国内最大

総合テニス専門サイト「テニス365」

tennis365

tennis365.net

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダル苦言「フェアではない」

7月1日に開幕するテニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は29日、第3シードのR・ナダル(スペイン)が第8シードの錦織圭と会場で実戦形式の練習を行い、初戦に備えた。

>>錦織vsモンテイロ 1ポイント速報<<

>>錦織らウィンブルドン対戦表<<

2008・2010年のウィンブルドンを制しているナダルは、この日、芝に足を取られ転倒するシーンがあったが、その後も錦織と激しく打ち合った。

同日にナダルは会見で、ウィンブルドン独自のシード順の決め方に対し自身の考えを示した。

世界ランク2位のナダルは第3シード、同3位のR・フェデラー(スイス)は第2シードとなった。

ナダルは「全ての状況をリスペクトしている。ATP(男子プロテニス協会)は、この大会の優勝者に2,000ポイントを与える。僕らはATPがやりたいようにさせている。それが納得していないこと。なぜなら、自分だけでは影響を与えられない」と苦言を呈した。

「ここにはテニスをしにきている。自分にとっての目標は常に同じ。それが第2シードだろうと第3シードだろうと。シーズンは芝だけではない。全ての選手は今の位置にいられるよう努力をしていている。よりタフなドローになる可能性も分かっている」

「今回のシードがフェアかどうかについて語るとすれば、ウィンブルドン独自のルールをリスペクトしている。フェアかどうかは、また別の問題。個人的には、そうではないと思う。でも、この大会、大会の歴史をリスペクトしている」

ナダルは初戦で、予選から勝ち上がってきた世界ランク258位の杉田祐一と顔を合わせる。

「ウィンブルドンテニス」
歴史と伝統を誇るウィンブルドンテニス。グランドスラム通算20勝のフェデラー、昨年の覇者ジョコビッチがさらなる記録へ挑む。錦織圭&大坂なおみの試合も連日生中継!

【放送予定】
7月1日(月)〜14日(日)WOWOWにて連日生中継※7月7日(日)除く[第1日無料放送]

■詳細・配信スケジュールはこちら>




■関連ニュース

・ナダル「錦織は疲れていた」
・「長続きしない」払拭 ナダルV
・ナダル「受け入れる必要ある」

■おすすめコンテンツ

・錦織掲示板
・選手フォトギャラリー
・世界ランキング
・スコア速報
(2019年6月30日10時09分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!