初戦敗退 (12時04分)

西岡良仁 右足負傷で途中棄権 (11時44分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsソック (9時50分)

錦織 五輪後初戦は快勝 (9時40分)

【1ポイント速報】錦織圭vsクエリー (8時03分)

8月2日

ベンチッチ9人目の金メダル (20時18分)

全国スクール紹介#18「金町インドアテニススクール」 (18時31分)

ナカシマ 2週連続準V「自信」 (15時48分)

銀に悔しさ「次の五輪で」 (15時11分)

6勝イズナー BIG3に続く (15時00分)

日本テニスコーチ協会 設立 (14時26分)

ジョコは全米の「優勝候補」 (13時16分)

錦織 世界ランク67位へ浮上 (13時02分)

大坂なおみ 変わらず世界2位 (12時13分)

復帰ナダル「ベスト尽くす」 (10時15分)

8月1日

ズべレフ金「国のために」 (22時12分)

MPしのぎルブレフ組金メダル (21時15分)

【1ポイント速報】東京五輪最終日 (19時21分)

ズべレフ 独男子単初の金獲得 (18時38分)

チェコペア 快勝で金獲得 (16時43分)

2時間半の激闘制し銅メダル (14時46分)

「魔法のラケットがさらに進化」 (14時00分)

ナダル 約2カ月ぶり復帰戦へ (12時15分)

19歳ナカシマ 2週連続決勝へ (10時54分)

3週連続ツアーVの快挙「興奮」 (9時24分)

ジョコ撃破 カレノ=ブスタ銅 (7時25分)

金メダルは「最大の出来事」 (7時10分)

スイス女子初の金メダル獲得 (0時38分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!